ジョージ・ハーバート

ジョージ・ハーバート(George Herbert, 1593年4月3日 - 1633年3月1日[1])は、17世紀イングランドの詩人。形而上詩人の一人。ウェールズの裕福な家庭に10人兄弟の5番目として生まれる。イングランド国王ジェームズ1世に気に入られたという。ギリシャ語ラテン語だけでなく、イタリア語スペイン語フランス語を学び、キリスト教信仰をテーマにした作品を多く発表した。

ジョージ・ハーバート

ケンブリッジ大学で学んだ後、司祭となり、ソールズベリー近郷の教会の牧師として清廉で敬虔な生活を送った。特に優れた詩歌によって世に知られ、詩集『田舎牧師』は多くの人々に愛好された。彼の詩は、ボーガンやコールリッジなどの後の詩人たちに大きな影響を与えた。[2]

脚注編集

  1. ^ George Herbert British poet Encyclopædia Britannica
  2. ^ Ingurando no shūkyō : Angurikanizumu no rekishi to sono tokushitsu. Osamu Tsukada, 理 塚田. Tōkyō: Kyōbunkan. (2004). ISBN 4-7642-7232-6. OCLC 675025511. https://www.worldcat.org/oclc/675025511