スピードシグナル(speed signal)は、アメリカ合衆国で考えだされた鉄道における運転保安の概念である。 

概説編集

運転士に通知される情報は、先の進路について運転しても良い最高速度である。速度制限がかかる原因としては次のようなものがある。

これらの情報は全て速度制限として運転士に通知される。運転士は指示された速度で運転していれば安全が確保されるが、具体的にどのような理由で制限を受けているかを知る事はできない。

日本では自動列車制御装置(ATC)が、この概念により設計されている。

関連項目編集