ステファン・ターノフスキー

ステファン・ターノフスキー(Stephen J. Turnovsky、1941年4月5日 - )は、ニュージーランドウェリントン生まれのアメリカ経済学者である。
専門は、ミクロ経済学マクロ経済学貨幣経済学、国際金融論、成長理論計量経済学である。

 ステファン・ターノフスキー
 ニューケインズ経済学
生誕 (1941-04-05) 1941年4月5日(80歳)
ニュージーランドウェリントン
国籍 ニュージーランドの旗 ニュージーランド
研究機関 オーストラリア国立大学
イリノイ大学
ワシントン大学
研究分野 ミクロ経済学マクロ経済学、貨幣経済学、国際金融論、成長理論計量経済学
母校 ヴィクトリア大学ウェリントン (B.A., M.A.)
ハーヴァード大学 (Ph.D.)
テンプレートを表示

略歴編集

栄誉・受賞編集

  • 1976年〜現在 - オーストラリア社会科学アカデミーのフェロー
  • 1981年〜現在 - 計量経済学会のフェロー
  • 1982年〜1984年 - 経済動学およびコントロール学会の会長
  • 1994年と1995年 - 国際経済金融学会の会長
  • 2004年〜2006年 - コンピュータ経済学会の会長

学会編集

  • 1964年〜現在 - アメリカ経済学会
  • 1966年〜現在 - 計量経済学会
  • 1970年〜1987年 - アメリカ統計学会
  • 1971年〜現在 - カナダ経済学会
  • 1972年〜2010年 - オーストラリア・ニュージーランド経済学会
  • 1973年〜1980年 - オーストラリア統計学会
  • 1973年〜現在 - 王立経済学会
  • 1979年〜現在 - 経済動学およびコントロール学会
  • 1997年〜現在 - コンピュータ経済学会

著作編集

日本語訳編集

  • エドヴィン・ブルマイスター、A・ロドニー・ドベル著『テキストブック現代経済成長理論』、勁草書房、1967年(第10章.ターンパイク定理と有効経済成長、ステファン・J・ターノフスキー稿)
  • ステファン・ターノフスキー『マクロ経済分析と安定性』、石弘光油井雄二共訳、マグロウヒル好学社、1980年
  • 野口悠紀雄・マルチェロ・ビアンコーニほか『比較・日米マクロ経済政策』(シリーズ・現代経済研究)、日本経済新聞社、1996年

原著編集

著書編集

  • The Inflationary Process in North American Manufacturing, Prices and Incomes Commission, Ottawa, 1973, pp. 260, (with L. D. Taylor and T. A. Wilson).
  • Macroeconomic Analysis and Stabilization Policy. Cambridge University Press, Cambridge (1977), pp. 390.
  • International Macroeconomic Stabilization Policy, Basil Blackwell, Oxford, 1990, pp.390.
  • Methods of Macroeconomic Dynamics, MIT Press, Cambridge MA, 1995, pp.535; 2nd Edition 2000, pp. 670.
  • International Macroeconomic Dynamics, MIT Press, 1997, pp. 490.
  • Capital Accumulation and Economic Growth in a Small Open Economy, Cambridge University Press 2009, pp. 241.

共編著編集

  • Applications of Control Theory to Economic Analysis (ed.), North-Holland in "Contributions Series," 1977, pp. 363 (with J. D. Pitchford).
  • Advances in Economic Theory and Econometrics: Eighth World Congress Econometric Society, (ed.) Cambridge University Press, 2002, 3 volumes (with M. Dewatripont, and L. Hansen).
  • Growth and Inequality: Issues and Policy Implications (ed.) MIT Press, Cambridge MA, 2003, (with T. Eicher).
  • Economic Growth and Macroeconomic Dynamics: Some Recent Developments (ed.) Cambridge University Press, 2004, (with S. Dowrick, and R. Pitchford).

書評編集