メインメニューを開く

ジャン=バティスト・ルソー

ジャン=バティスト・ルソー

ジャン=バティスト・ルソーフランス語: Jean-Baptiste Rousseau1671年4月6日 パリ - 1741年3月17日 ブリュッセル)は、フランス王国の劇作家、詩人。特に寸鉄詩で知られる。

生涯編集

1671年4月6日、靴屋の息子としてパリで生まれた[1]。十分な教養を受けて早くからニコラ・ボアロー=デプレオーの目に留まり、ボアローはルソーに作家になるよう勧めた[1]。ルソーははじめ劇作家の道を歩んだが、1694年のLe Café、1696年のLe Flatteur、1697年のVénus et Adonis、1700年のLe Capricieuxはいずれも成功せず、1700年にアタッシェとしてタラール公爵とともにロンドンに向かった[1]。そこで文学から出生する道を歩もうとし、多くの文学者が通うCafé Laurentに入り浸ったが、風刺詩で中傷的や猥褻な文言を繰り返し書いたことでカフェから出禁をくらった[1]。一方でジャン・ラシーヌ(1639年 - 1699年)とアンドレ・シェニエ(1762年 - 1794年)の間の時期にあって正統な叙情詩が乏しかったためルソーは名声を得て、1701年に碑文文芸アカデミー英語版入りを果たし、1710年にはアカデミー・フランセーズの会員候補になった[1]

しかし、またしても中傷的な詩が出回り、ルソーが著者であると噂されると、彼に対する裁判が起こり、1712年には名誉毀損で起訴された[1]。ルソー自身は風刺詩の著者をベルナール=ジョゼフ・ソーラン英語版としたが、裁判に出頭しなかったため敗訴となり、永久国外追放の判決が下された[1]。1716年に帰国許可が下りたが、完全な名誉回復にはならなかったためルソーはそれを拒否、以降1738年に秘密裏にパリを一度訪れたほかは外国で過ごした[1]

海外ではプリンツ・オイゲンなどの有名人がルソーを保護し、1722年にはブリュッセルヴォルテールと会ったが、ヴォルテールの著作"Le Pour et le contre"をめぐって反目した[1]

1741年3月17日、ブリュッセルで死去した[1]。死後、ジャン=ジャック・ルフラン・ド・ポンピニャン英語版頌歌を書き、ブリタニカ百科事典第11版はそれがルソーの作品よりも優れていると評価した[1]

著作編集

ルソーの詩作集は初版がゾロトゥルンで出版された後、1723年にロンドンで再版された[1]

  • Le Café(1694年、1幕構成の喜劇)
  • Le Flatteur(1696年、演劇)
  • Vénus et Adonis(1697年、オペラ)
  • Le Capricieux(1700年、喜劇)

評価編集

ブリタニカ百科事典第11版はルソーを寸鉄詩作者として評価、アレクシス・ピロン以外でルソーに勝る者はいなかったという[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m   Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Rousseau, Jean Baptiste" . Encyclopædia Britannica (in English). 23 (11th ed.). Cambridge University Press. pp. 774–775.