ザ・レディ・イズ・ア・トランプ

ザ・レディ・イズ・ア・トランプ」 (The Lady Is a Tramp) は、ミュージカル『青春一座』のため、1937年にローレンツ・ハートの作詞、リチャード・ロジャースの作曲によって書かれたショー・チューンである。

ザ・レディ・イズ・ア・トランプ
青春一座』からの楽曲
出版1937年
作詞者ローレンツ・ハート
作曲者リチャード・ロジャース

概要編集

様々なミュージシャンにカバーされており、ポップ・ミュージックジャズスタンダード・ナンバーとして知られている。原題をそのまま日本語に置き換えた「ザ・レディ・イズ・ア・トランプ」や「気まぐれレディ」[1]、「レディは気まぐれ」など複数の日本語訳題が付けられている[2]

カバーしたアーティスト編集

脚注編集

外部リンク編集