メインメニューを開く

ジーン・グロスマン(Gene Michael Grossman、1955年12月11日 - )は、アメリカニューヨーク州ニューヨーク出身の経済学者である。専門は、国際貿易論であるが、特に「経済成長と貿易の関係」と「貿易政策の政治経済学」に中心を置いている。エルハナン・ヘルプマンとともに経済発展や政治経済学の研究を行っている。(なおサンフォード・グロスマンハーシェル・グロスマンは別人である。)

ジーン・グロスマン
経済学者
生誕 (1955-12-11) 1955年12月11日(63歳)
ニューヨーク州 ニューヨークシティ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 (機関) プリンストン大学
研究分野 国際経済学
母校 マサチューセッツ工科大学(MIT) (Ph.D.)
イェール大学 (B.A.)
影響を
受けた人物
ジャグディーシュ・バグワティー
影響を
与えた人物
Pol Antràs
Dani Rodrik
実績 国際貿易
政治経済
経済成長
テンプレートを表示

目次

経歴編集

受賞・講演編集

著書編集

共著編集

  • Innovation and Growth in the Global Economy, with Elhanan Helpman, (MIT Press, 1991).
大住圭介監訳『イノベーションと内生的経済成長――グローバル経済における理論分析』(創文社, 1998年)
  • Special Interest Politics, with Elhanan Helpman, (MIT Press, 2001).
  • Interest Groups and Trade Policy, with Elhanan Helpman, (Princeton University Press, 2002).

編著編集

  • Imperfect Competition and International Trade, (MIT Press, 1992).
  • Economic Growth: Theory and Evidence 2 vols., (E. Elgar, 1996).

共編著編集

  • The Political Economy of Trade Policy: Papers in Honor of Jagdish Bhagwati, co-edited with Robert C. Feenstra and Douglas A. Irwin, (MIT Press, 1996).
  • Handbook of International Economics, co-edited with Kenneth Rogoff, (Elsevier, 2001).