ジョヴァンニ・カルノヴァリ

ジョヴァンニ・カルノヴァリ(Giovanni Carnovali、1804年9月29日 - 1873年7月5日)はイタリアの画家である。イル・ピッキオ(Il Piccio) の仇名でも知られる。

ジョヴァンニ・カルノヴァリ
Giovanni Carnovali
Giovanni Carnovali - self portrait painting.jpg
自画像(1840年代後半)
生誕1804年9月29日
イタリア,モンテグリーノ・ヴァルトラヴァーリア
死没1873年7月5日
イタリア,クレモナ

略歴編集

現在のロンバルディア州ヴァレーゼ県モンテグリーノ・ヴァルトラヴァーリアに生まれた。まだ11歳であった1815年にベルガモの美術学校、アッカデミア・カッラーラに入学し、校長のディオッティ(Giuseppe Diotti)に学び、すぐに才能を認められた。当時のアカデミック絵画の主流であった新古典主義から離れるようになり、16世紀のイタリア絵画の伝統に従う肖像画を描くようになった。

美術学校の展覧会に出展し、1826年から宗教画などの依頼を受けるようになった。1820年代後半に修行の旅にでて、1831年にローマで働き、パルマでも働いた。1838年にミラノに移り、ミラノの美術学校(Accademia di Belle Arti di Brera)の展覧会に出展した。この頃、トランクイッロ・クレモナを弟子にしたとされる。15世紀の画家、コレッジョやミラノで働いた画家、アンドレア・アッピアーニや当時のフランス美術の影響も受けたとされ、あいまいな輪郭を特徴とするスタイルで描くようになった。1843年に再びローマを旅し、1845年にはナポリやパリを旅したとの記録もある。

クレモナで亡くなった。

作品編集

参考文献編集

  • V. Bignami, La pittura lombarda del sec. XIX, 1900 ;
  • AA.VV., Catalogo dell'esposizione postuma delle opere di G. Carnovali, 1909 ;
  • C. Carrà, Pittori romantici lombardi, 1932 ;
  • Ciro Caversazzi, G. Carnovali, 1933 ;
  • P. D'Ancona, Le vie d'ltalia, 1948 ;
  • M. Valsecchi, Cat. della Mostra di G. Carnovali, detto il Piccio, 1952 ;
  • N. Zucchelli, A. Locatelli Milesi, Cat. della mostra del Piccio, 1954 ;
  • M. Valsecchi, F. Rossi e B. Lorenzelli, Il Piccio, 1974 ;
  • R. Barilli,Il secondo '800 italiano, 1988.