ジャガー・ランドローバー・インジニウムエンジン

インジニウムエンジンは、インドタタ自動車の子会社である、イギリスジャガー・ランドローバーのガソリンエンジンおよびディーゼルエンジンの系列である。

概要編集

ジャガー・ランドローバーが、フォード・モーターグループの高級車部門「PAG」グループから離脱したことに伴い、自社開発で完全新設計したエンジンである。

燃費・環境性能の大幅向上と高性能を両立させており軽量化と効率化を極限まで追求。ディーゼル微粒子除去装置(DPF)や尿素SCRシステムが採用され、「Euro6」だけではなく日本のポスト新長期規制もクリアできるだけの排ガス性能を持つ。また、徹底的に内部摩擦を抑えるように設計され、振動抑制の為ツイン・バランサーシャフトを採用している。また燃料噴射装置のインジェクターを切り離し、噴射ポンプのドライブ・スプロケットを0.5mmの楕円形とすることで静粛性も向上している。この結果、163PS仕様の燃費は75mpg(約26.5km/リットル)という驚異的な数値となった。

近年流行のコモンアーキテクチャーの思想も取り入れられている。500ccの基本構造をもとにガソリンディーゼル両種に対応可能なモジュラー設計となっており、3気筒・4気筒・5気筒・6気筒に拡張可能である。

2015年にディーゼルが、2017年にガソリンが製造開始[1]

PAGグループ所属時代に搭載されていたフォードグループの「エコブースト」および「デュラトルク」エンジンは2015年以降インジニウムエンジンに置き換えられる[2]

バリエーション編集

エンジン型式 総排気量
cc
ボア×ストローク
mm
最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
Nm/rpm
販売期間 搭載モデル
AJ200


ガソリン

1,999 83x92.3 147 (200) 320 2016– ジャガー・XE

ランドローバー・ディスカバリースポーツ

180 (250)/

5,500

365/

1,200 – 4,500

2016– ジャガー・XE

ジャガー・XF

ジャガー・XJ

ジャガー・Eペイス

ジャガー・Fペイス

221 (300)/

1500

400/

1500

2017- ジャガー・Fタイプ

ジャガー・Eペイス

ランドローバー・ディスカバリー

AJ300 2,996 400 (294) 550 2019- レンジローバー・スポーツ
AJ200D


ディーゼル

1,999 110 (150)/

4,000

380/

1,750 – 2,500

2015- ランドローバー・ディスカバリースポーツ

レンジローバー・イヴォーク

ジャガー・Eペイス

120 (163)/

4,000

380/

1,750 – 2,500

2015- ジャガー・XE

ジャガー・Fペイス

ランドローバー・ディスカバリースポーツ

130 (180)/

4,000

430/

1,750 – 2,500

2015- ジャガー・XE

ジャガー・Eペイス

ジャガー・Fペイス

レンジローバー・イヴォーク

レンジローバー・ヴェラール

180 (240)/

4,000

500/

1,500

2015- ジャガー・XE

ジャガー・XF

ジャガー・Eペイス

ジャガー・Fペイス

ランドローバー・ディスカバリー

レンジローバー・ヴェラール

参考文献編集

  1. ^ Jaguar Land Rover Japan Media Centre”. pr.jlrj.jp. 2019年11月28日閲覧。
  2. ^ ジャガー・ランドローバー、「インジニウム」4気筒ガソリンエンジンを新開発|【業界先取り】自動車ニュース2019国産車から輸入車まで【オートックワン】” (日本語). オートックワン. 2019年5月26日閲覧。