王政復古

君主制が再び旧体制を復活させること

王政復古(おうせいふっこ)は、共和制武家支配などによって支配の座を追われていた君主制が再び旧体制を復活させることを指す[1]。通常はイングランドにおける共和政崩壊後のチャールズ2世の即位、フランスにおけるナポレオン1世没落後のルイ18世の即位、日本明治維新、以上三つのいずれかを指すことが多い[1]

ヨーロッパ編集

イギリス(イングランドおよびスコットランド)編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジェームズ1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エリザベス
 
チャールズ1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゾフィー
 
チャールズ2世
 
メアリー
 
ジェームズ2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョージ1世
 
 
 
 
 
ウィリアム3世
 
メアリー2世
 
アン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


1642年イングランド清教徒革命が起こった。革命の指導者オリヴァー・クロムウェル1649年チャールズ1世を処刑し、王政が廃止された。議会派はクロムウェルを護国卿に任命したが、その死後に護国卿を継承した子のリチャード・クロムウェルには政治力が無く、自ら辞任を申し出た。そのため、議会はチャールズ1世の子チャールズ2世に王権を返還し、1660年ステュアート朝が復活した。

フランス編集

アンリ4世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルイ13世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルイ14世
 
 
 
 
 
 
オルレアン公
フィリップ1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルイ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルイスペイン王
フェリペ5世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルイ15世スペイン・ブルボン朝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルイ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルイ16世ルイ18世シャルル10世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルイ17世
 
 
 
 
 
 
オルレアン朝
ルイ・フィリップ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

1792年8月10日フランス革命政府は国王ルイ16世を逮捕し王権を停止。翌1793年国民公会がルイ16世の処刑を議決しギロチンで処刑した。以降フランスは第一共和政となった。

軍人であったナポレオン・ボナパルトは、革命後の混乱と武功を背景に、ブリュメール18日のクーデタによって統領政府の第一統領として実権を掌握。1804年5月の元老院決議、同年11月の国民投票を得て「フランス人民の皇帝」としてボナパルト朝を開闢した(フランス第一帝政)。1812年のロシア戦役での大敗により転機が生じ、第六次対仏大同盟の前に大敗を喫し、1814年3月のパリ陥落に至る。ナポレオン1世はフォンテーヌブロー条約によって退位し、エルバ島へ追放された。

諸外国の利害の不一致や内外の混乱を前に、タレーラン元外相の画策により、ルイ16世のルイ18世1814年憲章を公布してブルボン朝を復興した。翌1815年、ナポレオン1世はエルバ島を脱出し、3月にパリに入城して復位する。ルイ18世は再び国外へ亡命するが、ナポレオン1世がワーテルローの戦いで敗北して失脚(百日天下)すると、帰国した。1824年にルイ18世は崩御し、王弟シャルル10世が即位した。しかし反動政治によって、1830年に七月革命によって廃され、オルレアン朝が成立したが、1848年に二月革命によって王政は廃止された。

ナポレオン1世の甥であるルイ・ナポレオンは、二月革命による王制廃止後に帰国し、同年12月に知名度、資金力、両王党派(正統王朝派オルレアン派)の支持により大統領に当選する。1852年1月、1852年憲法を制定して独裁体制を樹立し、同年12月に国民投票を経て皇帝即位を宣言した(第二帝政)。外交的成功により支持を受けたが、メキシコ出兵の失敗を経て、1871年に普仏戦争で完敗を喫し、退位を余儀なくされた。

以後、フランスには共和政が定着した。

スペイン編集

1873年2月に王制が廃止されて共和政(第一共和政)が短期間敷かれていたが、1874年12月に最初の王政復古が行なわれて共和制が廃止された。

1931年自治体選挙スペイン語版共和主義派が勝利したのを受けてボルボン家アルフォンソ13世が退位、第二共和政が成立した。

しかし政情は安定せず、スペイン内戦の後にフランコの独裁体制(フランコ政権)が1939年に固まった。フランコ自身は王政復古を望んでいたが、王位継承権者であるバルセロナ伯フアンがフランコ体制を支持せず、フランコ自身が首相摂政を兼ねるスペイン総統に就任して全権を掌握する独裁体制が続いた。その後、1967年にバルセロナ伯の息子フアン・カルロス国王候補に指名され、1975年にフランコが死去するとボルボン家による二度目の王政復古が行なわれた。

ポルトガル編集

1580年、ポルトガル王国エンリケ1世を最後にアヴィス王朝の男系が断絶し、姻戚関係にあったフェリペ2世(母がポルトガル王女イサベル妃が同マリア・マヌエラ)が首都リスボンを陥落させ、スペイン王国との同君連合を成立させた。

1640年のポルトガル貴族の叛乱を皮切りに、アヴィス王朝の支流であるブラガンサ家(アヴィス朝初代国王ジョアン1世の庶子アフォンソが祖)のジョアン4世が推戴され、1660年のイングランド王政復古の影響も受けつつ、1668年のリスボン条約 (1668年)英語版によりスペインからの独立(ブラガンサ家の正統性の承認、植民地の回復)を果たした。

一連の戦争は『喝采戦争』と呼ばれていたが、19世紀に『王政復古戦争』の名が付いた。

ギリシャ編集

ギリシャ王国では1923年に総選挙で共和派が勝利した。翌1924年12月の国民投票で共和制への移行が決定し、国王ゲオルギオス2世亡命した。しかし汚職の横行と世界恐慌の影響で政治的に行き詰まり、1935年11月3日国民投票で王政復古が決定した。

その後、1967年にパパドプロス大佐のクーデターによって国王コンスタンティノス2世が追放され、1973年に共和制の復活が宣言され、翌1974年12月の国民投票でも承認された。

アジア編集

日本編集

建武の中興編集

元弘3年/正慶2年(1333年)、後醍醐天皇鎌倉幕府を打倒して政権を奪還し、建武の中興(新政)を始めた。天皇親政官僚国家の樹立が目指され、関白摂政の廃止、雑訴決断所以下各部局の新設、国司守護の併設などの統治機構整備が行われた。延喜・天暦の治への復古を理想としたが、武士階級の反発を招いて短期間で崩壊した[2]

明治維新編集

徳川慶喜大政奉還を受け、慶応3年12月9日1868年1月3日)、明治天皇より王政復古の大号令と呼ばれる天皇親政宣言が発せられた。その中で(1)(慶喜の)将軍職辞職を勅許、(2)江戸幕府の廃止、摂政関白の廃止と総裁議定参与の三職の設置、(3)諸事神武創業のはじめに基づき、至当の公議をつくすことが宣言された[3]

同日開かれた小御所会議で慶喜の辞官と納地の返還を命じられたことで、朝廷軍と幕府軍の武力衝突(戊辰戦争)が生じたが、翌年までに朝廷軍が勝利し、その間の1868年明治元年1月15日に各国公使に王政復古が通告され、中央政府機構の整備が行われた[3]。神武創業を掲げて古代王制への復古を理想とした。[3]

中国編集

辛亥革命後の1917年民国6年)に、朝の廃帝である愛新覚羅溥儀が、再び皇位に復帰した。この時に、溥儀の治世で使われた元号である宣統が再使用され、日付も“民国6年”から“宣統9年”に変更された。この溥儀の復位は張勲復辟と呼ばれている。しかし、溥儀の復辟は12日間で撤回され、日付も“民国6年”に復った。

カンボジア編集

1970年3月17日、当時の国王ノロドム・シハヌークが外遊中に、ロン・ノルによるクーデターによって王制が打倒され、クメール共和国が樹立。以後、民主カンプチアヘン・サムリン政権カンボジア内戦等の激動の歴史を経て、国民議会総選挙により1993年に立憲君主制を採択。シハヌークが国王に復位し、王制復古が実現した。

ネパール編集

1951年編集

ネパール王国ゴルカ朝(シャハ朝)では、1846年以来ラナ家が独裁権力を掌握して宰相を世襲し、シャハ家は名目のみの王家となっていた。1950年トリブバン国王インド亡命。宰相モハン・シャムシェル・ジャンガ・バハドゥル・ラナはトリブバンの孫で3歳のギャネンドラを国王に擁立するが、これは周辺諸国の承認を得られなかった。

1951年2月、トリブバン国王はインドから帰国すると、104年間にわたるラナ宰相家による支配の終わりを宣言した。なお、廃位されたギャネンドラは50年後の2001年に発生したネパール王族殺害事件後に復位することになる。

2005年編集

2005年2月1日、ギャネンドラ国王は、シェール・バハドゥル・デウバ首相を解任、議会を無期限解散し、国王による直接統治(国王親政)を宣言。立憲君主制から絶対君主制への「復古」を行った。しかしこれは反独裁運動の高まりを招き、2006年4月に親政は終焉する(ロクタントラ・アンドラン)。

旧王族が権威・権力を再度得た例編集

政体としての王政復古に至らないが、旧王族が権威または権力を再度得た事例に、以下がある。

ルーマニア国王 ミハイ1世
1927年に即位、王位継承権を放棄していた父の帰国により、1930年に退位。1940年に復位したが実権を行使できず、第二次世界大戦には枢軸国側で参戦したため、ソ連の占領を免れず、ルーマニア社会主義共和国の成立に際し、1947年12月に退位し亡命した。亡命中にブルボン=パルマ家アンヌ・アントワネットと婚姻し、個人的に西側諸国王室との人脈を築く。共産党政権崩壊後の1997年に市民権を得、2001年からは共和国政府により住居や生活費の保証を受けるとともに、公式に「陛下」の敬称で呼ばれた。2017年に逝去。
ブルガリア国王 シメオン2世
第二次世界大戦中の1943年に即位、1946年ブルガリア人民共和国成立に際し、国外へ亡命。共産党政権崩壊後の1996年に帰国し、2001年から2005年までブルガリア共和国首相に就任した。

王政復古の動き編集

ポルトガル編集

ジョアン4世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アフォンソ6世ペドロ2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョアン5世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョゼ1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マリア1世
 
ペドロ3世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョアン6世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブラジル皇帝
ペドロ1世
 
 
 
 
 
ミゲル1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ザクセン=コーブルク=ゴータ家
フェルナンド2世
 
マリア2世
 
ペドロ2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペドロ5世ルイス1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カルロス1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マヌエル2世マリア・フランシスカ
 
ドゥアルテ・ヌノ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ドゥアルテ・ピオ
 

ポルトガル王国ブラガンサ王朝)では、1826年ジョアン6世が崩御すると、実質的な長男であったブラジル皇帝ペドロ1世が継承権を持ったが、彼は王位を辞退し、娘のマリア王女を王位につけようとした。そのため、ペドロ1世の弟であるミゲル1世と対立し、1828年にポルトガル内戦が勃発した。最終的にミゲル1世が敗北し1834に追放された。以後、マリア女王の子孫が王位に就いていたが、1910年に王政が廃止され、追放された。最後の国王マヌエル2世には、子孫はいない。

こうした経緯から、王政復古支持者もミゲル1世の子孫を支持するミゲリスタと、ブラジル皇帝ペドロ1世の子孫を支持する立憲派に分裂していた。しかし、ミゲル1世の孫ドゥアルテ・ヌノ・デ・ブラガンサは、マヌエル2世から立憲派王位請求者の地位を引き継ぎ、さらにブラジル皇帝ペドロ1世の子孫であるマリア・フランシスカ英語版と婚姻したことから、ブラガンサ家の王位請求者はドゥアルテ・ヌノ次いで、その子であるドゥアルテ・ピオ・デ・ブラガンサに一本化されている。

1950年になって、ポルトガル共和国は1834年と1910年の追放令を撤回し、ドゥアルテ・ピオの帰国が叶った。2019年、ポルトガル議会に、ドゥアルテ・ピオに国家の儀礼的代表の地位を与える法律案が提出された[4]

ブラジル編集

ブラジルは、過去、帝国だった。最後の皇帝ペドロ2世の子孫は、今でもブラジル国内に住んでおり、ブラジル国民の中には、ペドロ2世の子孫の皇位復活運動を展開している者もいる。保守傾向の社会民主党議員の中にも、帝政復活を支持する議員がいる。1993年、ブラジルでは統治形態に関する国民投票が行われ、3分の2が共和制を選択する一方、13.2%は君主制を選択した[5]2018年現在のブラジル帝室の長はペドロ・カルルシュである。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集