スパイス・ミル

スパイス・ミル (spice mill) は、胡麻胡椒ナツメグ岩塩などのスパイス香辛料を粉砕するための道具である。もっとも香りが立つよう、調理や食卓で使用する直前に、手軽に香辛料を粉砕するために作られた器具で、ハンドルまたは円筒形のボディーの上部を回転させて使う手動の物が多いが、モーターが組み込まれた電動式のものもある。

かつては、木製またはガラス製で、刃、ハンドル、回転軸などが金属の物が多かったが、今はアクリルなどのプラスチック製で、刃にセラミックを使った物が多い。

スパイスミルの目的編集

一般に香辛料は、粉に挽かれたものが、振り出すのに便利なように中蓋に穴が開けられている小瓶に密封されて売られていることが多い。しかしこの状態では、スパイスの命である香りが飛びやすい。そこで、使うたびに、器具を使って挽けば、いつも挽きたてのスパイスで、香り豊かな料理を愉しむことができる。

スパイス・ミルの種類編集

  • ごますり器胡麻をするためのもので、電動式のものもある。
  • ペパー・ミル:胡椒を挽くためのもの。粒の大きさが胡椒に近い山椒を挽くこともできる。
  • ナツメグおろし:ナツメグは粒が大きいため、専用の器具がある。
  • ソルト・ミル:岩塩を挽くためのもの。

現在では使い捨ての、ミル付きスパイスも多く出ており、塩胡椒や、ステーキ・ミックスなどと言うものもある。

関連項目編集