メインメニューを開く

シャルル・グレール

スイスの芸術家

シャルル・グレールCharles Gleyre, 1806年5月2日 - 1874年5月5日)は、スイスで生まれ、フランスで活動した画家

シャルル・グレール
Charles Gleyre
Gleyre - Self portrait.jpg
自画像
生誕 Marc Gabriel Charles Gleyre
(1806-05-02) 1806年5月2日
スイスの旗 スイス ヴォー州シュヴィイ
死没 (1874-05-05) 1874年5月5日(68歳没)
フランスの旗 フランス共和国 パリ
国籍 スイスの旗 スイス
出身校 エコール・デ・ボザール
著名な実績 絵画
流派 アカデミズム絵画

目次

概要編集

1843年ポール・ドラローシュのアトリエを引き継ぎ、後に有名になるクロード・モネピエール=オーギュスト・ルノワールアルフレッド・シスレージェームズ・マクニール・ホイッスラー[1]といった若いArtistたちを生徒として受け入れた。

生涯編集

スイス・ローザンヌ近郊のシュヴィイで生まれた[2]。彼の両親は、彼が8歳か9歳の時に亡くなり、フランスのリヨンでおじに引き取られて育てられ、産業学校に通った[3]クロード・ボンヌフォンの下で絵を学び始め、パリに出てから、エコール・デ・ボザールに入学し、ルイ・エルサンに師事した。アカデミー・シュイスにも出席し、リチャード・パークス・ボニントンのアトリエで水彩画の技法を学んだ[2]イタリアに行き、オラース・ヴェルネルイ=レオポール・ロベールと知り合った[3]

ヴェルネの推薦により、アメリカ人John Lowell Jrの東地中海への旅に同行し、そこで見た情景を記録している。1834年にイタリアを発ち、ギリシャ、トルコ、そして1835年11月までエジプトに滞在した後、Lowellはインドに向かったが、グレールはエジプトとシリアの旅行を続け、1838年にフランスに帰国した[2]カイロでは眼病に侵され、レバノンでは高熱に倒れるなど、リヨンに戻った時は病気で弱っていた[3]

病気から回復してくると、パリに向かい、アトリエを構え。『浴後のディアナ』、『若いヌビア人』という2点の装飾的パネルが、初期の名作であるが、これらは後年になるまで注目を浴びなかった。実質的にキャリアの第一歩を築いたのは、1840年のサロン・ド・パリに出品した『聖ヨハネの黙示』であった[3]。続いて1843年の『夕暮れ』で第2級メダルを獲得した(後に『失われた幻影』というタイトルで知られるようになった。)[3]

こうした成功にもかかわらず、グレールは美術界の競争の第一線から退き、静かに自らの芸術の追求を続けた。1845年に『使徒の別れ』を出品した後は、1849年に『酒神バッカスの巫女たちの踊り』を出品したほかはサロンへの出品をしていない。

1843年に、パリで有力だったポール・ドラローシュのアトリエを引き継ぎ、画塾生への教育を行った[2]。この画塾に学んだ生徒には、ジャン=レオン・ジェロームジャン=ルイ・アモン英語版オーギュスト・トゥールムーシュのほか、後の印象派を形成するモネ、ルノワール、シスレー、フレデリック・バジールなどがいる[2]。グレールは、生徒から授業料を徴収せず、アトリエの家賃とモデル代の分担金を受け取るだけであった。教育方針も、自由であった[1]

1874年、回顧展に向かう途中に急死した。生涯結婚はしていない[3]

作品編集

脚注編集

  1. ^ a b Marc-Charles-Gabriel Gleyre, 1806-1874”. The Correspondence of James McNeill Whistler. University of Glasgow. 2015年4月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e Stevens, Mary Anne, ed (1984). The Orientalists: European painters in North Africa and the Near East (Exhibition Catalogue). Royal Academy of Arts. pp. 150, 178–9. 
  3. ^ a b c d e f Encyclopædia Britannica 1911