メインメニューを開く

スバル・オブ・インディアナ・オートモーティブ

スバル・オブ・インディアナ・オートモーティブ・インクSubaru of Indiana Automotive, Inc.)はSUBARU(旧・富士重工業)の子会社で、北米における現地生産拠点である。所在地は、インディアナ州ラファイエット

概要編集

1987年3月17日、いすゞとの合弁によりスバルイスズ・オートモーティブ (Subaru-Isuzu Automotive, Inc.) として創立されたが、2003年1月1日にいすゞが資本撤退し合弁解消。富士重工業100%出資の子会社となった(同時にいすゞ車生産委託契約開始。2004年生産委託終了)。同年1月2日、所在地がインディアナ州であったため、名称はスバル・オブ・インディアナ・オートモーティブ(Subaru of Indiana Automotive, Inc.)へと変更された。なお、略称はどちらも「SIA」である[1]

北米ならびに韓国向けのインプレッサレガシィアウトバック。その他、2005年に調印された富士重工業とトヨタ自動車の提携により、2007年からはトヨタの北米主力車も生産されている。カムリの生産は2007年には3万 - 4万台程度の見込みであり、将来的には年産10万台規模となる予定である。2016年秋にカムリの受託生産を終了した。

生産車種編集

脚注編集

外部リンク編集