ジロンド川(ジロンドがわ、フランス語: Estuaire de la Gironde)は、フランスアキテーヌ地域圏ジロンド県内を流れるである。

ジロンド川、ポーイヤック

地理学上は三角江(フランス語: Estuaire)であり、川と、あるいは入り江との中間的な水域だが、日本語では「川」と訳される。幅は3kmから11kmもあり、水深も大型船が航行できる。

地理編集

 
ジロンド川は図左上のGirondeと書かれている部分である。なお、2本の川が合流してジロンド川となっているが、このうちの北側がドルドーニュ川で、南側がガロンヌ川である。

アキテーヌ地方を流れるガロンヌ川が中心都市であるボルドー市の下流(北側)20kmの地点で、ドルドーニュ川合流し、ジロンド川となる。全長は65kmで、北へ流れたあとわずかに北西に向きを変え、ビスケー湾に注いでいる。

両岸は、ボルドーワインの特産地になっている。

支流編集