ジョン・キング (第2代キング男爵)

第2代キング男爵ジョン・キング英語: John King, 2nd Baron King FRS1706年1月13日洗礼 – 1740年2月10日)は、グレートブリテン王国の貴族、政治家。

生涯編集

初代キング男爵ピーター・キングとアン・セイズ(Anne Seys、1689年頃 – 1767年7月1日、リチャード・セイズの娘)の長男として生まれ、1706年1月13日にセント・クレメント・デーンズ英語版で洗礼を受けた[1]。1723年11月15日、ケンブリッジ大学クレア・カレッジに入学、同年にM.A.の学位を修得した[2]

1727年イギリス総選挙で与党ホイッグ党の候補としてローンストン選挙区英語版から出馬、当選を果たした[3]。以降は与党の一員として投票したが、消費税法案の議決では欠席した[3]1734年イギリス総選挙ではローンストン選挙区とエクセター選挙区英語版の両方で当選したが[3]、どちらの代表として議員を務めるかを決める前の1734年7月22日に父が死去したため、キング男爵の爵位を継承[1]庶民院議員を退任した。

1735年1月9日、王立協会フェローに選出された[4]。また、1726年から1740年までOut-Ranger of Windsor Forestを務めた[3]

戦列艦ルビー英語版に乗ってポルトガル王国へ療養に行く途上、1740年2月10日にリスボン沖で死去した[1][3]オッカムで埋葬された[1]。弟ピーターが爵位を継承した[1]

家族編集

1726年5月、エリザベス・フライ(Elizabeth Fry、1711年5月3日 – 1734年1月28日、ジョン・フライの娘)と結婚した[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e f Cokayne, George Edward; Doubleday, Herbert Arthur; Howard de Walden, Thomas, eds. (1929). The Complete Peerage, or a history of the House of lords and all its members from the earliest times, volume VII: Husee to Lincolnshire (英語). 7 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press. pp. 275–276.
  2. ^ "John KING (KN723J)". A Cambridge Alumni Database (英語). University of Cambridge.
  3. ^ a b c d e Cruickshanks, Eveline (1970). "KING, John (1706-40).". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2019年8月25日閲覧
  4. ^ "King; John (1706 - 1740); 2nd Baron King of Ockham". Record (英語). The Royal Society. 2019年8月25日閲覧
グレートブリテン議会英語版
先代:
ヘンリー・ヴェイン英語版
ジョン・フレンド英語版
庶民院議員(ローンストン選挙区英語版選出)
1727年 – 1734年
同職:アーサー・トレメイン英語版 1727年 – 1734年
サー・ウィリアム・モーリス準男爵英語版 1734年
次代:
アーサー・トレメイン英語版
サー・ウィリアム・モーリス準男爵英語版
先代:
フランシス・ドルー英語版
ジョン・ベルフィールド英語版
庶民院議員(エクセター選挙区英語版選出)
1734年
同職:トマス・ボール
次代:
トマス・ボール
サー・ヘンリー・ノースコート準男爵英語版
公職
先代:
リチャード・マンデン英語版
Out-Ranger of Windsor Forest
1726年 – 1740年
次代:
キング男爵
グレートブリテンの爵位
先代:
ピーター・キング
キング男爵
1734年 – 1740年
次代:
ピーター・キング