ジャネット・サズマン

デイム・ジャネット・サズマン(Dame Janet Suzman, DBE1939年2月5日 - )は、南アフリカ共和国出身のイギリスで活躍する女優ジャネット・スズマンとも表記される。

ジャネット・サズマン
Janet Suzman
本名 Dame Janet Suzman, DBE
生年月日 (1939-02-09) 1939年2月9日(82歳)
出生地 南アフリカの旗南アフリカ連邦(現・南アフリカ共和国ヨハネスブルグ
職業 女優
配偶者 トレヴァー・ナン
(1969年 - 1986年)
著名な家族 ヘレン・スズマン(伯母)
主な作品
ニコライとアレクサンドラ
英国式庭園殺人事件
テンプレートを表示

来歴編集

南アフリカ連邦(現・南アフリカ共和国ヨハネスブルグ出身。ユダヤ系[1][2]。伯母は反アパルトヘイト活動家、政治家のヘレン・スズマン[3]

ウィットウォーターズランド大学に学んだ後、ロンドンに渡り、ロンドン・アカデミー・オブ・ミュージック・アンド・ドラマティック・アート(LAMDA)に入学。 1962年に舞台デビューし、1963年にロイヤル・シェイクスピア・カンパニーに所属する。1971年、映画『ニコライとアレクサンドラ』でロシア皇帝ニコライ2世の皇后アレクサンドラ役を演じて第44回アカデミー賞アカデミー主演女優賞にノミネートされた。

2011年、デイム・コマンダー(DBE)を授与された[4][5]

元夫は「キャッツ」や「レ・ミゼラブル」の演出で知られる演出家トレヴァー・ナン(1969年 - 1986年)。

主な出演作品編集

  • ニコライとアレクサンドラ Nicholas and Alexandra (1971)
  • ドラブル The Black Windmill (1974)
  • アントニーとクレオパトラ Antony and Cleopatra (1974) テレビ映画
  • さすらいの航海 Voyage of the Damned (1976)
  • ナチ・ハンター/アイヒマンを追え The House on Garibaldi Street (1979) テレビ映画
  • ニジンスキー Nijinsky (1980)
  • 英国式庭園殺人事件 The Draughtsman's Contract (1982)
  • そして船は行く E la nave va (1983)
  • ガンジーと総督/自由への長い道 Lord Mountbatten: The Last Viceroy (1986) テレビミニシリーズ
  • 歌う大捜査線 The Singing Detective (1986) テレビミニシリーズ
  • 白く渇いた季節 A Dry White Season (1989)
  • ナンズ・オンザ・ラン 走れ!尼さん Nuns on the Run (1990)
  • アドルフの画集 Max (2002)
  • ロンドン警視庁犯罪ファイル Trial & Retribution (2006 - 2007) テレビドラマ
  • アメイジング・ワールド/勇士の帰還 The Colour of Magic (2008) テレビミニシリーズ

脚注編集

  1. ^ Janet Suzman profile at Film Reference.com
  2. ^ "It's difficult to describe the grief", Times Online
  3. ^ "Courage and wit that faced down apartheid", Herald Scotland
  4. ^ "No. 59808". The London Gazette (Supplement) (英語). 11 June 2011. p. 7.
  5. ^ BBC News - Bruce Forsyth knighthood heads Queen's Birthday Honours

外部リンク編集