メインメニューを開く

スターツ出版文庫(スターツしゅっぱんぶんこ)は、スターツ出版株式会社より2015年(平成27年)12月28日に創刊された文庫レーベル。発売日は毎月28日。

キャッチコピーは、この1冊が、わたしを変える。

概要編集

スターツ出版株式会社(STARTS)では、これまでケータイ小説をメインとしたSTARTSの文庫ケータイ小説文庫(ピンクレーベル、ブルーレーベル、ブラックレーベル)[1]野いちご文庫、恋愛小説に特化した同じくSTARTSの文庫ベリーズ文庫マカロン文庫などを主に出版してきた。これらはケータイ小説サイト 野いちご[2]小説サイトBerry's Cafeといった小説投稿サイトに投稿された人気作品を書籍化したもので、人気作家は書き下ろし小説を出版することもある。学園恋愛、オフィスラブを主なジャンルとして扱ってきたが、一般文芸寄りの作品がサイトに少数ではあるものの投稿されていることをきっかけに、本レーベル文庫の創設となった。前述したレーベルの読者はもちろん、一般文芸読者にも受け入れられる様々なジャンルの作品を取り揃えるように既刊数を重ねている。この戦略の一環としてSTARTSが主催する小説投稿コンテスト・スターツ出版文庫大賞は、ケータイ小説サイト 野いちご小説サイトBerry's Cafeだけでなくエブリスタでも開催され、デビュー作家は増え続けている。2018年には大手小説投稿サイト・小説家になろうにも幅が広がり、小説家になろう×スターツ出版文庫大賞が開催され、当コンテスト受賞者6名がデビューすることが決定した。

一般文庫とは違い、表紙が現代風のイラストの用いたものが多く、本文の文字サイズは一般文庫に比べると大きく、フォントも形が違うものになっている。また、不定期でフェアが多数開催されている。

創刊ラインナップ編集

2015年(平成27年)12月28日、ケータイ小説文庫からデビューを果たした作家1名、エブリスタで話題となりケータイ小説サイト 野いちごにて定期連載後ケータイ小説文庫からデビューを果たした作家1名、ケータイ小説文庫からデビューを果たし2冊目を新装版として発刊することに決定した作家1名の計3作品で創刊された。

  • 沖田 円 - 僕は何度でも、きみに初めての恋をする。
  • 櫻いいよ - 君が落とした青空(新装版)

スターツ出版文庫大賞編集

2016年(平成28年)にスターツ出版文庫大賞が新設された。第1回、第3回は部門形式をとらず、第2回は「恋愛部門」「ほっこり人情部門」「フリーテーマ部門」の部門形式で開催された。また、第1回「成長感×非日常×恋愛」、第3回は「希望と共感」というテーマが設けられた。

受賞者 タイトル 刊行年月 備考
2016年(第1回) 大賞:十和

優秀賞:砂川雨路

優秀賞:梨木れいあ

笑って。僕の大好きなひと。

僕らの空は群青色

今日も君と、洗濯日和。

2016年12月

2017年2月

2017年1月

『笑って。僕の大好きなひと。』として刊行

『僕らの空は群青色』として刊行

『晴ヶ丘高校洗濯部!』として刊行

2017年(第2回) 恋愛部門賞:木村 咲

ほっこり人情部門賞:涙鳴

フリーテーマ部門賞:灰芭 まれ

まだ君のことは知らない

フカミ喫茶店のワケありアンティーク

鈴川くんが退学する

2017年12月

2017年11月

2018年1月

『僕の知らない、いつかの君へ』として刊行

『フカミ喫茶店の謎解きアンティーク』として刊行

『僕は明日、きみの心を叫ぶ。』として刊行

2018年(第3回) 大賞:Coconakid

優秀賞:たかはしえみ

トゲトゲじかけのサボテンは優しく君をハグしたい

昼休みが終わる前に。

未定

脚注編集

  1. ^ ケータイ小説文庫 パープルレーベルは、2014年12月以降発売されていない。休刊・廃刊したと見られる。
  2. ^ ケータイ小説サイト 野いちごでは、ケータイ小説文庫スターツ出版文庫の他に、野いちご文庫単行本が出版されている。

関連項目編集

外部リンク編集