ジャイ・シング (メーワール王)

ジャイ・シング(Jai Singh, 1653年12月5日 - 1698年9月23日)は、北インドラージャスターン地方メーワール王国の君主(在位:1680年 - 1698年)。

ジャイ・シング
Jai Singh
メーワール王
Raja Ravi Varma, Maharana Jai Singh.jpg
ジャイ・シング
在位 1680年 - 1698年
別号 マハーラーナー

出生 1653年12月5日
ウダイプル
死去 1698年9月23日
ウダイプル
王朝 シソーディヤー朝
父親 ラージ・シング
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

生涯編集

 
ジャイ・シング(左)と家臣ゴーピーナート

1653年12月5日メーワール王国の君主ラージ・シングの息子として、ウダイプルで誕生した[1][2]

1680年10月、父王ラージ・シングが死亡したことにより、王位を継承した[3][4]

この頃、メーワール王国はマールワール王国とともにとムガル帝国との戦争(第二次ムガル・ラージプート戦争)に突入していたが、1681年9月に講和が締結された。そのなかで、メーワール王国はジズヤの代わりにパルガナーを手放すこと、マールワール王アジート・シングを援助しないことを条件とし、5000の位のマンサブ(位階)が与えられた[5]

1698年9月23日、ジャイ・シングはウダイプルで死亡し、息子のアマル・シング2世が王位を継承した[6][7]

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集

Template:メーワール王国の君主