ジョン・ポール・スティーブンス

アメリカ合衆国の連邦最高裁判所陪席判事(1975年 - 2010年)、法律家、法学者。

ジョン・ポール・スティーブンス(John Paul Stevens、1920年4月20日 - 2019年7月16日[1][2])は、アメリカ合衆国の法律家、法学者。1975年から2010年にかけて、アメリカ合衆国連邦最高裁判所陪席判事の職にあった。スティーブンスは引退した時点においてはリベラル派の判事の一人だったとみなされている[3][4]

ジョン・ポール・スティーブンス
John Paul Stevens, SCOTUS photo portrait.jpg
アメリカ合衆国連邦最高裁判所陪席判事
任期
1975年12月17日 – 2010年6月29日
ノミネート者 ジェラルド・R・フォード
後任者 エレナ・ケイガン
アメリカ合衆国第7巡回区控訴裁判所判事
任期
1970年11月2日 – 1975年12月19日
任命者 リチャード・ニクソン
個人情報
生誕 (1920-04-20) 1920年4月20日
イリノイ州シカゴ
死没 (2019-07-16) 2019年7月16日(99歳没)
政党 共和党
子供 4人
教育 シカゴ大学 (教養学士)
ノースウェスタン大学 (法務博士)
署名
兵役経験
所属組織 アメリカ合衆国の旗 アメリカ
軍歴 1942年–1945年
戦闘 第二次世界大戦
受賞 ブロンズスターメダル
大統領自由勲章

人物編集

シカゴ生まれ[2]

当初は母親と同じ文学者を目指して学業に励むが、第二次世界大戦が始まると、情報士官として海軍に従軍。大日本帝国海軍山本五十六連合艦隊司令長官の撃墜作戦(ヴェンジェンス作戦、日本側呼称海軍甲事件)に貢献した功績で、ブロンズスターメダルを授与された。一方でスティーブンス本人は特定の個人の殺害の標的にしたこの作戦に疑問を感じており、後の死刑に対する疑念につながっていく[2]

戦後は司法の道に進み、1975年に当時のジェラルド・フォード大統領によって最高裁判事へ指名され、2010年に退官するまでその任にあった[2]

著書編集

映像外部リンク
  Q&A interview with Stevens about Five Chiefs, October 9, 2011, C-SPAN

スティーブンスの著書には2011年発行の回顧録 Five Chiefs: A Supreme Court Memoir があり、アメリカ合衆国連邦最高裁判所長が5代入れ替わる中法曹界での仕事を続けた。フレッド・ヴィンソンの部下の一人として、ウォーレン・コート時代 (en) は在野の弁護士として、あるいは陪席裁判官を務めたウォーレン・バーガー時代 (en) とレンキスト時代、 ロバーツ時代 (en)を振り返っている[5]

2014年の著書 Six Amendments: How and Why We Should Change the Constitutionアメリカ合衆国憲法の条文に第6条を追加、政治的手段としてゲリマンダー (en) の回避、政党中央部による地方選挙介入の阻止 (en) や選挙資金改革 (en) 、また死刑制度、銃規制 (en)、主権免除 (アメリカにおける主権免除) について論じた[6]

最晩年の99歳、死去の前に出版した最後の著書が The Making of a Justice: Reflections on My First 94 Years である[7]

参考文献編集

  1. ^ “米最高裁の元判事死去 ジョン・スティーブンズ氏”. 共同通信社. (2019年7月17日). https://this.kiji.is/524044430448002145?c=39546741839462401 2019年7月18日閲覧。 
  2. ^ a b c d スティーブンス元米最高裁判事死去、山本五十六撃墜で死刑に疑念” (日本語). www.afpbb.com (2019年7月18日). 2019年7月20日閲覧。
  3. ^ Jeffrey Rosen, "The Dissenter", The New York Times Magazine. (2007年9月23日)
  4. ^ Charles Lane, "With Longevity on Court, Stevens' Center-Left Influence Has Grown", Washington Post.(2006年2月21日)
  5. ^ Totenberg, Nina (2011年10月4日). “Stevens Chronicles 'Five Chiefs' Of The Supreme Court” (英語). NPR. 2019年7月18日閲覧。
  6. ^ Sunstein, Cass R. (2014年6月5日). “John Paul Stevens, "Six Amendments: How and Why We Should Change the Constitution" (2014)” (英語). N.Y. Review of Books. ISSN 0028-7504. https://www.nybooks.com/articles/2014/06/05/justice-stevens-refounding-father/ 2019年7月18日閲覧。 
  7. ^ Bazelon, Emily (2019年5月14日). “Justice John Paul Stevens Had Some Things to Say Before He Died (陪席判事ジョン・P・スティーヴンスが言い遺したこと)” (英語). ニューヨークタイムズ. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2019/05/14/books/review/john-paul-stevens-making-of-a-justice.html 2019年7月18日閲覧。 

関連項目編集

  • G・フォード大統領による合衆国最高裁判所判事指名 (en) ウィリアム・O・ダグラス (en)副判事 を罷免しスティーブンスを任命しながら弾劾手続きの開始に失敗した件。
アメリカ合衆国の最高裁判所のしくみ