メインメニューを開く

スパルタン 〜古代ギリシャ英雄伝〜

スパルタン 〜古代ギリシャ英雄伝〜』は、イギリスクリエイティブ・アッセンブリーが開発し、2006年8月31日にセガ(後のセガゲームス)から発売されたPlayStation 2用ソフトである。なお、海外ではXbox版とニンテンドーゲームキューブ版も出ている。

スパルタン 〜古代ギリシャ英雄伝〜
Spartan: Total Warrior
ジャンル アクション
対応機種 PlayStation 2
開発元 クリエイティブ・アッセンブリー
発売元 セガ(後のセガゲームス
人数 1人
発売日 2006年8月31日(日本)
対象年齢 ESRB: Mature (M)
BBFC: 15
CERO: D
テンプレートを表示

あらすじ編集

紀元前300年、ヨーロッパ。幼少期に古代都市スパルタに置き去りにされた無名のスパルタ人、スパルタンは兵士の訓練所で育った。カストルポルックスの双子と友人になり、偉大なる王、レオニダスに導かれたスパルタンは、恐れを知らぬ戦士として、軍に加わる価値があることを瞬く間に証明した。

時のローマ皇帝、ティベリウス率いる帝国軍はその勢いを次々と拡げていき、アテネを始めとする多くの都市を制圧し、ギリシア全体が掌握されるのはもはや時間の問題だった。そんな中、スパルタはレオニダス王の下、決死の抵抗を続けていた。おびただしい数の兵士が命を落とし、都市は完全に包囲されていた。スパルタンはカストルとポルックスとともに、スパルタの勝利を信じて前線部隊への参加を志願したのだった。(付属説明書から引用)

概要編集

主人公スパルタンを操作して仲間とともにローマ軍と戦う。ステージは章形式で進み、ステージごとに中継点がいくつもあり、たとえ失敗しても直前に通った中継点から何度でもリベンジ可能となっている。ステージごとに隠された隠しアイテムを収集するやり込み要素も存在する。

自分VS大軍の構図はコーエーの無双シリーズを彷彿とさせるものの、それと大きく違う点はNPCのAIがとても優秀で、自分が見ていないところでもNPCキャラクター同士が協力して敵と戦っている姿を眺めることができる。敵キャラクターもこちらが闇雲に攻撃すれば倒せるというものではなく、正面からの攻撃は盾で防いで知らぬ間に他の兵士が自分の後ろに回り込んで挟撃されたなど、敵も味方も協力しあって戦っている。自分が危機的状況に陥れば仲間が援護しに走ってくるなど仲間の存在が重要で、大軍VS大軍で戦っている実感が必然的に沸いている。

クリア目標が一つであっても進行中に新たなるサブミッションが発動し、「門を開いて援軍を入れろ」などクリアしなくても良いがクリアすれば自軍が有利になるような内容が多い。また、敵はローマ軍兵士だけではなく、タロスの巨人像やメデューサミノタウロスギガンテスなどファンタジー的要素が登場する。

キャラクター編集

スパルタン
声 - 神奈延年
本作の主人公。軍神アレスから度々啓示をうける。武器は盾と剣、メデューサの盾、槍、ハンマー、双剣が使える。魔力を消費することで各武器に対応する必殺技を使うことが出来る。
カストル
声 - 稲田徹
スパルタンの相棒で、槍を扱う。どんなときにも常に行動を共にする。冷静沈着で勇猛。
ポルックス
声 - 川津泰彦
兄のカストルとは違い猪突猛進だが、仲間とともに戦かえることを心から喜んでいる。盾と剣を扱う。
エレクトラ
声 - 進藤尚美
女性。双剣の使い手でローマに滅ぼされたアマゾネスの王女。国民を守るために自ら犠牲になってローマに捕らわれた。
レオニダス
声 - 今村直樹
スパルタ軍の王。兵士、国民からも絶大な信頼を集めている。数々の戦場を駆け巡った歴戦の勇者だが、大国ローマの前には防戦一方となってしまった。
クラッスス
声 - 高塚正也
石化光線発射装置「メデューサタワー」を完成させ、スパルタ軍を苦しめる。
ティベリウス
声 - 寺本勲
ローマ皇帝。次々と勢力を拡大させ数多くのギリシャ都市を陥落させた。
セイヤヌス
声 - 草尾毅
黒魔術を操るローマの親衛隊長官。
メデューサ
瞳を見たものは石になるという特性を利用させられて、クラッススに反射板のような装置を使われて広範囲に石化光線を照射させるための兵器となってしまった。
ミノタウロス
元はローマ軍が監獄に閉じ込めていたが自力で逃げ出し、スパルタ軍のみならずローマ軍をもパニックに陥れた。
ベオウルフ
声 - 福原耕平
バーバリアンの王。スパルタンが取得できる武器の一つである「トールの鉄槌」を持っている。
ギガンテス
バーバリアンのペットとして近隣地帯を襲う怪物。
アルキメデス
声 - 矢田耕司
各ステージに隠されているアルキメデスの日誌には、時代の説明などがいろいろと書いてある。

外部リンク編集