スクイーズ (バンド)

スクイーズ (Squeeze) は、1970年代にデビューしたイギリスポストパンクポップバンド。アメリカでのデビュー時、同名のバンドが存在したため、一時期「UK Squeeze」と名乗っていた。

スクイーズ
Squeeze
Squeeze 2020-02-26.jpg
スクイーズ(2020年)
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル ニュー・ウェイヴロックポップ・ロックポストパンクパワー・ポップ
活動期間 1974年 - 1982年
1985年 - 1999年
2007年-
レーベル A&Mリプリーズ、Quixotic Records、ヴァージン
メンバー グレン・ティルブルック
クリス・ディフォード
サイモン・ハンソン
ステファン・ラージ
スティーヴ・スミス
ヨランダ・チャールズ
メルヴィン・ダフィー
旧メンバー ジュールズ・ホランド
ポール・ガン
ハリー・カクーリ
ギルソン・レイヴィス
ジョン・ベントレー
ポール・キャラック
ドン・スノー
キース・ウイルキンソン
クリス・ホランド
アンディ・メトカルフェ
マット・アーヴィング
ピート・トーマス
ケヴィン・ウィルキンソン
ヒレアー・ペンダ
アシュリー・ソーン
クリス・ブレイド
スティーヴ・ナイーヴ
ニック・ハーパー
ルーシー・ショウ
ルイス・ティルブリック

来歴編集

  • 1974年クリス・ディフォードギターボーカル)、グレン・ティルブルック(ボーカル、ギター)、ジュールズ・ホランドキーボード)、ポール・ガン(ドラムス)で結成。
  • 1976年、ハリー・カクーリ(ベース)が加入し、ドラムスがガンからギルソン・レイヴィスに交代。
  • 1978年、アルバム『スクイーズ』でデビュー。
  • 1979年、アルバム『クール・フォー・キャッツ』発表。アルバム発表後ベースはカクーリからジョン・ベントレーに交代。シングルカットされた「Cool for Cats」、「Up The Junction」が全英チャート2位を獲得する。
  • 1980年、アルバム『アージーバージー』発表。ホランドがソロ活動のためバンドを抜け、代わりにポール・キャラックが加入。
  • 1981年、アルバム『イースト・サイド・ストーリー』発表。初のUSチャート入り。キャラックがボーカルを取った「Tempted」もUSチャート8位まで上昇するが、キャラック自身はソロ活動のためアルバム発表後脱退。キーボードはドン・スノーに交代する。
  • 1982年、アルバム『甘い誘惑』を発表。セールスはそこそこではあったが好意的な評価を得られなかったことやツアーのストレス、バンド・メンバー間の対立等が表面化、シングル1枚をリリース後ディフォードとティルブルックがバンドを抜け解散。2人は「ディフォード&ティルブルック」名義で活動を続ける。
  • 1985年、オリジナル・メンバーを中心にベースにキース・ウィルキンソン、シンセサイザーにアンディ・メトカルフェを加えて6人体制で再結成。
  • 1989年、メトカルフェが抜ける。
  • 1990年、ライブ・アルバム発表後、ホランドが音楽番組『ジュールズ倶楽部 (Later... with Jools Holland)』の司会活動のためバンドを抜け、代わりに一時的にジ・アトラクションズのスティーヴ・ナイーヴが加入。アルバム1枚でポール・キャラックが再加入。
  • 1991年、レイヴィスがバンドを抜けてホランドの『ジュールズ倶楽部』のハウス・バンドに加入。代わりにジ・アトラクションズのピート・トーマスが加入。
  • 1994年、来日直前にポール・キャラックが再び脱退する。アンディ・メトカルフェがライブ・ツアーのみ再加入。
  • 1997年、ディフォードとティルブルック以外のメンバーが抜けてロイ・ハーパーの息子ニック・ハーパーをギター・サポートに迎えアコースティック・スタイルで来日。
  • 1998年、インディーズから『ドミノ』を発売。
  • 1999年、ツアー終了後解散。
  • 2002年、ポール・キャラックのコンサートでディフォードとティルブルックが期間限定でライブ再結成。以降単発で活動をする。
  • 2015年ヴァージンより17年振りの新曲による新作『Cradle to the Grave』発売で活動再開。

バンド・メンバー・タイムライン編集

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

  • 『スクイーズ』 - Squeeze (1978年)
  • 『クール・フォー・キャッツ』 - Cool for Cats (1979年)
  • 『アージーバージー』 - Argybargy (1980年)
  • 『イースト・サイド・ストーリー』 - East Side Story (1981年)
  • 『甘い誘惑』 - Sweets from a Stranger (1982年)
  • 『ディフォード&ティルブルック』 - Difford & Tilbrook (1984年) ※ディフォード&ティルブルック名義
  • 『コシ・ファン・トゥッティ・フルッティ』 - Cosi Fan Tutti Frutti (1985年)
  • 『バビロン・アンド・オン』 - Babylon and On (1987年)
  • 『フランク』 - Frank (1989年)
  • 『プレイ』 - Play (1991年)
  • 『サム・ファンタスティック・プレイス』 - Some Fantastic Place (1993年)
  • 『リディキュラス』 - Ridiculous (1995年)
  • 『ドミノ』 - Domino (1998年)
  • Spot the Difference (2010年)
  • Cradle to the Grave (2015年)
  • The Knowledge (2017年)

ライブ・アルバム編集

  • 『ラウンド&バウト』 - A Round and a Bout (1990年)
  • 『ライヴ・アット・ロイヤル・アルバート・ホール』 - Live at the Royal Albert Hall (1999年)
  • Five Live: On Tour in America (2007年)
  • Live at the Fillmore (2012年)

外部リンク編集