スクリュープレス

スクリュープレス英語:screw press)とは、プレス機械の一種。機械プレスに分類され、日本工業規格(JIS) プレス機械-用語(JIS B 0111)にて「ネジ機構によって1個のスライドを駆動するプレス」と定義される。

原始的な人力スクリュープレスの例

モーターなどの動力回転運動をネジ機構によって往復運動に変換する。上下の切替はネジの回転方向を切り替えて行う。ネジ機構に回転運動を伝達する方法により、摩擦クラッチを介する「フリクション式」、サーボモーターで直接ネジ機構を駆動する「サーボ式」などに細分される。

15世紀に発明された活字印刷機が直接のルーツであり、印刷関係や出版業でプレスの名称が利用されている所以である。もとを遡るとオリーブ油などを搾るための木製ネジ式圧搾機の機構を流用したもの。全てのプレス機械のルーツであるとされる[1]

種類編集

など。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集