ジョン・ライアン (第5代ストラスモア=キングホーン伯爵)

第5代ストラスモア=キングホーン伯爵ジョン・ライアン英語: John Lyon, 5th Earl of Strathmore and Kinghorne1693年以降 – 1715年11月13日 シェリフミュア英語版)は、スコットランド貴族。1712年にグラームズ卿儀礼称号を使用した。ジャコバイトであり、1715年ジャコバイト蜂起で戦死した。

第5代ストラスモア=キングホーン伯爵

生涯編集

第4代ストラスモア=キングホーン伯爵ジョン・ライアンエリザベス・スタンホープ英語版第2代チェスターフィールド伯爵フィリップ・スタンホープ英語版の娘)の三男として生まれた[1]。兄パトリック(1709年以前に死去)とフィリップ(1712年3月18日没)が早世した後、父が1712年5月10日に死去すると、ストラスモア=キングホーン伯爵の爵位を継承した[1]

1715年ジャコバイト蜂起ではジャコバイトとしてマッキントッシュ・オブ・ボーラム英語版の軍勢に従軍、続いてパースマー伯爵の軍勢に合流したが、同年11月13日のシェリフミュアの戦い英語版で戦死した[2]。生涯未婚だったため[2]、弟チャールズが爵位を継承した[1]

脚注編集

  1. ^ a b c Burke's Peerage, Baronetage and Knightage (英語) (99th ed.). London: Burke's Peerage Limited. 1949. p. 1925.
  2. ^ a b Cokayne, George Edward, ed. (1896). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (S to T) (英語). 7 (1st ed.). London: George Bell & Sons. pp. 288–289.
スコットランドの爵位
先代
ジョン・ライアン
ストラスモア=キングホーン伯爵
1712年 – 1715年
次代
チャールズ・ライアン