ジョイ・ペイジ(Joy Page、本名Joy Cerrette Paige、1924年11月9日 - 2008年4月18日)はアメリカの女優。『カサブランカ』(1942)でのブルガリア人の花嫁、Annina Brandel役で知られる。

ジョイ・ペイジ
Joy Page
本名 Joy Cerrette Paige
生年月日 (1924-11-09) 1924年11月9日
没年月日 (2008-04-18) 2008年4月18日(83歳没)
出生地 カリフォルニア州ロサンゼルス
死没地 カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 ウィリアム・T・オア (1945-1970)
テンプレートを表示

経歴編集

1924年メキシコ系アメリカ人でアフリカ系アメリカ人でもあるサイレント映画俳優のドン・アルヴァラード(本名José Paige)と、ロシア系ユダヤ人移民のAnn Boyar (1908年-1990年)の娘Joy Cerrette Paige[1]として生まれた。ペイジが5歳の時、両親は離婚した。

1936年、ペイジの母親は、後のワーナー・ブラザースの社長ジャック・ワーナーと再婚した。しかし、彼は義理の娘の演技への興味を後押しすることはなかった。縁故主義と非難されることを恐れたためだった。1942年、当初、『カサブランカ』の脚本を「時代遅れ」で「陳腐」だと思っていたジョイだったが、マイケル・カーティス監督のオーディションを受け、独力で役を獲得した。ジャックは不本意ながら承認した。当時、彼女は高校を卒業したばかりの17歳だった。彼女はワーナーのスタジオのドラマコーチ、Sophie Rosensteinから演技のレッスンを受けた。

しかし、『カサブランカ』の後、ジャックは彼女の契約に署名することを拒否した。そのため、彼女は他のワーナー・ブラザースの映画に出演することはなかった。彼女は別のスタジオの映画やテレビに出演して演技を続けた。1945年、彼女は、俳優ウィリアム・T・オアと結婚した。彼は後にワーナー・ブラザースの幹部になり、縁故主義によって非難される原因となった。1959年ディズニーのテレビシリーズ『The Swamp Fox』出演を最後に、彼女は引退した。彼らは3人の子供をもうけたが、1970年に離婚した。彼らの息子、グレゴリー・オアは脚本家・プロデューサーになった。

2008年4月18日、彼女は、肺炎脳梗塞によって生じた合併症で亡くなった[2]

出演作品編集

参考編集

外部リンク編集