スウィング・ホエン・ユーアー・ウィニング

ロビー・ウィリアムズのアルバム

スウィング・ホエン・ユーアー・ウィニング』(Swing When You're Winning)は、2001年にリリースされたロビー・ウィリアムズの4枚目のスタジオ・アルバム[1]

スウィング・ホエン・ユーアー・ウィニング
ロビー・ウィリアムズスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル スウィング・ジャズ
時間
レーベル クリサリス・レコード
プロデュース Guy ChambersSteve Power
チャート最高順位
ロビー・ウィリアムズ アルバム 年表
シング・ホエン・ユーアー・ウィニング
(2000年)
スウィング・ホエン・ユーアー・ウィニング
(2001年)
エスカポロジー
(2002年)
『スウィング・ホエン・ユーアー・ウィニング』収録のシングル
  1. サムシン・ストゥーピッド
    リリース: 2001年12月4日
  2. ミスター・ボージャングルス/アイ・ウィル・トーク・アンド・ハリウッド・ウィル・リッスン」
    リリース: 2002年3月11日
テンプレートを表示

概要

編集

収録曲

編集
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「アイ・ウィル・トーク・アンド・ハリウッド・ウィル・リッスン」(I Will Talk and Hollywood Will Listen)  
2.マック・ザ・ナイフ(Mack the Knife)  
3.サムシン・ストゥーピッド (with ニコール・キッドマン)」(Somethin' Stupid (with Nicole Kidman))  
4.「ドゥ・ナッシン・ティル・ユー・ヒア・フロム・ミー」(Do Nothing till You Hear from Me)  
5.「イット・ワズ・ア・ヴェリィ・グッド・イヤー (with フランク・シナトラ(It Was a Very Good Year)  
6.「ストレイトゥン・アップ・アンド・フライ・ライト」(Straighten Up and Fly Right)  
7.「ウェル、ディッド・ユー・エヴァ (with ジョン・ロヴィッツ)」(Well, Did You Evah! (with Jon Lovitz))  
8.ミスター・ボージャングルス(Mr. Bojangles)  
9.「ワン・フォー・マイ・ベイビー」(One for My Baby)  
10.「シングズ (with ジェーン・ホロックス)」(Things (with Jane Horrocks))  
11.「エイント・ザット・ア・キック・イン・ザ・ヘッド」(Ain't That a Kick in the Head?)  
12.誰にも奪えぬこの想い (with ルパート・エヴェレット)」(They Can't Take That Away from Me (with Rupert Everett))  
13.「ジョーンズ嬢に会ったかい?」(Have You Met Miss Jones?)  
14.「ミー・アンド・マイ・シャドウ (with ジョナサン・ウィルクス)」(Me and My Shadow (with Jonathan Wilkes))  
15.ビヨンド・ザ・シー(Beyond the Sea)  
日本盤ボーナストラック
#タイトル作詞作曲・編曲時間
16. ザ・レイディ・イズ・ア・トランプ(The Lady is a Tramp)  
17.「ザッツ・ライフ」(That's Life)  

脚注

編集