スケッチャーズ(Skechers USA, Inc.)は、アメリカの靴会社。カリフォルニア州マンハッタンビーチに本社を置く。1992年に設立され現在では米国で3番目に大きな運動靴ブランド[3][4]

Skechers USA, Inc.
種類
公開会社
市場情報 NYSESKX (Class A)
S&P 400 構成
業種 衣料
設立 1992年 (31年前) (1992)
創業者 ロバート・グリーンバーグ
本社
拠点数
4,306 (January 2022)
主要人物
ロバート・グリーンバーグ
(会長、CEO)
マイケル・グリーンバーグ
(社長)
製品 , アパレル
売上高 増加 US$6.285 billion (FY 2021)
営業利益
増加 US$582.2 million (FY 2021)
利益
増加 US$741.5 million (FY 2021)
総資産 増加 US$6.491 billion (FY 2021)
従業員数
11,700 (Jan 2022)
ウェブサイト skechers.com
Footnotes / references
[1][2]
香港の銅鑼湾にあるスケッチャーズストア

歴史編集

スケッチャーズは、1983年にLAギアを設立したロバート・グリーンバーグによって1992年に設立された[5][6]。グリーンバーグは、メンズカジュアルシューズ市場に焦点を当てようとした。スケッチャーズの初期の製品は、実用的なスタイルのブーツとスケートシューズであった[7]。その後、大人から子供までのアスレジャー、カジュアル、パフォーマンススタイル、そしてアパレルと多角的に展開している[8]

訴訟編集

2012年、スケッチャーズは、シェイプアップの広告で顧客に誤解を与えたという米国連邦取引委員会の訴えに基づく集団訴訟で、4000万ドルで和解することに合意した[9]。2019年、ナイキは、スケッチャーズが同社のスニーカーヴェイパーマックスとエアマックス270のデザインを侵害したとして、ナイキはスケッチャーズを相手に特許権侵害訴訟を起こした[10]

強制労働調査編集

2021年、フランスの検察は、スケッチャーズや他のブランドがウイグル人の強制労働から隠蔽または利益を得たかどうかの調査を開始した[11][12]。 調査の結果、強制労働が行われているという具体的な証拠は発見されなかった。

製品と広告編集

大人と子供向けのさまざまなライフスタイルとパフォーマンスの靴、アパレル、アクセサリーを設計、開発、販売している。 ブランドには、Skechers Uno、D'Lites、Max Cushioning、チャリティーラインBobs、Our Planet Matters、Mark Nason、Skechers Work、Go Walk、Go Run、GoGolfなどがある[13]。 2020年以来、一部の靴はグッドイヤーのゴムを使用している[14]

 
エドワード・チェゼレックは2017年からスケッチャーズ・パフォーマンスを支持している[15]

スケッチャーズは、レコーディング・アーティストのカミラ・カベロ[16]デミ・ロヴァートウィリー・ネルソン[17]、テレビタレントのマーサ・スチュワート、ブルック・バーク、アマンダ・クルーツ、野球選手のクレイトン・カーショウ[18]デヴィッド・オーティズ、ボクサーのシュガー・レイ・レナード[19]、フットボール選手のトニー・ロモ、ハウィー・ロング、クリス・カーターなどのセレブリティーと商品の宣伝を行っている[20][21]。スケッチャーズ・パフォーマンス部門には、長距離ランナーのメブ・ケフレジギ[22]、プロゴルファーのマット・クーチャー、ブルック・ヘンダーソン、ウェスリー・ブライアンが参加している[23]

2019年3月1日、スケッチャーズは、ライバルであるナイキとザイオン・ウィリアムソンのシューズ破損事件にスポットを当て、「Just Blew It」と題したプリントおよびデジタル比較広告キャンペーンを開始した[24]

脚注編集

  1. ^ Skechers Financial Results, Year ending December 31, 2021”. 2021年2月28日閲覧。
  2. ^ Skechers Investors Site”. Investors.skx.com. 2021年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月14日閲覧。
  3. ^ Skechers Investors Site”. Investors.skx.com. 2021年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月14日閲覧。
  4. ^ “US Athletic Footwear Market Report”. NPD Group. (2018年2月6日). オリジナルの2021年1月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210127194208/https://www.npd.com/wps/portal/npd/us/news/press-releases/2018/us-athletic-footwear-industry-sales-grew-2-percent-to-19-6-billion-in-2017-npd-group-reports/ 2018年5月30日閲覧。 
  5. ^ Lazzareschi (1992年1月27日). “L.A. Gear CEO Greenberg Says He'll Step Down : Management: The co-founder of athletic shoe manufacturer will be replaced by Stanley P. Gold.”. Los Angeles Times. 2020年1月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月14日閲覧。
  6. ^ A Brief History of Skechers Shoes” (英語). SRI Shoe Warehouse. 2019年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月7日閲覧。
  7. ^ History of Skechers - Express Trainers”. www.expresstrainers.com. 2019年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月7日閲覧。
  8. ^ History of Skechers U.S.A. Inc.”. Fundinguniverse.com. 2012年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月11日閲覧。
  9. ^ Dina Elboghdady (2012年5月16日). “Skechers agrees to $40 million settlement for claims about shoes' benefits”. The Washington Post. オリジナルの2012年5月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120521014926/http://www.washingtonpost.com/business/economy/skechers-to-pay-40-million-to-settle-charges-over-unsupported-claims/2012/05/16/gIQA0MY0TU_story.html 2012年5月30日閲覧。 
  10. ^ Archived copy”. www.bizjournals.com. 2020年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月17日閲覧。
  11. ^ Paton, Elizabeth; Gallois, Léontine; Breeden, Aurelien (2021年7月2日). “Fashion Retailers Face Inquiry Over Suspected Ties to Forced Labor in China” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. オリジナルの2021年7月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210703145522/https://www.nytimes.com/2021/07/02/fashion/xinjiang-forced-labor-Zara-Uniqlo-Sketchers.html 2021年7月4日閲覧。 
  12. ^ Henley, Jon (2021年7月2日). “France investigates fashion brands over forced Uyghur labour claims”. The Guardian. オリジナルの2021年7月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210703072951/https://www.theguardian.com/world/2021/jul/02/france-investigates-fashion-brands-over-forced-uyghur-labour-claims 2021年7月4日閲覧。 
  13. ^ Skechers Investors Site”. Investors.skx.com. 2021年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月14日閲覧。
  14. ^ Goist, Robin (2020年2月27日). “Skechers partners with Goodyear Tire & Rubber Co. on line of sneakers” (英語). cleveland.com. 2021年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月14日閲覧。
  15. ^ Mack, Gordon (2017年9月6日). “Edward Cheserek Signs With Skechers” (英語). flotrack.org. 2019年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月25日閲覧。
  16. ^ Robin, Marci. “Camila Cabello Is Launching a Havana-Inspired Makeup Collection With L'Oréal” (英語). オリジナルの2018年7月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180713150705/https://www.allure.com/story/camilla-cabello-havana-loreal-makeup-collection 2018年7月13日閲覧。 
  17. ^ Goldstein, Tiffany (2022年2月13日). “Willie Nelson Stars In Two Super Bowl Commercials For Skechers And Calls To "Legalize Comfort"”. CMT News. 2022年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月30日閲覧。
  18. ^ Skechers Signs Clayton Kershaw” (英語). 2021年7月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月11日閲覧。
  19. ^ Big Papi Goes To Bat For Skechers” (英語). 2018年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月13日閲覧。
  20. ^ Garner, Stephen (2022年3月28日). “Martha Stewart Lands Another Shoe Gig as a Skechers Ambassador” (英語). Footwear News. 2022年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月30日閲覧。
  21. ^ Garner, Stephen (2022年3月28日). “Martha Stewart Lands Another Shoe Gig as a Skechers Ambassador” (英語). Footwear News. 2022年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月30日閲覧。
  22. ^ “Marathon Superstar Reups His Partnership With Skechers” (英語). オリジナルの2018年7月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180713205127/http://fortune.com/2016/02/08/skechers-meb-contract-extension/ 2018年7月13日閲覧。 
  23. ^ 2018 PGA Merchandise Show: Skechers golf show review”. Golf Channel. 2018年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月13日閲覧。
  24. ^ Skechers Takes a Direct Hit at Nike's Shoe Explosion Incident With New Ad”. Footwearnews.com (2019年3月2日). 2019年3月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月28日閲覧。

外部リンク編集

Template:Running shoe brands