デビッド・オルティーズ

ドミニカ共和国の野球選手 (1975 - )
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はオルティーズ第二姓(母方の)はアリアスです。
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • デビッド・オルティズ
  • デイビッド・オルティーズ
  • デービッド・オルティーズ
  • ダビド・オルティス

デビッド・アメリコ・オルティーズ・アリアスDavid Americo Ortiz Arias[注釈 1], 1975年11月18日 - )は、ドミニカ共和国サントドミンゴ出身の元プロ野球選手指名打者)。愛称はビッグ・パピ後述)。

デビッド・オルティーズ
David Ortiz
David Ortiz March 2014.jpg
 ボストン・レッドソックスでの現役時代
(2014年3月31日)
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
二重国籍[1]
出身地 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
首都地区サントドミンゴ
生年月日 (1975-11-18) 1975年11月18日(47歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
250 lb =約113.4 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 指名打者一塁手
プロ入り 1992年
初出場 1997年9月2日
最終出場 2016年10月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
WBC 2006年2009年
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 2022年
得票率 77.9%
選出方法 BBWAA選出

引退後の2017年に背番号34」がボストン・レッドソックス永久欠番となった。2022年にアメリカ野球殿堂入りを果たした。

10度のMLBオールスター出場、3度のワールドシリーズチャンピオン、7度のシルバースラッガー賞、2006年にはレッドソックスの球団記録である年間54本塁打を達成している。

通算記録は541本塁打(MLB歴代12位)、1768打点(歴代22位)、打率.286、2472安打、632二塁打(歴代12位)、1192長打(歴代8位タイ)

経歴編集

プロ入り前編集

1975年11月18日にドミニカ共和国サントドミンゴに生まれた。貧しい生活だったが、オルティーズは「よい家族に恵まれ、よい教育も受けさせてもらった」と述べている[2]

プロ入りとマリナーズ傘下時代編集

地元のエスピヤート・エスパイヤ高等学校を卒業後、1992年11月28日に17歳でシアトル・マリナーズと契約を結んだ。登録名は「デビッド・アリアス」であった。マイナーリーグのウィスコンシン・ティンバー・ラトラーズで活動していた。

ツインズ時代編集

1996年9月13日に後日発表選手としてデーブ・ホリンズとのトレードでミネソタ・ツインズへ移籍した。この時「デビッド・オルティーズ」として登録した。ツインズ傘下AAA級ソルトレイクにいたころから「打球を遠くに飛ばすことにかけては右に出るものがいない左バッター」として注目されていた[3]

1997年9月2日にメジャーデビューするが、メジャーとマイナーの間を行き来するようになる。

1999年にはAAA級ソルトレイク・ビーズで30本塁打を記録し、将来の大砲として期待されるようになった[4]

2001年に右手首の手術をしたが、2002年にはMLBで自身2度目のシーズン100試合以上出場を果たし、打率.272・20本塁打・75打点の成績を残したが、ツインズのチームカラーであるスモールボールにオルティーズは息苦しさを感じていた。打席での積極性を逆手に取られ厳しい速球を手元に投げられて打ち取られることが多く、故障も多かった。オフの12月16日にFAとなった[2]

レッドソックス時代編集

2003年1月22日にボストン・レッドソックスと契約[5]。移籍1年目から「5番・指名打者」に定着して初めて規定打席に到達し、打率.288・31本塁打・101打点の成績を残し、同年のMVP投票で5位につけた。

2004年には主に4番を打ち、139打点(リーグ2位)・打率.301・41本塁打(リーグ2位)の活躍を見せた。3部門以外でも47二塁打・75四球出塁率.380・長打率.603・150試合出場と抜群の強打を発揮している。5月には2年総額1250万ドルで契約延長した[6]マニー・ラミレスと「打率.300・40本塁打・100打点」コンビを形成したが、これは1931年のベーブ・ルースルー・ゲーリッグのコンビ(ニューヨーク・ヤンキース)以来だった。

ポストシーズンではさらに勝負強さを発揮し、強く印象付けた[4]。2004年は、エンゼルスとのアメリカンリーグディビジョンシリーズ(ALDS)第3戦で10回に決勝本塁打を放つ。ヤンキースとのアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ(ALCS)では、0勝3敗と追い詰められた第4戦の12回にサヨナラ本塁打を、第5戦では8回まで2-4と敗勢濃厚な状況から逆転となる本塁打を記録し、延長14回にサヨナラ安打を記録した。史上初の3連敗4連勝でヤンキースを破ったこのALCSで、オルティーズはMVPに選出された。カージナルスとのワールドシリーズでも、第1戦第1打席に3点本塁打を放ってチームを勢いづけ、レッドソックス86年ぶりのワールドシリーズ優勝に大きく貢献した。オフには日米野球のMLB選抜として訪日した。渡辺俊介から推定飛距離157メートルの本塁打を記録し、話題となった。オルティーズ本人は渡辺のフォームなど見ておらず、リリース後に来た球を見て叩いただけと語ったと、渡辺が引退後に明かしている[7]

2005年には148打点で打点王を獲得し、MLBで最もチャンスに強い打者と評されるようになった[8]

2006年はシーズン開幕前の3月に開催された第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)ドミニカ共和国代表に選出された[9]

シーズンでは4月10日に4年総額5200万ドルで契約延長し[6]、この年は自己最多・球団新記録の54本塁打を放ち本塁打王と打点王の二冠に輝き、ハンク・アーロン賞を受賞。2年連続でMVPの有力な候補となったが、守備で貢献しない指名打者であることが影響したとされ[4]、投票結果は2005年はアレックス・ロドリゲスに次ぐ2位で、2006年は3位に終わった。

2007年はひざの状態が悪く[10]、本塁打・打点ともに前年よりも少なく、本拠地のフェンウェイ・パークでは4月22日から7月13日にかけて本塁打を放てずにいた[11]。打率.332はリーグ5位、88長打・111四球・出塁率.445はリーグ最高だった。ポストシーズンでは打率.370、3本塁打、10打点で3年ぶりのワールドシリーズ制覇に貢献した。 また、最優秀指名打者賞(エドガー・マルティネス賞)を史上初の4年連続受賞した。2003年の移籍以降、オルティーズは5年連続でMVP投票5位以内に入っている。

 
2008年

2008年は故障もあって平凡な成績に終わった。6月にアメリカ市民権を取得している[1]

2009年はシーズン開幕前の3月に開催された第2回WBCドミニカ共和国代表に選出され[12]、2大会連続2度目の選出を果たした。

シーズンでは開幕から絶不調で、シーズン第1号本塁打が出たのは5月20日だった。あまりにも深刻な打撃不振により、年齢詐称疑惑も浮上した[13]。7月9日にはルーク・ホッチェバーから通算300本塁打を達成。それでも最終的に本塁打・打点は前年より増えたが、打率は規定打席に到達したシーズンでは自己最低の成績に終わった。

2010年は前年同様4月は本塁打1本とスランプに陥るも、5月には10本塁打を記録し、プレイヤー・オブ・ザ・マンスを受賞。オールスターゲーム前日のホームラン・ダービーでは第2ラウンドで13本塁打を記録し、ハンリー・ラミレスとの決勝ラウンドでも11本塁打を記録して優勝した。最終的に自身のキャリアを通じて最多となる145三振を喫したが、大きな故障もなく2年連続で規定打席に到達。リーグ2位の対右投手OPS1.059を記録し、3年ぶりの30本塁打と100打点を記録した。

2011年は8月に右かかとの炎症で離脱したものの、シーズンを通じて概ね好調で4年ぶりに打率3割をクリアし、こちらも4年ぶりとなるシルバースラッガー賞を受賞した。10月20日にはロベルト・クレメンテ賞も受賞した[14]。オフの10月30日にFAとなったが、レッドソックスは翌年の契約オプションを行使し、12月7日に年俸1457万5000ドルの1年契約で残留が決まった[15]

2012年はOPSが10割を超えるなど開幕から好調で、7月4日にはA.J.グリフィンから通算400本塁打を達成した。ところが、7月16日にアキレス腱を痛めて離脱し、後半戦はほとんどを棒に振った。シーズン終了後の10月19日にFAとなったが、11月2日に2年2600万ドルでレッドソックスと再契約を結んだ[16]。出来高も含めれば、最大で総額3000万ドルとなる[17]。この年監督だったボビー・バレンタインが退任後の10月23日にテレビ出演し右アキレス腱痛で終盤戦を欠場したオルティーズについて「彼がこれ以上プレーしないことを決めた」と発言[18]。これに対してオルティーズが「医師、首脳陣、監督、自分で決めた。チームドクターからは"プレーを続ければ症状は悪化する"と言われた」と反論し[18]、「精神的に問題があるか、薬か何かが必要な人間なんだと、自分に言い聞かせた」とバレンタインを批判した[18]

2013年は引き続きアキレス腱痛で開幕から故障者リスト入りしていたが、4月20日に復帰した[19]。試合前のセレモニーでは"This is our fucking city, and no one is going to dictate our freedom. Stay strong."とスピーチし、爆弾テロ事件の衝撃冷めやらぬ地元ボストンを鼓舞した[20]。7月2日に通算500二塁打、7月10日にはハロルド・ベインズを抜いて、指名打者として最多となる1689安打を記録した。9月4日には通算2000本安打を達成。ワールドシリーズ優勝にも大きく貢献して指名打者としては3人目、フルタイムの指名打者としては松井秀喜以来となる2人目のワールドシリーズMVPを獲得した。

2014年3月23日にレッドソックスと2015年シーズン・1600万ドルの1年契約(2016年と2017年の球団オプション付き)に合意した[21][22]。4月3日、スポンサー契約を結んでいるサムスングループと事前に打ち合わせた上で、当時のアメリカ合衆国大統領であるバラク・オバマと並んで自撮りをした。この写真はサムスングループに営利目的で利用された[23]。6月29日の対ニューヨーク・ヤンキース戦で、3回にシーズン19本目の本塁打を記録し、通算450本塁打を達成[24]。9月20日の対ボルチモア・オリオールズ戦にて、本塁打2本を記録し、3打点を記録。シーズン通算で34本塁打・102打点とし、自身8度目となる「30本塁打以上・100打点以上」を達成。テッド・ウィリアムズを抜いて球団最多の回数となった[25]。最終的には、4年ぶりに打率3割を下回ったが、35本塁打・104打点はここ7年間で最高の数字であり、打棒健在をアピールした。一方、チーム全体の打撃成績が低調だったこともあり、35本塁打を放ちながら、レッドソックス在籍12年間で最も少ない59得点に終わった。

2015年9月12日のタンパベイ・レイズ戦で、マット・ムーアから通算500本塁打を記録した。最終的には打率.273・37本塁打・108打点・OPS.913という好成績を記録。39歳となったシーズンにおいて、本塁打と打点は3シーズン連続で上昇した。また「30本塁打・100打点」を同時達成したのは通算9度目となり、この年も主砲として打線を牽引した。オフの11月18日に2016年シーズンをもって現役を引退することを発表した[26]

 
現役最終年
(2016年)

2016年4月15日のトロント・ブルージェイズ戦で相手の警戒がない中で自身3年ぶりとなる盗塁を記録したが、レッドソックスの40代の選手としては史上4人目のことであった[注釈 2]。5月14日のヒューストン・アストロズ戦で、レギュラーシーズンで通算20度目となるサヨナラ安打を記録した[27]。8月24日のタンパベイ・レイズ戦の初回にマット・アンドリースから30号2点本塁打を放ち、この2打点でシーズン100打点となり、通算10度目の「30本塁打・100打点」を同時に達成した[28]。2016年はシーズン通じて絶好調であり、打率.315・38本塁打・127打点・出塁率.401・長打率.620・OPS1.021という全盛期並みの好成績を記録。引退するシーズンにして、自身3度目となる打点王のタイトルを、ブルージェイズのエドウィン・エンカーナシオンと分け合った。また、長打率とOPSはリーグトップであり、キャリア最後のレギュラーシーズンも、MLBを代表する大砲として大暴れした。同年のALDS英語版で、チームはクリーブランド・インディアンスに3連敗を喫して終戦。オーティズはキャリア最後の打席で、8回に四球を選んで出塁すると、両手で観客を盛り立て、代走を送られると大歓声を浴びる中でキャリアに終止符を打った[29][30]。10月2日に引退を記念し、レッドソックス在籍時の背番号『34』を永久欠番に指定することが発表された[31][32]。10月26日に自身2度目となるハンク・アーロン賞を受賞した[33]。11月15日付で引退が公示された。

 
オルティーズのレッドソックス在籍時の背番号『34』。
ボストン・レッドソックスの永久欠番2016年指定。

引退後編集

2019年6月9日、ドミニカ共和国サントドミンゴの飲食店で強盗に銃で撃たれ、病院で手当てを受けた[34]。その後ボストンの病院で集中治療室に搬送。3度の手術を経て、7月から自宅療養し、9月9日にフェンウェイ・パークで行われたヤンキース戦の始球式に参加。そして約6か月後の12月8日にドミニカで行われたチャリティー試合に登場して母国に凱旋した[35]

2022年1月25日、有資格1年目にしてアメリカ野球殿堂入りを果たした(得票率:77.9%)[36]

選手としての特徴編集

 
ラミレス(左)とオルティーズ(右)
 
打撃フォーム

爆発的なパワーを生かし、アッパースイングで低目のボールをすくい上げるローボールヒッター。2004年から2006年は3年連続で40本塁打(球団史上初)、130打点以上を記録し、同僚のマニー・ラミレスと共に驚異的なコンビとして活躍した。基本的には引っ張って強い打球を放つことが多いが、流し打ってグリーンモンスターに当て二塁打を稼ぐ技術を持つ[37]。また三振は多いが四球も多く選ぶことができる。

特に勝敗がかかるチャンスや土壇場で強く、レギュラーシーズンとポストシーズン通算で13本のサヨナラ本塁打を含む、20本のサヨナラ打を放っている(13サヨナラ本塁打はミッキー・マントルに次いで歴代2位)[38]。2004年は上述したポストシーズンの活躍と、2006年は5回もサヨナラゲームを演出した。特に7月24日のフィラデルフィア・フィリーズ戦では延長10回裏にトム・ゴードンからサヨナラ2点本塁打を、2日後の7月26日(25日は試合無し)には延長12回裏に同じフィリーズのクレイ・コンドリー英語版から再びサヨナラ安打を記録した。

キャリアの大半で指名打者として出場し、守備に就いたのは一塁手として通算278試合(2005年以降は年間10試合以下)。

人物編集

愛称は、ビッグ・パピBig Papi)、クッキーモンスターCookie Monster)。

 
天を仰ぐポーズ

本塁打を打ち本塁を通るたび、2002年1月に46歳で交通事故で亡くなった母アンジェラ・ローザ・アリアスに敬意を表して、両手の人差し指を立てて空を見上げる[39]上腕二頭筋に母の名のタトゥーが刻まれている。

妻ティファニーとの間に3人の子がいる。妻がウィスコンシン州グリーンベイ近郊出身のため、結婚後はNFLグリーンベイ・パッカーズのファンになった[40]。2013年4月、別居を発表したが[41]、復縁した[42]

2008年6月11日、ボストンにあるジョン・F・ケネディ図書館でアメリカ合衆国の市民権を得た[43][44]

数年で広告費用約450万ドルを獲得している。2007年4月、スポーツ・グッズ会社リーボックスパイクシューズ「ビッグ・パピ10Mミッド・ベースボール」を発表し、オルティーズはカリフォルニア州サンフランシスコで行われた2007年のMLBオールスターゲームで初めて試合で着用した[45]

2009年10月、生まれ故郷ドミニカ共和国にナイト・クラブ「フォーティ・フォーティ」を開業した。2010年4月、ラッパーでプロデューサーのジェイ・Zとビジネス・パートナーのホアン・ペレスはオルティーズがジェイ・Zのニューヨークのスポーツ・クラブ・チェーンから名前を盗用したとして商標権侵害の訴えを起こす準備を始めた[46]。2011年3月、和解に達した[47]

2016年4月11日、レッドソックスの開幕日、娘アレックスが国歌を歌った。

慈善事業編集

2007年、「デビッド・オルティーズ子供基金」が創立された。ボストン、ドミニカ共和国などの子供たちがどうしても必要な時にいつでも寄付金を使用できることを目的としている。2008年、自身のチャリティワインを発表し、全利益がこの基金に入ることになった。このワインは「ヴィンテージ・パピ」と呼ばれ、15万ドルが寄付された[48]

ボビー・バレンタインとの確執編集

2012年シーズンのレッドソックスの選手たちとボビー・バレンタインの対立の深刻さは相当のもので、多くの選手が口々にバレンタインを非難していたが、オルティーズに至っては「彼(バレンタイン)は精神的に問題があるか、薬か何かが必要な人間なんだ」と差別的とも取れる発言してしまうほどの有様であった[49]。またオルティーズは2017年自叙伝「パピ:マイ・ストーリー」の中で「(2012年)私の人生の中で最悪のシーズンだった」と表現、「ドラマはスプリング・トレーニングに入ってすぐに始まった。そこで見せた彼の行動にすべてが凝縮されていた」と開幕前からチーム内に不協和音が存在したことを告白、「日本式のトレーニングを持ち込むことで自分がいかに賢明な人間であるかを証明したがっているようだった」、「打撃練習で選手たちにゴロを打つように命じた。レッドソックスは私にゴロを打ってもらいたくてお金を払っているわけではない。月まで届くような球を打つために私はここにいる」などと具体例を挙げ、「無礼」、「愚か」、「傲慢」といった過激な言葉のオンパレードでバレンタインをこき下ろした[50]

薬物疑惑編集

ドーピングに強く反対する立場を取っており、2009年2月には、薬物検査で運動能力向上薬の陽性反応が検出された選手に対して、1年間の出場停止処分を科すことを求めていたオルティーズだったが[51]、2009年7月30日にニューヨーク・タイムズ紙は、オルティーズがマニー・ラミレスと共に2003年のドーピング検査で陽性反応を示していたとされる選手リストに名前が上がっていると報じた。同日、オルティーズは声明を発表し、「MLB選手会に確認したら、自らが陽性だったことが分かった」と報道内容を認めた。また、「それを知り、驚いている。どの薬物に違反したかを調べたい」とも述べた[52]。ただし、報道されたリストは、匿名の弁護士による、本来極秘扱いの裁判資料を不正に漏洩させたものが情報源であるため、どういった薬物に対して陽性だったかなど詳細な内容は公表はされていない(2015年7月現在)。

10日後の試合前の記者会見でオルティーズは今まで一度もステロイドを購入したり使用したことは無いと述べた上で、今回の陽性反応について、当時使用していたサプリメントビタミン剤のせいではないかと主張した[53]。 実際、合法なビタミン剤でも、その薬物検査で陽性反応が出ることはMLB選手会側も認めている。また選手会は声明を出し、今回の検査で陽性反応があったとされる選手リストに入っているからといって、必ずしも薬物を使用したということではないと述べた。その理由は、実際の検査で陽性と出た選手の数よりも、そのリストに上がっている名前の方がはるかに多かったこと(つまり陽性でない選手も多数リストに含まれており、リスト自体の信用性が低いということ)、また2003年の段階では検査体制が整っておらず、検査の精度に疑問点があることなどを挙げている[54]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1997 MIN 15 51 49 10 16 3 0 1 22 6 0 0 0 0 2 0 0 19 1 .327 .353 .449 .802
1998 86 326 278 47 77 20 0 9 124 46 1 0 0 4 39 3 5 72 8 .277 .371 .446 .817
1999 10 25 20 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0 0 12 2 .000 .200 .000 .200
2000 130 478 415 59 117 36 1 10 185 63 1 0 0 6 57 2 0 81 13 .282 .364 .446 .810
2001 89 347 303 46 71 17 1 18 144 48 1 0 1 2 40 8 1 68 6 .234 .324 .475 .799
2002 125 466 412 52 112 32 1 20 206 75 1 2 0 8 43 0 3 87 5 .272 .339 .500 .839
2003 BOS 128 509 448 79 129 39 2 31 265 101 0 0 0 2 58 8 1 83 9 .288 .369 .592 .961
2004 150 669 582 94 175 47 3 41 351 139 0 0 0 8 75 8 4 133 12 .301 .380 .603 .983
2005 159 713 601 119 180 40 1 47 363 148 1 0 0 9 102 9 1 124 13 .300 .397 .604 1.001
2006 151 686 558 115 160 29 2 54 355 137 1 0 0 5 119 23 4 117 12 .287 .413 .636 1.049
2007 149 667 549 116 182 52 1 35 341 117 3 1 0 3 111 12 4 103 16 .332 .445 .621 1.066
2008 109 491 416 74 110 30 1 23 211 89 1 0 1 3 70 12 1 74 11 .264 .369 .507 .877
2009 150 627 541 77 129 35 1 28 250 99 0 2 0 7 74 5 5 134 9 .238 .332 .462 .794
2010 145 606 518 86 140 36 1 32 274 102 0 1 0 4 82 14 2 145 12 .270 .370 .529 .899
2011 146 605 525 84 162 40 1 29 291 96 1 1 0 1 78 12 1 83 24 .309 .398 .554 .953
2012 90 383 324 65 103 26 0 23 198 60 0 1 0 3 56 13 0 51 6 .318 .415 .611 1.026
2013 137 600 518 84 160 38 2 30 292 103 4 0 0 5 76 27 1 88 21 .309 .395 .564 .959
2014 142 602 518 59 136 27 0 35 268 104 0 0 0 6 75 22 3 95 18 .263 .355 .517 .873
2015 146 614 528 73 144 37 0 37 292 108 0 1 0 9 77 16 0 95 16 .273 .360 .553 .913
2016 151 626 537 79 169 48 1 38 333 127 2 0 0 7 80 15 2 86 22 .315 .401 .620 1.021
MLB:20年 2408 10091 8640 1419 2472 632 19 541 4765 1768 17 9 2 92 1319 209 38 1750 236 .286 .380 .552 .931
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績編集



一塁(1B)












1997 MIN 11 84 10 1 10 .989
1998 70 503 46 6 51 .989
1999 1 7 0 0 1 1.000
2000 27 210 12 1 17 .996
2001 8 60 2 0 2 1.000
2002 15 90 6 1 8 .990
2003 BOS 45 342 30 3 20 .992
2004 34 253 21 4 23 .986
2005 10 69 11 2 8 .976
2006 10 62 6 2 8 .971
2007 7 37 3 0 3 1.000
2009 6 42 6 1 2 .980
2010 4 23 1 0 1 1.000
2011 2 18 0 0 4 1.000
2012 7 54 2 0 4 1.000
2013 6 36 1 0 4 1.000
2014 5 37 2 0 9 1.000
2015 9 51 5 1 2 .982
2016 1 5 0 0 0 1.000
MLB 278 1983 164 22 177 .990

タイトル編集

表彰編集

記録編集

背番号編集

代表歴編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ スペイン語読みではダビィ・アメリーコ・オルティース・アリーアスとなる
  2. ^ 過去の3人はサイ・ヤング(1907年、40歳)、テッド・ウィリアムズ(1960年、41歳)、リッキー・ヘンダーソン(2002年、43歳)

出典編集

  1. ^ a b David Ortiz becomes US citizen The Boston Globe(2008/06/11)
  2. ^ a b Tyler Kepner / New York Times 「宿命ライバル球団の「顔」 デレク・ジーター [ヤンキース] vs デビッド・オティース [レッドソックス] 「真の勝者」」 木村愛訳、『月刊スラッガー』102号、日本スポーツ企画出版社、2006年、雑誌15509-10、6-11頁。
  3. ^ 梅田香子ヤンキースはなぜ敗れたのか? 梅田香子の『松井秀喜 メジャー交友録 2004』 VOL.19 」 『スポーツナビ』、2004年。
  4. ^ a b c ナガオ勝司 「ア・リーグ2冠王 ビック・パピの本質/オティーズ[レッドソックス]」『月刊メジャー・リーグ』2006年11月号、ベースボールマガジン社、2006年、雑誌 08625-11、16 - 20頁。
  5. ^ “Red Sox agree to terms with 1B/DH David Ortiz” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Boston Red Sox), (2003年1月22日), http://boston.redsox.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20030122&content_id=193026&vkey=pr_bos&fext=.jsp&c_id=bos 2014年1月11日閲覧。 
  6. ^ a b Associated Press (2006年4月11日). “Ortiz nabs four-year extension” (英語). ESPN. 2009年1月27日閲覧。
  7. ^ 星野・下柳・渡辺俊が明かす 遅い球でも打者を打ち取るテクニック【ピッチャーズバイブル】 フルタの方程式【古田敦也 公式チャンネル】2022/04/15 (2022年4月16日閲覧)
  8. ^ 友成那智村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2006』廣済堂出版、2006年、48頁。ISBN 978-4-331-51146-6 
  9. ^ 2006 Tournament Roster[リンク切れ] The official site of World Baseball Classic (英語) 2016年3月7日閲覧 [リンク切れ]
  10. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2008』廣済堂出版、2008年、44頁。ISBN 978-4-331-51300-2 
  11. ^ David Ortiz Home Run Log” (英語). Baseball-Reference.com. 2009年1月27日閲覧。
  12. ^ 2009 Tournament Roster” (英語). The official site of World Baseball Classic. 2015年2月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年11月16日閲覧閲覧。
  13. ^ オルティスに年齢詐称疑惑…絶不調のRソックス主砲 ZAKZAK(2009年6月9日)
  14. ^ “David Ortiz named recipient of the 2011 Roberto Clemente Award presented by Chevrolet” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Boston Red Sox), (2011年10月20日), http://boston.redsox.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20111020&content_id=25728680&vkey=pr_bos&fext=.jsp&c_id=bos 2014年1月11日閲覧。 
  15. ^ Gordon Edes (2011年12月8日). “David Ortiz accepts arbitration”. ESPN Boston. 2014年1月11日閲覧。
  16. ^ “Red Sox tender one-year qualifying offer to designated hitter David Ortiz” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Boston Red Sox), (2012年11月2日), http://m.redsox.mlb.com/news/article/40155286/red-sox-tender-one-year-qualifying-offer-to-designated-hitter-david-ortiz/ 2016年10月17日閲覧。 
  17. ^ Sox, Ortiz agree to two-year, $26M deal weei.com
  18. ^ a b c オルティス 前監督ボビーを批判「薬か何かが必要な人間」”. www.sponichi.co.jp. 2021年2月1日閲覧。
  19. ^ “Red Sox activate designated hitter David Ortiz from the disabled list” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Boston Red Sox), (2013年4月20日), http://m.redsox.mlb.com/news/article/45298236/red-sox-activate-designated-hitter-david-ortiz-from-the-disabled-list/ 2016年10月17日閲覧。 
  20. ^ 復帰のオルティス活躍 「放送禁止用語」スピーチに喝采も スポーツニッポン(2013/04/22)
  21. ^ “Red Sox and David Ortiz agree on one-year extension” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Boston Red Sox), (2014年3月23日), http://m.redsox.mlb.com/news/article/69996860/red-sox-and-david-ortiz-agree-on-one-year-extension/ 2016年10月17日閲覧。 
  22. ^ Ian Browne (2014年3月23日). “Papi's extension with Red Sox official”. MLB.com. 2016年10月17日閲覧。
  23. ^ WSJ STAFF (2014年4月8日). “ホワイトハウス、「自分撮り」禁止せず―オルティス選手の騒動受け”. The Wall Street Journal. http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304364704579488692797714658.html 2016年11月16日閲覧。 
  24. ^ David Ortiz hits 450th homer to help power Red Sox over Yankees”. ESPN (2014年6月29日). 2014年10月14日閲覧。
  25. ^ Papi passes Williams for most 30/100 seasons with Red Sox”. 2014年10月1日閲覧。
  26. ^ オルティス 40歳誕生日に来季限りでの引退を発表スポニチアネックス 2015年11月20日配信
  27. ^ Top stats to know: David Ortiz's day at the plate” (英語). ESPN (2016年5月14日). 2016年12月11日閲覧。
  28. ^ CBC Sports (2016年8月24日). “David Ortiz becomes oldest player to hit 30 home runs in a season” (英語). CBC Sports. http://www.cbc.ca/sports/baseball/mlb/david-ortiz-30-home-runs-1.3734805 2016年10月13日閲覧。 
  29. ^ オルティス感謝の涙=愛された主砲、現役に幕-米大リーグ・プレーオフ”. 時事ドットコム. 時事通信社 (2016年10月11日). 2016年10月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年10月17日閲覧。
  30. ^ オルティス、メジャー20年の現役生活に終止符”. 日刊スポーツ (2016年10月11日). 2016年10月14日閲覧。
  31. ^ Red Sox to retire Papi's No. 34 next year” (英語). 2016年10月13日閲覧。
  32. ^ Tribute to David Ortiz includes plan to retire his number” (英語). bostonglobe.com. Boston Globe Media Partners, LLC. 2016年10月13日閲覧。
  33. ^ Stephen Eric (2016年10月26日). “David Ortiz, Kris Bryant win 2016 Hank Aaron Awards - SBNation.com” (英語). SBNation.com. http://www.sbnation.com/2016/10/26/13429724/david-ortiz-kris-bryant-2016-hank-aaron-awards-mlb 2016年11月5日閲覧。 
  34. ^ Report: David Ortiz shot, hospitalized in Dominican Republic on Sunday”. 2019年6月10日閲覧。
  35. ^ 銃撃受けたオルティス氏が事件後初めて母国に凱旋 チャリティー試合で大歓声受ける”. Full-count. 2019年12月9日閲覧。
  36. ^ 【MLB】オルティスが有資格初年度で殿堂入り 有資格最終年のボンズ、クレメンス、シリング、ソーサは落選”. 2022年1月26日閲覧。
  37. ^ 現役スカウト部長による"本物"のスカウティング・レポート『月刊スラッガー』2005年1月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-1、36-39頁。
  38. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2011』廣済堂出版、2011年、75頁。ISBN 978-4-331-51518-1 
  39. ^ Jorge L. Ortiz (2006年6月14日). “Pointing: It isn't just for pop-ups anymore”. USA Today. http://www.usatoday.com/sports/baseball/2006-06-13-pointing-up_x.htm 
  40. ^ David Ortiz Playing Field Promotions
  41. ^ Mark Shanahan and Meredith Goldstein (2013年4月30日). “David Ortiz and his wife are separating”. The Boston Globe. http://www.bostonglobe.com/lifestyle/names/2013/04/29/david-ortiz-and-wife-tiffany-divorcing/FdVSAsoGAZRuZyqR1Bjc9J/story.html 
  42. ^ Jeff Passan (2014年4月3日). “The Red Sox are David Ortiz's Team, and Boston is his City”. Yahoo! Sports. http://sports.yahoo.com/news/the-red-sox-are-david-ortiz-s-team--and-boston-is-his-city-181308739.html 
  43. ^ Red Sox slugger Ortiz sworn as US citizen”. Yahoo! Sports (2008年6月11日). 2008年6月11日閲覧。
  44. ^ Baxter, Christopher (2008年6月12日). “Ortiz, pride of Sox Nation, joins US as a citizen”. The Boston Globe. http://www.boston.com/sports/baseball/redsox/articles/2008/06/12/ortiz_pride_of_sox_nation_joins_us_as_a_citizen/ 2008年6月13日閲覧。 
  45. ^ Reebok Hosts Big Party for Big Papi”. Business Wire News (2007年4月10日). 2016年11月16日閲覧。
  46. ^ “Jay-Z sues Red Sox hitter Big Papi over 40/40 club name”. LA Times. (2010年4月16日). http://latimesblogs.latimes.com/gossip/2010/04/jayz-sures-red-sox-big-papi-david-ortiz-4040-club-name.html 2013年7月4日閲覧。 
  47. ^ Scott Shifrel (2011年3月29日). “Rapper Jay-Z and Red Sox star Big Papi agree to reach a settlement over '40/40' club name” (英語). New York Daily News. http://www.nydailynews.com/entertainment/gossip/rapper-jay-z-red-sox-star-big-papi-agree-reach-settlement-40-40-club-article-1.117163 2014年1月23日閲覧。 
  48. ^ David Ortiz Children's Fund” (英語). CharityHop.com. 2016年10月17日閲覧。[リンク切れ]
  49. ^ オルティスが前監督を痛烈批判 「バレンタインは精神に問題あり」中日スポーツ
  50. ^ ビッグ・パピが自叙伝で元ロッテ監督バレンタイン氏を「愚か」「傲慢」と痛烈批判デイリースポーツ
  51. ^ オーティス 薬物使用選手に出場停止を求める AFPBB News(2009年2月17日),2009年7月31日閲覧
  52. ^ 大リーグ:オルティス、陽性反応認める 03年に検査 毎日新聞(2009年7月31日), 2009年7月31日閲覧
  53. ^ Barry M. Bloom (2009年8月8日). “In response, Ortiz denies using steroids” (英語). MLB.com. 2016年11月16日閲覧。
  54. ^ Adam Kilgore (2009年8月8日). “MLBPA statement on Ortiz” (英語). 2016年11月16日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集