ジャン=ルイ・アモン

ジャン=ルイ・アモン(Jean-Louis Hamon、1821年5月5日1874年5月29日)はフランスの画家である。Neo-Grec(新ギリシア)様式の画家である。

ジャン=ルイ・アモン
Jean-Louis Hamon
Jean-Louis Hamon, (1821 – 1874), French painter, published in journal in 1888.jpg
生誕1821年5月5日
フランス,Plouha
死没1874年5月29日
フランス,パリ

略歴編集

現在のコート=ダルモール県のプルーア(Plouha)で生まれた。初め神学校で聖職者となるための教育を受けるが、画家になる気持ちが強まり、家族の反対に抗して画家への道に進むことになった。19歳で、パリに移り、故郷の町から与えられた少ない奨学金だけで修業を始めた。パリではポール・ドラローシュシャルル・グレールの指導を受け、1849年にサロン・ド・パリに出展したが、十分な評価は得られなかった[1]

画家として評価が得られなかった間、セーブル国立製陶所で陶磁器のデザインの仕事で働いた。アモンのデザインした陶芸品が1851年のロンドン万国博覧会で賞を得て注目され、1852年に再びサロンに絵画の出展をはじめ、その年、作品のひとつがナポレオン3世に買い上げられ、1853年には3位のメダルを受賞するなど成功した[2]。1855年のパリ万国博覧会にデザインした陶器とともに絵画も出展し、入賞した。

古代ギリシャとローマへの関心が高まった19世紀半ばのフランスに現れた、Neo-Grec(新ギリシア)様式の画家として知られる。

作品編集

"Femmes romaines" (1849)
"La Comédie humaine "(1852)

脚注編集

  1. ^ Base Joconde.
  2. ^ notice de l'œuvre sur le site du musée d'Orsay.

参考文献編集

  • Honoré Champion, « Le peintre de la renaissance néo-grecque : Jean-Louis Hamon », in Charles Le Goffic, L'âme bretonne, série 1, 1902, pp. 179-194
  • Eugène Hoffmann, Jean-Louis Hamon peintre (1821-1874), Paris, 1903, 140 p.