メインメニューを開く

ジョージ・リューデ(George Rudé、1910年2月8日-1993年1月8日)は、イギリス歴史学者。専門は、フランス革命史。

ノルウェーオスロ生まれ。第一次大戦後の1919年、イギリスに移住。ケンブリッジ大学トリニティ校で言語学を学ぶ。パブリック・スクールの語学教師として生計を立てていたが、イギリス共産党員であること(1935年に入党)を理由に辞職を余儀なくされ、ロンドン大学大学院で歴史学の研究に専念し、フランス革命における群衆行動の研究で博士号取得。イギリスでは大学のポストを得ることができなかったが、オーストラリアのアデレード大学フリンダース大学、カナダのサー・ジョージ・ウィリアムズ大学で教鞭をとった。

著書編集

  • The crowd in the French Revolution, Clarendon Press, 1959.
『フランス革命と群衆』、前川貞次郎ほか訳、ミネルヴァ書房, 1963
  • Wilkes and liberty: a social study of 1763 to 1774, Clarendon Press, 1962.
  • Revolutionary Europe, 1783-1815, Collins, 1964.
  • The Crowd in History: A Study of Popular Disturbances in France an d England 1780-1848, John Wiley & Sons, Inc., 1964.
『歴史における群衆――英仏民衆運動史 1730-1848』、古賀秀男志垣嘉夫西嶋幸右訳、法律文化社, 1982
  • Paris and London in the eighteenth century: studies in popular protest, Collins, 1970.
  • Hanoverian London, 1714-1808, Secker & Warburg, 1971.
  • Debate on Europe, 1815-1850, Harper & Row, 1972.
  • Europe in the eighteenth century: aristocracy and the bourgeois challenge, Weidenfeld & Nicolson, 1972.
  • Robespierre: portrait of a Revolutionary Democrat, Collins, 1975.
  • Protest and punishment: the story of the social and political protesters transported to Australia, 1788-1868, Clarendon Press, 1978.
  • Ideology and popular protest, Lawrence and Wis hart, 1980.
『イデオロギーと民衆抗議――近代民衆運動の歩み』、古賀秀男ほか訳、法律文化社, 1984
  • Criminal and victim: crime and society in early nineteenth-century England, Clarendon Press, 1985.
  • The French Revolution, Weidenfeld and Nicolson, 1988.

共著編集

  • Captain Swing, E. J. Hobsbawm and George Rudé, Lawrence and Wis hart, 1969.

編著編集

  • Sources in Western civilization, vol. 8: the eighteenth century, edited by George Rudé, Free Press, 1965.