ジェームズ・ワイアット (建築家)

ジェームズ・ワイアット(James Wyatt RA、1746年8月3日1813年9月4日)はイギリスの建築家である。イギリスに新古典主義建築を広めたロバート・アダムのライバルとされる。1805年から1806年の間、ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツの会長を務めた。

ジェームズ・ワイアット
James Wyatt
James Wyatt.JPG
息子のM.C.Wyatt作の肖像画による作者不詳の版画
生誕1746年8月3日
スタッフォードシャー、Weeford
死没1813年9月4日
Marlborough近くで馬車の事故で死去
ロンドンのパンテオン内部
ウィルトシャのフォントヒル・アビー

略歴編集

ウェスト・ミッドランズスタッフォードシャーのWeefordに生まれた。1762年にイタリアに移り6年間、ヴェネツィアで建築家のアントニオ・ヴィセンティーニ(Antonio Visentini: 1688–1782)に学んだ。イギリスに帰国後、1772年に開場した劇場などに使われた「ロンドンのパンテオン(Pantheon, London)」(1937年解体)を設計し、名声を得た。

多くの建築設計を手がけ、ロバート・アダムらアダム兄弟のライバルと目された。新古典主義建築からゴシック建築に向かい、美術愛好家の富豪、ウィリアム・トマス・ベックフォードの依頼を受けて、広壮なゴシック様式の僧院、ウィルトシャのフォントヒル・アビーを設計した。またソールズベリー大聖堂ダラム大聖堂ヘレフォード大聖堂の修繕や改修にも従事したが、その修復方法には批判があった。

1796年にウィリアム・チェンバーズの後任として、王室の建築監査官(Surveyor-General)に任命された。

1785年にロイヤル・アカデミー・オブ・アーツの会員に選出され、アカデミーの運営に積極的に参加した。 1803年に運営の自主性を主張する評議会のメンバーの1人になり、その結果、生じたアカデミーの内部の不和により、1804年にベンジャミン・ウエストが会長を辞任した後、選挙で会長に選ばれたが、国王の承認が得られず、1906年に再びウエストが会長職に戻ることに同意した。

1913年にバークシャーを友人と旅行中に馬車の事故にあい、それがもとで死去した。

息子のベンジャミン・ディーン・ワイアット(Benjamin Dean Wyatt: 1775–1852) とフィリップ・ワイアット(Philip William Wyatt: 1785-1835)は建築家になり、マシュー・コーツ・ワイアット(Matthew Cotes Wyatt: 1777–1862)は画家、彫刻家になった。

参考文献編集

  • R. Middleton, D. Watkin, Architettura dell'Ottocento, Milano, Electa, 2001.
  • N. Pevsner, J. Fleming, H. Honour, Dizionario di architettura, Torino, Einaudi, 1981.