ジョン・ニュージェント (第5代ウェストミーズ伯爵)

第5代ウェストミーズ伯爵ジョン・ニュージェント英語: John Nugent, 5th Earl of Westmeath1671年1754年7月3日)は、アイルランド王国出身の貴族、軍人。

生涯編集

デルヴィン卿クリストファー・ニュージェント英語版(1680年以前没、第2代ウェストミーズ伯爵リチャード・ニュージェント英語版の息子)とメアリー・バトラー(Mary Butler、1641年頃 – 1737年3月28日、リチャード・バトラーの娘)の息子として、1671年に生まれた[1]

乗馬衛兵隊、ついで竜騎兵連隊に従軍して、1690年のボイン川の戦いに参戦したが、1691年のリメリック包囲戦英語版で降伏した[2]。その後、ジェームズ2世に従ってフランスに向かい、1698年2月にドミニク・シェルドン英語版の騎兵連隊に入隊した[3]スペイン継承戦争では1701年のキアーリの戦い、1702年のクレモナの戦いルッザーラの戦いに参戦した後、1704年にフランドル方面軍に移り、1705年4月5日に大尉に昇進した[3]。続いてフランス軍の一員として1706年のラミイの戦い、1708年のアウデナールデの戦い、1709年のマルプラケの戦い、1712年のドゥナの戦いドゥエー包囲戦、ル・ケスノワ英語版包囲戦に参戦、1713年はドイツを、1714年はマース川下流を転戦した[3]。1720年1月3日に少佐に昇進した[3]

ポーランド継承戦争では1733年のケール包囲戦、1734年のフィリップスブルク包囲戦、1735年のクラウゼンの戦いに参戦、1736年5月23日に中佐に昇進した[3]。1740年1月1日に准将に昇進した後、オーストリア継承戦争に参戦、1741年にメイユボワ元帥英語版の部下としてヴェストファーレンで戦い、1742年にボヘミアの前線で、1743年にノアイユ元帥英語版の部下として戦い、1744年5月2日に陸軍少将(maréchal de camp)に昇進した[3]。その後、1748年6月に軍務から引退した[3]

1752年6月30日に兄トマスが死去すると、ウェストミーズ伯爵位を継承した[1]

1754年7月3日、オーストリア領ネーデルラントニヴェル英語版で死去、長男トマスが爵位を継承した[1]

家族編集

1711年1月7日、マルゲリータ・モルツァ(Marguerite Molza、1776年1月18日没、カルロ・モルツァ伯爵の娘)と結婚、5男2女をもうけた[2]

  • ジェームズ(1711年10月30日洗礼 – 1712年7月9日埋葬)
  • ジョン・クリストファー(1713年5月16日洗礼 – ?) - 早世
  • トマス(1714年 – 1792年) - 第6代ウェストミーズ伯爵
  • エドワード - 早世
  • リチャード - 早世
  • マリー・シャルロット(Marie Charlotte) - 早世
  • フランソワーズ・クリスティーヌ(Françoise Christine

出典編集

  1. ^ a b c Cokayne, George Edward, ed. (1898). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (U to Z, appendix, corrigenda, occurrences after 1 January 1898, and general index to notes, &c.) (英語). 8 (1st ed.). London: George Bell & Sons. pp. 106–107.
  2. ^ a b "Westmeath, Earl of (I, 1621)". Cracroft's Peerage (英語). 15 May 2010. 2019年9月7日閲覧
  3. ^ a b c d e f g Dunlop, Robert (1895). "Nugent, John" . In Lee, Sidney (ed.). Dictionary of National Biography (英語). 41. London: Smith, Elder & Co. p. 261.
アイルランドの爵位
先代
トマス・ニュージェント
ウェストミーズ伯爵
1752年 – 1754年
次代
トマス・ニュージェント