メインメニューを開く

ジャライトモンゴル語:Жалайд、漢語:扎賚特、英語:Jalaid)は、15世紀前期に形成されたモンゴルの一部族。その遠祖はチンギス・カンの弟のジョチ・カサル

歴史編集

ジャライト部はチンギス・カンの弟ジョチ・カサルの15代目の子孫であるボディダラ(博第達喇)の9人の子のうち、末子のアミン(阿敏)から始まる。兄のジジク(斉斉克),ナムサイ(納穆賽)等と隣り合って遊牧し、その所部をジャライト(扎賚特)と号した。

後金天命9年(1624年)、アミンの子マンクウェン(蒙袞)はホルチン(科爾沁)部タイジ(台吉)のオーバ(奥巴)と共に後金へ遣使を送って好を乞うたため、ヌルハチの許しを得て、後金(朝)に帰順することとなった。

順治5年(1648年)、マンクウェンの子スーラン(色稜)はジャサク(扎薩克)を授かり、ホルチン部と同祖であることから、ホルチン部に附いてジェリム(哲里木)盟に属した。旗は一つで、トゥボシェンチャハン(図卜紳察罕)坡に駐屯した。その爵はグサ・ベイセ(固山貝子)からジャサク・ドロイ・ベイレ(扎薩克多羅貝勒)に進み、代々世襲した。

光緒25年(1899年)、黒龍江将軍恩澤等の上奏により、ジェリム盟諸旗の開墾が相次いで開始された。

光緒31年(1905年)、清朝は開墾地に大賚庁を設置(現在の吉林省安達県の一部)する。

[1]

歴代首長編集

ダルハン・ホショジ(達爾漢和碩齊)
  1. マンクウェン(蒙袞)(1624年 - 1643年没、固山貝子:1648年追封)…ジョチ・カサルの後裔アミンの子。
ジャサク・グサ・ベイセ(扎薩克固山貝子)
  1. スーラン(色稜)(固山貝子:1648年 - 1664年)…蒙袞の長子。
  2. ビリク(畢里克)(1664年 - 1677年)…色稜の長子。
  3. ナシュン(納遜)(1678年 - 1703年)…畢里克の長子。
  4. トグス(特古斯)(1703年 - 1732年)…納遜の長子。
ジャサク・ドロイ・ベイレ(扎薩克多羅貝勒)
  1. トグス(特古斯)(1732年 - 1740年)
  2. ウチャラレトゥ(烏察喇勒図)(1740年 - 1756年)…特古斯の長子。
  3. ロブサンシラブ(羅卜藏錫拉布)(1756年 - 1773年)…烏察喇勒図の長子。
  4. アムフラン(阿穆祜朗)(1773年 - 1786年)…羅卜藏錫拉布の長子。
  5. マシェンバトゥ(瑪什巴図)(1786年 - 1834年)…阿穆祜朗の長子。
  6. ラムグウェンブジャブ(拉木棍布扎布)(1834年 - 1861年)…瑪什巴図の族弟。
ギュンワン(郡王)
  1. ラムグウェンブジャブ(拉木棍布扎布)(1861年)
  2. アレタンエチョル(阿勒坦鄂綽爾)(1861年 - 1872年)…拉木棍布扎布の子。
  3. ワンラクパリジ(旺喇克帕勒斉)(1872年 - 1905年)…阿勒坦鄂綽爾の子。
  4. バトマラブタン(巴特瑪喇布坦)(1907年 - ?)…旺喇克帕勒斉の子。

[2]

脚注編集

  1. ^ 『清史稿』(列伝三百五 藩部一)
  2. ^ 『清史稿』(表四十九 藩部世表一)

参考資料編集