メインメニューを開く

ジェームズ・ワーリングJames Warring1958年11月26日 - )は、アメリカ合衆国の男性キックボクサープロボクサーキックボクシングで活躍する傍らボクシングに転向、IBF世界クルーザー級王座を獲得。その後、総合格闘技の大会やK-1にも参戦。2001年に審判資格を取得しレフェリーとしてボクシングと総合格闘技の試合を裁いている(フロリダ州ボクシング・コミッション認定で主要4団体公認資格を持っている)。ジャッジは1試合だけだが経験している(IBO公認)。身長191cm。

ジェームズ・ワーリング
基本情報
本名 ジェームズ・ワーリング
階級 クルーザー級
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1958-11-26) 1958年11月26日(60歳)
出身地 フロリダ州マイアミ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 23
勝ち 18
KO勝ち 11
敗け 4
引き分け 1
テンプレートを表示

来歴編集

プロボクシング編集

1985年1月25日、プロデビューを果たし初回KO勝ちで白星でデビューを飾った。

1990年12月17日、NABF北米クルーザー級王者ネート・ミラーと対戦し12回3-0(116-112、116-、114-113)の判定勝ちで王座獲得に成功した。

1991年9月7日IBF世界クルーザー級王座をジェームズ・プリチャードと行いクルーザー級世界戦最速となる初回36秒KOで下し王座を獲得した。

1991年11月15日、ドーネル・ウィングフィールドと対戦し5回1分5秒TKO勝ちで初防衛に成功した。

1992年5月16日、ジョニー・ネルソンと対戦し12回3-0(118-111、120-108、117-111)の判定勝ちで2度目の防衛に成功した。

1992年7月30日アルフレッド・コールと対戦し12回0-3(111-116、110-117、113-114)の判定負けで3度目の防衛に失敗し王座から陥落した。

1997年5月1日、アレックス・スチュワートと対戦し10回判定負けを最後に現役を引退した。

K-1編集

1997年9月7日、「K-1 GRAND PRIX '97 開幕戦」でピーター・アーツと対戦するが、3RKO負け。ボクシング世界王者がK-1のリングに上がるのはワーリングが初めてだった。

戦績編集

プロボクシング編集

23戦 18勝 11KO 4敗 1分

総合格闘技編集

総合格闘技 戦績
3 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
2 1 1 0 0 0 0
1 0 1 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ヘンゾ・グレイシー 1R 2:47 チョーク WCC 1: First Strike
【決勝】
1995年10月17日
エリック・パーソン 1R 16:08 TKO(タオル投入) WCC 1: First Strike
【準決勝】
1995年10月17日
ジェローム・トゥルカン 1R 2:35 ギブアップ(打撃) WCC 1: First Strike
【1回戦】
1995年10月17日

プロキックボクシング編集

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ピーター・アーツ 3R 1:13 KO(右ハイキック) K-1 GRAND PRIX '97 開幕戦
【1回戦】
1997年9月7日

異種格闘技戦編集

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ビリー・スコット 10R 判定2-1 UWFインターナショナル
格闘技世界一決定戦
1991年12月22日

獲得タイトル編集

  • WKAクルーザー級王座(1983年)
  • FFKAスーパーヘビー級王座(1984年)
  • PKCクルーザー級王座(1986年)
  • KICKクルーザー級王座(1986年)
  • WKAヘビー級王座(1986年)
  • WKAクルーザー級王座(1989年)
  • NABFクルーザー級王座(1990年)
  • IBF世界クルーザー級王座(1991年)

関連項目編集

外部リンク編集

空位
前タイトル保持者
ジェフ・ランプキン
IBF世界クルーザー級王者

1991年9月6日 - 1992年7月30日

次王者
アルフレッド・コール