ジェーン・ルーJane Luu1963年 - )はベトナム生まれのアメリカの天文学者である。1992年にデビッド・C・ジューイットとともに初めてエッジワース・カイパーベルト天体を発見した。

経歴編集

サイゴン(現在のホーチミン市)で生まれた。父はアメリカ軍通訳だった。ベトナム戦争のサイゴン陥落により、一家でアメリカに逃れてケンタッキー州に居を定めた。ジェット推進研究所でアルバイトした時に天文学に興味を持ち、奨学金を得て1984年にスタンフォード大学を卒業した。

その後カリフォルニア大学バークレー校マサチューセッツ工科大学に進学。そしてジューイットと共に、当時冥王星以外には発見されていなかった海王星の軌道の外側の天体をハワイマウナケア天文台群で探索。5年後、(15760)アルビオンを発見した。

小惑星(5430)ルーは、彼女の功績を記念して命名された。

ハーバード大学ライデン大学の教授職を経て、現在はマサチューセッツ工科大学リンカーン研究所上席研究員。

発見・共同発見した小惑星編集

受賞歴編集