ジャン=フランソワ・パイヤール

ジャン=フランソワ・パイヤール(2007年)

ジャン=フランソワ・パイヤール(Jean-François Paillard, 1928年4月12日 - 2013年4月15日[1][2])は、フランス指揮者

マルヌ県ヴィトリ=ル=フランソワの出身。ソルボンヌ大学で数学を専攻した後、パリ音楽院ノルベール・デュフルクに音楽学を、ザルツブルクモーツァルテウム音楽大学にてイーゴリ・マルケヴィチに指揮を師事するなどの教育を受ける。

1953年にジャン=マリー・ルクレール器楽アンサンブルを創立する。これが母体となって1959年パイヤール室内管弦楽団が結成された。同楽団はバロック音楽古典派音楽を専門としていたが、チャイコフスキードヴォルザークの弦楽セレナーデのようなロマン派音楽を稀に録音することもあった。パイヤールは後者を通じてエラート・レーベルに数々のバロック音楽を録音し、また欧米の各地で演奏旅行を行なった。

パイヤール室内管弦楽団と共演して音源を残したソリストに、モーリス・アンドレジャン=ピエール・ランパルジェラール・ジャリリリー・ラスキーヌピエール・ピエルロジャック・ランスロらがいる。中でも、チェンバロアンヌ=マリー・ベッケンシュタイナーは、パイヤール夫人である。

パイヤールはしばしばその他のアンサンブルにも客演指揮者として活躍し、また著述家としても活躍した。叢書『 Archives de la Musique Instrumentale 』の校訂者であり、また1960年には『フランス古典音楽 La musique française classique 』(渡部和夫訳・白水社クセジュ文庫)を出版している。

初来日は1968年10月で(当時のライヴCD「東京のパイヤール」がある)、以後、たびたび日本を訪れている。近年では2001年に来日し、水戸室内管弦楽団を指揮してドビュッシーファリャオネゲルの作品を指揮した。

出典編集

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]