ジョヴァンニ・レグレンツィ

ジョヴァンニ・レグレンツィGiovanni Legrenzi, 1626年8月12日 - 1690年5月27日)はイタリアバロック音楽作曲家オルガニスト17世紀ヴェネツィアで最も高名な作曲家のひとりで、北イタリアの後期バロックの音楽言語の発展に極めて影響力があった。

レグレンツィの肖像画
ジョヴァンニ・レグレンツィ

生涯編集

ベルガモ近郊のクルゾーネに生まれ、おそらく地元で初期教育を受けた。1645年から1656年まで、ベルガモのサンタ・マリア・マッジョーレ教会のオルガニストに就任。1656年から1665年まで、フェラーラのアッカデミア・デッロ・スピリート・サント教会楽長に就任。そこでの子弟にはジョヴァンニ・バッティスタ・バッサーニがいる。1665年から1681年までの活動は資料に乏しいが、この間おそらくヴェネツィア救貧院で教鞭を執った。ウィーンミラノパルマボローニャヴェネツィアなどでの就職活動に失敗するが、モデナやベルガモからの就任要請は丁重に断っている。1681年にヴェネツィアの聖マルコ大寺院の副楽長に就任し、1685年に楽長に昇進した。そこでの子弟に、トマゾ・アルビノーニアントニオ・ロッティフランチェスコ・ガスパリーニやジョヴァンニ・ヴァリスキーノがいる。またアントニオ・ヴィヴァルディの父ジョヴァンニ・バッティスタ・ヴィヴァルディが同寺院所属のヴァイオリニストだったことから、ヴィヴァルディの幼少時に音楽教育を施したとも推測されている[1]

音楽作品編集

レグレンツィは17世紀後半の北イタリアで流行したあらゆる楽種に手を染め、オペラや宗教曲、多種多様な器楽曲を遺した。

出版作品編集

  • Concerti Musicali per uso di Chiesa. Op. 1 (Venice, Alessandro Vincenti, 1654)
  • Sonata a due, e tre. Op. 2 (Venice, Francesco Magni, 1655)
  • Harmonia d'affetti Devoti a due, tre, e quatro, voci. Op. 3 (Venice, Alessandro Vincenti, 1655)
  • Sonate dà Chiesa, e dà Camera, Correnti, Balletti, Alemane, Sarabande a tre, doi violini, e violone. Libro Secondo. Op. 4 (Venice, Francesco Magni, 1656)
  • Salmi a cinque, tre voci, e due violini. Op. 5 (Venice, Francesco Magni, 1657)
  • Sentimenti Devoti Espressi con le musica di due, e tre voci. Libro Secondo. Op. 6 (Venice, Francesco Magni detto Gardano, 1660). A second edition was published in Antwerp in 1665.
  • Compiete con le Lettanie & Antifone Della B.V. a 5. voci. Op. 7 (Venice, Francesco Magni detto Gardano, 1662)
  • Sonate a due, tre, cinque, a sei stromenti. Libro 3. Op. 8 (Venice, Francesco Magni, 1663)
  • Sacri e Festivi Concerti. Messa e Salmi a due chori con stromenti a beneplacito. Op. 9 (Venice, Francesco Magni Gardano, 1667)
  • Acclamationi Divote a voce sola. Libro Primo. Op. 10 (Bologna, Giacomo Monti, 1670)
  • La Cetra. Libro Quarto di Sonate a due tre e quattro stromenti. Op. 10 (Venice, Francesco Magni Gardano, 1673, reprinted 1682)
  • Cantate, e Canzonette a voce sola. Op. 12 (Bologna, Giacomo Monti, 1676)
  • Idee Armoniche Estese per due e tre voci. Op. 13 (Venice, Francesco Magni detto Gardano, 1678)
  • Echi di Riverenza di Cantate, e Canzoni. Libro Secondo. Op. 14 (Bologna, Giacomo Monti, 1678)
  • Sacri Musicali Concerti a due, e tre voci. Libro Terzo. Op. 15 (Venice, Gioseppe Sala, 1689)
  • Balletti e Correnti a cinque stromenti, con il basso continuo per il cembalo. Libro Quinto Postumo. Op. 16 (Venice, Gioseppe Sala, 1691)
  • Motetti Sacri a voce sola con tre strumenti. Op. 17 (Venice, Gioseppe Sala, 1692)
  • Sonate a 2, 3, 4, 5, 6 e 7 istrumenti con tromba, o senza, overo flauto Op. 18 (Venice, Gioseppe Sala, 1693) (no copy survives)
  • Voci geniali, raccolte in duetti e terzetti Op. 19 (Venice, Gioseppe Sala, 1698) (no copy survives)

注:レグレンツィの作品10としては、『Acclamationi Divote』(1670)と、『ラ・チェトラ(La Cetra)』(1673)の両方が出版されている。『ラ・チェトラ』が作品10として出版されたのは、ヴェネツィアの出版社が、1670年にボローニャで『Acclamationi Divote』が作品10として出版されたこと知らなかったためと考えられている。その後ラ・チェトラは作品11としてヴェネツィアで出版しなおされた[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ロラン・デ・カンデ (1970). 〈永遠の音楽家〉10 ヴィヴァルディ. 白水社 
  2. ^ La cetra, Op.11 (Legrenzi, Giovanni) - IMSLP/ペトルッチ楽譜ライブラリー: パブリックドメインの無料楽譜”. imslp.org. 2021年8月22日閲覧。

参考文献編集

  • Eleanor Selfridge-Field, Venetian Instrumental Music, from Gabrieli to Vivaldi. New York, Dover Publications, 1994. ISBN 0486281515

外部リンク編集