スクワイア・ジャグマスター

スクワイア・ジャグマスター (Squier Jagmaster) はフェンダー傘下のスクワイアブランドのエレクトリックギターである。

スクワイア・ジャグマスター
Squire Jagmaster.jpg
Squier Jagmaster
メーカー/ブランド スクワイア
製造時期 1997年-
構造
ボディタイプ ソリッド
スケール長 24インチ(610mm)
フレット 21
ネックジョイント ボルト・オン
材質
ボディ アルダー
ネック メイプル
フィンガーボード ローズウッド
ハードウェア
ペグ シャーラータイプ
ブリッジ シンクロナイズド・トレモロ
電気系統
ピックアップ ダンカン・デザインド・ハムバッカー×2
コントロール ボリュームx1、トーンx1、3ウェイ・トグルスイッチ
カラーバリエーション
ブラック、サンバースト
テンプレート | カテゴリ

概要編集

1997年にスクワイア・ビスタ・シリーズ (Squier Vista Series) として発売され、現在はヴィンテージ・モデファイド・シリーズ(VINTAGE MODIFIED SERIES)として販売されている。掲載している仕様はヴィンテージ・モデファイド・シリーズとしてのジャグマスターのものである。

特徴編集

名前からわかるように、ボディシェイプはジャガージャズマスターに似た形状をしている。ピックガードはブラックが3プライ、サンバーストが4プライ。

ピックアップはダンカン・デザインドのハムバッカーを2基搭載。コントロールは1ボリューム、1トーンとシンプルな作りになっている。

ネックはメイプルのCシェイプ、指板はローズウッド。フレット数は21で、ミディアムジャンボサイズのものが採用されている。スケールはフェンダー・ムスタングなどと同じ24インチショートスケール(610mm)。

現在はブラックとサンバーストの2色のみラインナップされているが、以前はトレモロなど一部仕様の異なるキャンディアップルレッドや、現行品と同じ仕様で色のみ変更されたFactory Special Run(FSR、限定生産)のキャンディアップルレッドとレイク・プラシッド・ブルーが存在した。

使用ミュージシャン編集

  • 降谷建志Dragon Ash)デビュー当時にサーフグリーンのモデルをライブなどで使用していた。
  • 真鍋吉明the pillows)2000年代中期にVintage Modifiedシリーズの黒いジャグマスターをライブ、レコーディングで使用。現在はmonokuroの磯谷氏が所持。[1]
  • の子神聖かまってちゃん)シングルコイルにカスタマイズされたシグネチャーモデルがスクワイアより発売された。[2]

脚注編集

  1. ^ 番外編 『機材紹介』[1]
  2. ^ Artist: の子(神聖かまってちゃん)[2]

外部リンク編集