ジャン・ポール・マルティーニ

ジャン・ポール・エジード・マルティーニJean Paul Egide Martini, 1741年8月31日 - 1816年2月14日 パリ)は、ドイツのフライシュタット出身のフランス作曲家[1]。本名はヨハン・パウル・エギディウス・シュヴァルツェンドルフ(Johann Paul Ägidius Schwartzendorf)。姓については「マルティン (Martin) 」とする説もある。

ジャン・ポール・マルティーニ
Jean Paul Martini
Jean Paul Egide Martini.jpg
1813年
基本情報
出生名 ヨハン・パウル・エギディウス・シュヴァルツェンドルフあるいはマルティン
生誕 1741年8月31日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国Flag of the Electorate of Bavaria.svgバイエルン選帝侯領フライシュタット
死没 (1816-02-14) 1816年2月14日(74歳没)
フランス王国パリ
職業 作曲家

6歳の時に両親と死別。父親アンドレアス・マルティン(Andreas Martin)とバルバラ夫人は、それぞれ学校教師とオルガニストであった。さしあたってイエズス会神学校に通いながら、早くも11歳でオルガニストとして働いていた。その後は哲学の勉強のためにフライブルク・イム・ブライスガウに行くものの、むしろ音楽に親しみを感ずるようになり、やがて怠業気味となる。1760年ロレーヌナンシーに行き、イタリア語で「マルティーニ・イル・テデスコ」(Martini il Tedesco、ドイツ人マルティーニ)と名乗るようになる。1764年にマルグリット・カムロ(Marguerite Camelot)と結婚。マルグリット夫人もオルガニストの家系の出であった。

パリに移住してから、とりわけオペラ行進曲の作曲家として、最大の成功が舞い込んだ。1788年宮廷楽長Surintendant de la musique du roi)として宗教曲にかかわる宮廷音楽家に、またパリで最も重要な劇場の監督に任命される。だが、フランス革命の勃発によって地位を失い、不安なまま至急リヨンに避難する。1796年パリ音楽院に採用されるが、パリで作曲家として成功できず、1802年に再び解雇される。その後は再び教会音楽に献身した。すでに70代の峠を越えていたが、1814年ブルボン家王政復古まで生き延び、再び宮廷楽長に任命された。最後に『ルイ16世のためのレクイエム』を作曲したが、この作品はマルティーニ自身の死の3週間前に初演された。セーヌ=サン=ドニ県にて死去。ペール・ラシェーズ墓地に埋葬された。

作品編集

代表作はフランス語の歌曲『愛の喜びは』(Plaisir d'Amour、ジャン・ピエール・クラリス作詞)であり、これは時にイタリア語の歌詞でも歌われる。日本では好んで結婚式のBGMにも使われるが、歌詞の大意は「愛の喜びは長続きしない。愛の苦しみだけが長続きする。僕のつれないシルヴィアは……」というもので、恋愛賛美の内容ではなく、不実な恋人についての愚痴である。

このほかに、『15歳の恋人もしくは2つの祭』(L'amoureux de quinze ans ou La double fête)『君主の義務』(Le Droit du Seigneur)などの作品のほか、吹奏楽のための一連の革命讃歌『共和政讃歌』(Hymne pour le Republique)『9月22日の讃歌』(Hymne pour le festival le 22. semptembre)も手掛けた。

脚注編集

外部リンク編集