ポストパンクPost-punk)は、1970年代末以降のインディペンデントなロック音楽の一部に適用され、音楽ジャーナリズムを中心に使用された音楽用語である。

ポストパンク
様式的起源 パンク・ロックグラムロックダブファンクレゲエクラウト・ロック実験音楽プロトパンク電子音楽
文化的起源 1970年代後半
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
使用楽器 ギターベースドラムセットシンセサイザーキーボード電子楽器
派生ジャンル オルタナティヴ・ロックゴシック・ロックインディー・ロックインダストリアルダンス・パンク
サブジャンル
ゴシック・ロック
関連項目
ポスト・ハードコアニュー・ウェイヴノー・ウェーブ

概要編集

パンクの前身となるガレージ・ロック1960年代後半にアメリカ西海岸において発祥した。ガレージ・ロックの後継音楽としては1970年代後半にロンドンニューヨークを中心としたパンク・ロックが、一大ムーブメントを巻き起こした。

ポストパンクとはパンク登場後に、その流れを引き継いだロックの潮流で、主にロック評論家や音楽ジャーナリズムがある種の理屈上のジャンルとして名付けたものである。ポストパンクには実験音楽ダブファンクスカレゲエなど、様々な音楽ジャンルが含まれた[1]。ポストパンクは同時期に勃興していたニュー・ウェイヴと同一視される場合も多かった。主なバンドにはPIL、ポップ・グループらがいた。ニュー・ウェイヴは1980年代前半、アメリカ進出に成功し、ヒットを連発したことで1980年代中期以降には衰退していった。その音楽性や精神性は1990年代におけるグランジへと受け継がれていくことになった。

詳細編集

それまでの旧態依然としたロックの否定を出発点としたロンドンパンクの流れを受け継いでいるため、レゲエ[2]ファンク[3]フリー・ジャズ[4]、アラブやインド、アフリカなどの民族音楽を取り入れるなど音楽的チャレンジに貪欲なバンドが多い。トーキング・ヘッズのように、ビートを強調したダンスミュージックを演奏するバンドもいた。他にスージー&バンシーズ、ディーヴォ、マガジン、ギャング・オブ・フォー、ジョイ・ディビジョンらも活躍した[5]

ポストパンクは同時期に勃興していたニュー・ウェイヴと同一視される場合も多く、ロック評論家は別として、一般の音楽ファンはポストパンクではなく、「ニュー・ウェイヴ」を使用していた。

ポストパンクのバンド一覧編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ It Came From London: A Virtual Tour of Post-Punk's Roots”. Time Out London. 2017年3月29日閲覧。
  2. ^ ボブ・マーレイやサード・ワールドなどが日本に紹介された
  3. ^ ジェームス・ブラウンらが代表格
  4. ^ オーネット・コールマン、アルバート・アイラー、サンラらの前衛的なジャズを指す
  5. ^ For verification of these groups as part of the original post-punk vanguard see Heylin 2007, Siouxsie & the Banshees, Magazine and PiL, Wire; Reynolds 2013, p. 210, "... the 'post-punk vanguard'—overtly political groups like Gang of Four, Au Pairs, Pop Group ..."; Kootnikoff 2010, p. 30, "[Post-punk] bands like Joy Division, Gang of Four, and the Fall were hugely influential"; Cavanagh 2015, pp. 192–193, Gang of Four, Cabaret Voltaire, The Cure, PiL, Throbbing Gristle, Joy Division; Bogdanov, Woodstra & Erlewine 2002, p. 1337, Pere Ubu, Talking Heads; Cateforis 2011, p. 26, Devo, Throbbing Gristle, Siouxsie and the Banshees, the Slits, Wire

関連項目編集

外部リンク編集