メインメニューを開く
1948年のジョー

ジョー・スタッフォード(Jo Elizabeth Stafford、1917年11月12日 - 2008年7月16日)は、アメリカ人のトラディショナル・ポップの歌手で、女優でもある。彼女のキャリアは1930年代後半から1980年代前半までの50年間に及んだ。清純な声が評価されたので、元はオペラ歌手になるための声楽の訓練を受けていたが、後にポピュラー音楽の道に進み、1955年までには他のどの女性歌手よりも多い世界的なレコードの売り上げに達した。1952年の歌、「ユー・ビロング・トゥ・ミー」は米国と英国のチャートで首位になり、全英シングルチャートでは女性アーティストによる初の第一位のレコードとなった。

カリフォルニア州のコアリンガで生まれたスタッフォードは、12歳で初めてステージに立った。まだ中学生の頃、彼女は二人の姉とスタッフォード・シスターズというヴォーカル・トリオを結成し、ラジオや映画でほどほどに成功した。1938年にスタッフォード・シスターズは、20世紀フォックス制作の「世紀の楽団」のキャストに配役され、スタッフォードは後のパイド・パイパースのメンバーに会い、グループのリード歌手になった。バンドリーダーのトミー・ドーシーは1939年に、彼の楽団のバックアップ・ヴォーカルをさせるためにグループを専属させた。

パイド・パイパースとのレコーディングに加え、スタッフォードはドーシーにソロの演奏で取り上げられた。グループを1944年に離れた後、彼女は一連のポップ・スタンダードをキャピトル・レコードコロムビア・レコードで録音した。録音の多くはポール・ウェストンのオーケストラがバックについている。彼女はゴードン・マクレーフランキー・レインともデュエットをした。第二次大戦中はユナイテッド・サービス・オーガニゼーションとの慰問コンサートを行い、G.I.ジョーのニックネームを得た。1945年から、スタッフォードはNBC(全国放送会社)のラジオ・シリーズ「チェスターフィールド・サパー・クラブ」のレギュラー・ホストを務め、後には米国で1954年に、英国で1961年に放送された二つのシリーズ「ジョー・スタッフォード・ショー」などのテレビの特別番組に出演した。

スタッフォードは二度結婚した。一度目は1937年にミュージシャンのジョン・ハドルストン(John Huddleston、1943年にカップルは離婚)と、再婚は1952年にポール・ウェストンとで彼とは二人の子どもをもうけた。彼女とウェストンはコメディーの演目を開拓し、ジョナサン&ダーリーン・エドワーズというカクテル・ラウンジでの下手な演奏者に扮して、有名な曲をパロディーにした。パーティーでの人気の出し物になり、カップルが1957年にエドワーズ夫妻としてのアルバムを出すと広く知られた。1961年に、アルバム「Jonathan and Darlene Edwards in Paris」が彼女にとって唯一のグラミー賞最優秀コメディ・アルバム)の受賞となり、初めて商業的に成功したパロディー・アルバムになった。

スタッフォードは1960年代の半ばに演奏家としてはおおかた引退したが、音楽業を続けた。彼女は1970年代後半にビージーズのヒット「ステイン・アライヴ」のカバーをダリーン・エドワーズとして録音すると、人気がしばらく再燃した。1990年代には、彼女はウェストンが立ち上げたレーベル Corinthian Records から作品の一部を再リリースした。彼女は2008年にロサンゼルスのセンチュリー・シティで亡くなり、ウェストンと共にカルバー・シティーホーリー・クロス墓地に葬られている。彼女のラジオ、テレビ、音楽における業績はハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの三つ星によって認められている。