スタヴ・シェレズ

スタヴ・シェレズStav Sherez1970年 - )はイギリス推理作家音楽評論家

略歴編集

1970年に生まれてロンドンで育ち、レイティマー上級学校英語版を経てリーズ大学に進んだ。シェレズは1999年から2004年までイギリスの音楽雑誌『Comes with a Smile』の主要な寄稿者として活動。2004年にペンギンブックスから出版された処女作の小説『The Devil's Playground』が[1]英国推理作家協会によるCWA賞ニュー・ブラッド・ダガー賞にノミネートされた[2]

2006年12月からカトリック雑誌の『カトリック・ヘラルド英語版』で編集者をしながら小説を発表している[3]。2012年に発表した『A Dark Redemption』と2013年の『Eleven Days』がそれぞれ翌年のシークストン・オールドペキュリア・クライムノベルオブザイヤーアワード英語版にノミネートされ、2017年発表の『The Intrusions』は2018年の同賞を受賞した[4]

2008年に『The Devil's Playground』が松本剛史の訳によりヴィレッジブックスから『野良犬の運河』の邦題で出版されたが[5]、以降の作品については未訳である。

著作編集

  • The Devil's Playground :ペンギンブックス、2004年 - ニュー・ブラッド・ダガー賞ノミネート
  • The Black Monasteryフェイバー・アンド・フェイバー英語版、2009年
  • A Dark Redemption :フェイバー・アンド・フェイバー、2012年 - シークストン・オールドペキュリア・クライムノベルオブザイヤーアワード 2013年ノミネート[3]
  • Eleven Days :フェイバー・アンド・フェイバー、2013年 - シークストン・オールドペキュリア・クライムノベルオブザイヤーアワード 2014年ノミネート[3]
  • The Intrusions :フェイバー・アンド・フェイバー、2017年 - シークストン・オールドペキュリア・クライムノベルオブザイヤーアワード 2018年受賞[4]

短篇編集

脚注編集

  1. ^ Deadly trail of blood and gore”. Gulf Daily News (2006年5月27日). 2015年8月25日閲覧。
  2. ^ CWA New Blood Dagger (The Crime Writer's Association Dagger Awards”. Awards & Winners. 2015年8月25日閲覧。
  3. ^ a b c Stav Sherez”. Hebban.nl. 2015年8月25日閲覧。
  4. ^ a b “'Silence Of The Lambs for the web age' which looks at online crime, where ‘sextortion’ goes hand-in-hand with murder wins British crime novel prize”. デイリー・メール・オンライン. (2018年7月22日). https://www.dailymail.co.uk/news/article-5978605/Silence-Lambs-web-age-wins-British-crime-novel-prize.html 2019年2月20日閲覧。 
  5. ^ 松本剛史のイチ押し本”. 翻訳ミステリー大賞シンジケート (2010年7月12日). 2015年8月25日閲覧。