メインメニューを開く

ジョナサン・リテルJonathan Littell, 1967年10月10日 – )は、ユダヤ系アメリカ人小説家である。

ジョナサン・リテル
Jonathan Littell
Jonathan Littell P1200584.jpg
誕生 (1967-10-10) 1967年10月10日
アメリカ合衆国の旗アメリカ合衆国 ニューヨーク
職業 小説家
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フランスの旗 フランス
文学活動  
代表作 The Kindly Ones
主な受賞歴 ゴンクール賞(2006)、アカデミーフランセーズ賞(2006)
親族 ロバート・リテル (父)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

父親はアメリカのスパイ小説作家ロバート・リテル。自身はフランス語でも作品執筆する。

1967年、ニューヨークで生まれた。その後パリなどに居住。

2006年、ゴンクール賞アカデミー・フランセーズ賞の二賞を受賞した。

受賞作の長編『Les Bienveillantes』は、ホロコーストに関する議論が湧き上がる引き金となった。

受賞歴編集

作品編集

  • 1989 - Bad Voltage
  • 2006 - Les Bienveillantes(ビヤンベイヤント)
    (The Kindly Ones(優しい人々), 2009)
     『慈しみの女神たち あるナチ親衛隊将校の回想』 上下、集英社、2011年3月
  • 2008 - Le Sec et L'Humide
  • 2008 - Études
  • 2009 - Récit sur Rien