メインメニューを開く

最高速度

法令による車両の最高速度制限

最高速度(さいこうそくど)とは法令の下で、道路車両が超えて進行してはならないとされる速度。制限速度規制速度とも言う。

世界各国の道路の最高速度の最大値。左側の標識はキロメートル毎時 (km/h)、右側の標識はマイル毎時 (mph)である。

目次

概要編集

事故の件数と被害の大きさは車両の速度を増すに従い大きくなる傾向になると指摘されている[1]。また、衝突発生時の運動エネルギーは速度の2乗に比例し、高速走行ほど事故が重大になりやすい[2]。こうした中で交通安全の確保を目的として最高速度規制の必要性とされている[2]。 また、最高速度の規制によって走行速度のばらつきを小さくして交通流を均一にさせることができると考えられている[2]。更には、騒音などの交通公害を抑制し、沿道環境の保全をはかることも最高速度規制の狙いとなる[2]

最高速度には「絶対最高制限速度 (absolute speed limit)」と「一応の制限速度(英語版:prima facie speed limit)」の2種類の制度がある[1][3]。「絶対最高制限速度」とは指定の速度を超過すれば理由・状況を問わず違反とされるもので、「一応の制限速度」が採用されている国では指定の速度を超過すれば法によって一応は違反ではあるが自分の走行速度が安全なものであると立証できれば違反とならないものである[3]

世界の最高速度編集

道路の最高速度は通常、国または地方政府が法令によって定める。世界で最も早い最高速度は160キロメートル毎時(以下 km/h と表記する)でありアラブ首長国連邦の高速道路に設定されている[4]

ドイツ高速道路アウトバーン)は速度無制限となっているが、混雑が多い区間や勾配がある区間では、100 - 130 km/hの速度制限がなされている。近年では速度無制限区間は減少傾向にあり、アウトバーン全体の50 %に留まる。また、マン島では唯一、非市街地の一般道路での制限速度が設けられていない。

ほとんどの国で最高速度にキロメートル毎時 (km/h) が使用されているが、主にアメリカ合衆国イギリスではマイル毎時 (mph) が使用される。

日本の法令編集

 
日本の最高速度標識

ここでは日本道路において、法令の下で車両などが出すことのできる最高の速度について説明する。括弧内は標識の番号である。

通則編集

車両などは、その種類に応じて次に示す最高速度を超えて進行してはならない。すなわち、最高速度と同じ速度ならば進行しても良いが、1 km/hであっても最高速度より高い速度で進行してはいけない。追い越しをする際などに一時的に越える場合でも許されない。

以下、「最高速度」の道路標識 (323) や道路標示 (105) によって最高速度が指定されている区間を、単に最高速度が指定されている区間という。また、その指定されている最高速度は法的には指定最高速度という[5]が、一般的な規制速度という言葉は特にこのことを指す。

  1. 車両(2 - 4号に挙げる車両を除く)
    • 最高速度が指定されている区間では、その速度(指定最高速度。以下同)
    • 指定されていない区間では、政令で定める最高速度(法定最高速度。以下同)
  2. 原動機付自転車、故障車などを牽引している車両、125cc以下の自動二輪車の通常牽引(牽引側・被牽引側ともに規定構造装置具備の場合をいう。以下同)
    • 最高速度が指定されている区間であっても、その速度が法定最高速度を超える速度である場合には、(法令上は指定されていないことになるので、)法定最高速度。指定最高速度が法定最高速度以下の場合には、指定最高速度。
    • 指定されていない区間では、法定最高速度。
  3. 緊急自動車
    • 最高速度が指定されている区間であっても、その速度が法定最高速度未満の速度である場合には、(標識令上は指定されていないことになるので、)法定最高速度。指定最高速度が法定最高速度以上の場合には、指定最高速度。
    • 指定されていない区間では、法定最高速度。
  4. 路面電車トロリーバス
    • 最高速度が指定されている区間であっても、その速度が軌道法で定める最高速度を超える速度である場合には、軌道法で定める最高速度。指定最高速度が軌道法で定める最高速度以下の場合には、指定最高速度。
    • 指定されていない区間では、軌道法で定める最高速度。

また、最高速度に違反するスピード違反車両などを取り締まる場合における緊急自動車には、最高速度に関する規定は一切適用されず、制限なしとなる。自動車警ら隊パトカー高速道路交通警察隊交通機動隊の高速パトカーなどによる取り締まりの場合がこれに該当する。

この他にも、同様に速度を制限する規制に徐行が存在するが、あくまで車両等がただちに停止することができるような速度を指し、具体的な速度は示されていない[6]

法定最高速度編集

法定最高速度(法定速度)は、次の区分に従い次のとおりとなる。ここで、本線車道とは、高速自動車国道または自動車専用道路の本線車線により構成する車道をいう。

  1. 高速自動車国道の本線車道のうち、対面通行でない区間
  2. 上記以外の道路
    具体的には、一般道路、自動車専用道路、高速自動車国道の本線車道のうち対面通行の区間(暫定2車線の非分離区間等)や登坂車線
    • 80 km/h(緊急自動車)
    • 60 km/h(自動車、自動二輪車)
    • 30 km/h(原動機付自転車)
  3. 特例(故障車等をけん引する場合、及び125cc以下の自動二輪車または原動機付自転車の通常けん引または故障車等けん引)
    • 40 km/h(被けん引側が車両総重量2トン以下で、けん引側が車両総重量で被けん引側の3倍以上の自動車(125 cc以下の自動二輪車以外)の場合)
    • 30 km/h(前号および次号以外)
    • 25 km/h(125 cc以下の自動二輪車または原動機付自転車の通常けん引または故障車等けん引)

なお、大型乗用自動車および中型乗用自動車のうち後部座席にシートベルトが装備されていない旅客運送事業に供する自動車(保安基準の緩和された路線バスなど)は、上記の道路交通法の規定の適用による最高速度と、60 km/hの、いずれか低い方の速度を最高速度として運行するよう指導されている。[注釈 4]

新たな速度規制基準の検討編集

この項目では、#最高速度の決め方(一般道)節で使用される、2009年改定の速度規制基準の検討過程について記述する。

高い評価を得ていた旧速度決定方法編集

一般道路の幹線道路(注1)では、最高速度の制限は多くの場合60,50,又は40 km/hに設定されています。この最高速度の制限についてどのように思いますか。
(注1)片側2車線以上(4車線以上)の道路で両側に歩道があり、主として 通過交通に利用されている道路。(2006年)[7]

  制限が厳しいところが多い (23.6%)
  制限が厳しいところや穏やかなところがあるがおおむね適当である (45.5%)
  適当である (25.2%)
  制限が緩やかなところが多い (1.6%)
  わからない (3.3%)
  その他 (0.5%)
  無回答 (0.3%)

かつては最高速度は1979年に出された規制速度算出要領によって決められていた。これは、住宅や店舗が道路沿いにあるかなどで区分された算出表を用いて、車線数・車線幅や交差点の数、中央分離帯の有り無しをポイント化し、それを足した合計を四捨五入する形で決められていた。この規制速度算出要領は合理的な基準であったが、車線数によるポイントが大きいため、郊外の2車線(片側一車線)道路は安全な区間でもほぼ全て50 km/hが指定されることになり、逆に歩行者の保護が必要な道路では危険な速度が指定されることもあった。(とは言え、当時は法定速度が高速車 (60 km/h) と大型貨物等の中速車 (50 km/h) で異なっていたことにも留意する必要がある)

その後、中速車の区分が廃止されると同時に、1992年から[8]規制速度決定手法に関する調査研究(平成元年度)で決定された標準規制速度算出表を基に道路構造、設計速度、交通の状況、交通事故の発生状況、沿道環境等の諸条件を総合的に勘案し、決定することになった。この基準によって、特に最高速度50 km/hが指定されていたような2車線道路で最高速度の引き上げが行われると同時に、事故防止や歩行者の保護などの理由で引き下げも行われた[9]

こうして決定されていた最高速度は道路や交通の実態に適しており、2006年の調査で運転免許所持者の7割以上が「適当」「おおむね適当」と回答するなど、高い評価を得ていた[10]

このように、日本の道路には「速すぎず、遅すぎない」適切な最高速度が設定されていたが、法定最高速度の上限[注釈 5]60 km/hは1960年(昭和35年)から変更されておらず、さらに最後の規制速度を決定した調査から(2006年度時点で)17年も経過しており、その間に道路状況は変化しているため新たな速度規制基準として設定することが求められた[11]

新しい規制速度の検討編集

実勢速度の調査と85パーセンタイル速度の導入編集

新たな規制速度の検討にあたって、85パーセンタイル速度を使用し検討することになった。これは天候や他の交通の影響を受けない場合に85パーセントの自動車が超過しない速度、すなわち100台の自動車が通過した場合速度が低い方から数えて85台目(高い方から数えて16台目)の自動車の走る速度であり、多くのドライバーにとって合理的で、速度制限の適切な基準であり、欧米では規制速度検討時の指標として利用されることが多い。

そこで、実勢速度を基にした速度規制を行うため、平成19年度に全国447地点で実勢速度の測定を行った。この速度データをもとに「市街地・非市街地」「車線数」「中央分離有無」「歩行者交通量」を変数とした数量化I類モデルを作成した。

実測値を基にした数量化I類による実勢速度の計算結果(85パーセンタイル速度)
アイテム カテゴリー カテゴリー係数

(回帰係数)

市街地・非市街地 X1 市街地 a1 -3.54
X2 非市街地 a2 2.73
車線数 X3 2車線 a3 -3.55
X4 4車線以上 a4 3.34
歩行者交通量 X5 多い a5 -3.86
X6 少ない a6 1.28
中央分離の有無 X7 中央分離あり a7 0.15
X8 なし a8 -0.10
定数項 62.89

計算の結果、モデル式が目的変数をどの程度説明できるかを表す重相関係数の2乗の値は0.2265であった。この数量化I類モデルを利用し、すべての要素と定数項を足し合わせて実勢速度を推定したのち、2008年(平成20年)に再び全国509地点の速度データから実測速度とモデル推定速度の適合度を検証したところ、乖離は最大で4.9 km/hであり、若干の乖離があるものの実測値とほぼ等しい結果が得られた。このモデル推定速度を使用して規制速度を検討する。

基準速度の設定編集

一般道路の法定速度の引き上げについて(2006年)[7]

  制限速度を上げる (16.4%)
  今のままでよい (77.2%)
  制限速度を下げる (2.6%)
  わからない (3.3%)
  無回答 (0.5%)

しかしながら、実勢速度は一般運転者が道路の状態や経験などから選択した速度によるもので、運転者によって視覚的に認識された危険性のみによって決定されている。そのため、非市街地でも住居が存在することを考えると、日本でドライバー本位の速度である実勢速度をそのまま規制速度としてしまうと交通事故が増加する恐れがあるため、交通事故抑制の観点から実勢速度である85パーセンタイル速度よりも低い速度制限を設ける必要がある[12][13]。 そこで新たな全国一律の規制速度の基準となる速度として「基準速度」が導入されることになった。

基準速度の決定にあたって市街地、中央分離施設の設置されていない区間では事故の危険が高いことや、歩行者保護の観点を考慮したうえで85パーセンタイル速度を補正し10 km/h単位で設定されている。

ただし、日本の一般道路の多くは走行速度60 km/hを目標とした設計が行われているため、基準速度の上限は60 km/hに設定された。なお、法定速度 (60 km/h) については免許所持者に対する調査でも77.2 %が「今のままでよい」と回答している[7]

規制速度の決定においては、現場の状況に応じてこの基準速度を最大限尊重しつつ、原則10 km/hの範囲で補正を行い最高速度を決定する。ただし、後述するように基準速度60 km/hについては警察庁は上方補正を原則として行わないとしている。

トラフィック機能に特化した道路編集

最高速度の設定には区分ごとの実勢速度を基にして決定された基準速度を用いる。しかしながら、平成19年度(2007年)調査では、85パーセンタイル速度が80 km/hを超えるような道路が存在しており、これは基準速度の決定に使用された実勢速度を大きく上回っている。このような道路の中には道路構造の水準が高く、走行上の危険因子が少ない自動車の走行性を重視した道路が存在した。そのため、基準速度±10 km/hの範囲で設定した場合、道路の実態からかけ離れた速度が指定される可能性がある。

地域高規格道路宇都宮北道路では、2005年(平成17年)11月から主要区間の最高速度が60 km/hから80 km/hに引き上げられており、このような事例に基づき、歩行者が極端に少なかったり、道路の見通しが良いなど安全が確保される区間においては、基準速度の補正範囲内にとらわれることなく、個別に60 km/hを越える速度の指定を検討する。

トラフィック機能に特化した道路の特徴[13]
分類 特徴
道路構造
  • 立体交差(他道路との交差がない)
  • 沿道からの出入が制限されている
    (あるいは出入箇所が極めて少ない)
  • 一定の区間長を有する
  • 交差点間隔が長い
  • 道路線形が良い(直線に近い)
  • 視距が良い(見通しが良い) 等
交通特性
  • 歩行者、自転車、原付の通行が規制されている
    (あるいは通行量が極めて少ない) 等

※ 一例であり、トラフィック機能特化道路の絶対条件ではない。

後述するように、実際の規制における定義とは異なる点に注意されたい。

生活道路編集

 
速度の低下を目的として設置されている狭窄(狭さく)

ブレーキを踏んだ際の停止距離は速度が大きくなるほど伸びる他、歩行者・自転車と自動車との接触時の速度が30 km/hを超えると急激に死亡率が高まるとされる。したがって生活道路では30 km/h以下の最高速度を設定することとした[13]

同時に大型自動車通行止め規制や、速度の低下を目的として舗装を盛り上げて凸型にするハンプ、車道を屈折させるクランク、車道部分を狭くする狭窄(狭さく)や車道を蛇行させるスラロームを設置したり、中央線の抹消や路側帯の設置、防護柵を設置する取り組みが行われている[14]

規制速度の決定編集

 
見通しが良く、速度が出やすい道路の例
免許所持者の根強い反対にもかかわらず、新しい速度基準では一般道でも補正の範囲内で70 km/h、場合によってはそれ以上の最高速度が指定される可能性があった。しかし、最終的にはこのような道路では60 km/hを超える速度は指定しないと決定された。

警察庁は2009年10月29日に通達を出し、規格の高い一般道路(中央分離帯があり、立体交差化された第3種1級や2級道路)については標識により法定速度 (60 km/h) を超える80 km/hまでの設定を認め、その他の一般道路についても実勢速度を基に40 - 60 km/hの基準速度を定め、個別の状況に応じて原則として基準速度から±10 km/hの範囲で各都道府県の公安委員会が規制速度を設定するという方針を伝達した[15]

なお、調査により作成された規制速度決定方法をそのまま導入したわけではなく、以下のような差異が見られる[16]

  • 「自動車の通行機能を重視した構造の道路」は原則として上下線分離や立体交差が必要条件となった。
  • 「自動車の通行機能を重視した構造の道路」かつ「安全が確保された道路」の最高速度は70 km/h以上を原則とするとした一方、そのような道路でも原則として80 km/hを超える速度は指定しないとした。
  • 一般道の基準速度の上限は最大60 km/hとしていたが、新たに補正にも上限が加わり、基準速度60 km/hの道路の上方補正は安全な区間であっても原則行わず、70 km/h以上の最高速度は指定しないとした。(「自動車の通行機能を重視した構造の道路」を除く)
  • 生活道路では30 km/h「以下」としていたが、原則として30 km/h未満の速度は指定しないとした(20 km/hは例外)。

特に、基準速度60 km/hの道路は原則として70 km/hへの上方補正を行わないとした他、「自動車の通行機能を重視した構造の道路」についても「一般道路のうち、道路構造の水準が高く、走行上の危険因子が少ない自動車の走行性を重視した道路」と定義しているものの、指定には原則として上下線分離や立体交差が必要となったため、車道を横断する交通が存在する交差点や脇道がある区間は無条件で60 km/h以下となり、一般道での70 km/h以上の指定は極めて限定されることになった。しかし一般道において70 km/h以上の最高速度を指定することについては免許所持者にも慎重な意見が多く、一般道の法定速度 (60 km/h) について「今のままでよい」と「制限速度を下げる」を合わせるとおよそ8割にも上る他、道路の現在の規制速度を引き上げることについても、生活道路・幹線道路共に反対が賛成を上回っており[7]、多くの運転者の意識にも適合する変更である。

 
ゾーン30の区域を示す標識

生活道路については原則30 km/hに設定する方針を定めた[17]ことにより、多くの生活道路の最高速度が引き下げられた一方で、最高速度20 km/h規制は原則として指定しないことになり[16]、最高速度20 km/hの区間は減りつつある。

この通達により40 km/hや50 km/hの道路が法定速度 (60 km/h) に引き上げられたり、バイパスなどの地域高規格道路では80 km/hや70 km/hに引き上げられるケースも出た。同時に歩行者保護のため、ゾーン30規制を行うなど多数の道路で速度の引き下げを行っている。

最高速度の決め方(一般道)編集

一般道編集

 
実勢速度を基にした一般道の最高速度の設定[13]
日本の最高速度の決定には実勢速度(85パーセンタイル速度)を使用している。ただし、ドライバー本位の速度である実勢速度で走行することは危険であるから、交通事故抑制を考慮した実勢速度より低い「基準速度」を設定し、必要であれば原則10 km/hの範囲で補正を行い最高速度が決定される。
  • 一般道(生活道路及び自動車の通行機能を重視した構造の道路を除く。)
  1. 下記の基準速度一覧表より、道路に合致する基準速度を決定する。
    一般道においては実勢速度(85パーセンタイル速度)を基に規制速度を検討している。ただし、実勢速度は一般運転手によって決定されたドライバー本位の速度であり、このような速度を規制速度としてしまうと交通事故が増加する危険性がある。
    そのため、事故の危険性が懸念される実勢速度より低い速度で走行するよう、道路の区分ごとに実勢速度を推定した上で、歩行者等の保護など交通事故抑制の観点を考慮して、実勢速度を引き下げて決定された基準速度を導入している。ただし、日本の一般道路の多くは走行速度60 km/hを目標とした設計が行われているとして、基準速度の上限は60 km/hに設定された。
  2. 表から決定した基準速度を最大限尊重しつつ、補正要因の例示を参考にして原則として±10 km/hの範囲で補正を行い、規制速度を決定する。なお、表の要素以外による補正も可能である。
  • 生活道路は原則30 km/hとする。(原則であり、ここから補正を行うわけではない)
  • 「自動車の通行機能を重視した構造の道路」かつ「安全が確保された道路」については原則70 km/hまたは80 km/hとする。

ただし、基準速度60 km/hについては警察庁は原則として70 km/hへの上方補正を行わないとしている[16]


一般道路の基準速度[17][13][16]
区分 地域 車線数 中央分離 歩行者交通量 85パーセン
タイル速度[18]
基準速度 基準速度の決定時に考慮した要因
(実勢速度からの引き下げの理由)
1 市街地 2車線 -
[注 1]
多い 51.9 km/h 40 km/h 市街地,歩行者
2 少ない 57.1 km/h 50 km/h 市街地
3 4車線以上 あり 多い 59.0 km/h 50 km/h 市街地,歩行者
4 少ない 64.1 km/h 60 km/h 市街地
5 なし 多い 58.7 km/h 50 km/h 市街地,歩行者,中央分離
6 少ない 63.9 km/h 50 km/h 市街地,中央分離
7 非市街地 2車線 -
[注 1]
多い 58.2 km/h 50 km/h 歩行者
8 少ない 63.3 km/h 60 km/h 基準速度の上限値
9 4車線以上 あり 多い 65.3 km/h 60 km/h 歩行者
10 少ない 70.4 km/h 60 km/h 基準速度の上限値
11 なし 多い 65.0 km/h 50 km/h 歩行者,中央分離
12 少ない 70.1 km/h 60 km/h 中央分離
(参考)
生活道路
主として地域住民の日常生活に利用される道路で
自動車の通行よりも歩行者・自転車の安全確保が
優先されるべき道路
30 km/h
(原則)
ただし、例えば
  • 高齢者の歩行者等の割合が高く
    車両との衝突時の被害軽減を特に図る必要がある道路
  • 通学路のうち特に必要がある道路
  • 地域住民から強い要望がある道路
  • 通行止め規制を実施したいが
    やむを得ない事情により自動車の通行を制限できない道路

等においては、個別の道路交通環境の実態を踏まえつつ
20 km/hを指定することができる。[19][20]

  • また、徐行は更に低速の規制と考えることもできる。
(参考)
自動車の通行機能を重視した構造の道路
一般道(高速自動車国道および自動車専用道路を除く)で、原則として次のいずれにも該当する道路
  1. 設計速度が60 km/h以上
  2. 立体交差化
  3. 上下線分離
かつ安全が確保された道路[注 2]
70 km/h
または
80 km/h
(原則)
70 km/h以上の最高速度を指定する場合は
交通事故発生状況を考慮するとともに
原則として歩行者、軽車両及び原付[注釈 6]
通行止め規制を実施すること
  1. ^ a b 85パーセンタイル速度は「中央分離なし」として算出されているが、中央分離ありの道路では速度の検討は行われていないので、この基準速度は中央分離ありの道路にも適用される。
  2. ^ どの区間を「通行機能を重視した道路かつ安全が確保された道路」として扱うかは都道府県の公安委員会が決定するので、基準速度60 km/h±10 km/hまで考慮すると、50 km/hから80 km/hの範囲で指定できる。(基準速度50 km/hなら40 km/hから80 km/h)
  • 市街地:DID(人口集中地区)、非市街地:DID 以外
  • 車線数:上下線合計。3車線の場合は、2車線の基準速度に準じて設定する。
  • 中央分離:物理的施設(縁石、柵等)により判別。チャッターバーポストコーンによるものは「分離なし」とする。
  • 歩行者交通量:規制速度決定時点で最新の道路交通センサスのデータを使用する。
    なお、道路交通センサスのデータがない道路においては、実測によるものとし、新設道路においては道路交通環境が類似した道路の歩行者交通量を参考とする。
歩行者交通量多い
市街地 :701 人/12 h以上
非市街地:101 人/12 h以上
歩行者交通量少ない
市街地 :700 人/12 h以下
非市街地:100 人/12 h以下
規制速度設定時に基準速度を補正する主な要因[13]
観点 基準速度を下方補正するケース
(原則-10 km/hまで)
基準速度を上方補正するケース
(原則+10 km/hまで)
安全性の確保 交通事故が多い
重大事故の発生割合が高い
交通事故が少ない
重大事故の発生割合が低い
生活環境の保全 人家、商店が多い
通学路である
大気汚染、騒音に配慮する必要がある
人家、商店が少ない
通学路でない
道路構造 歩道が設置されていない
視距が確保されていない
道路線形が悪い
路肩が確保されていない
歩道が設置されている
視距が確保されている
道路線形が良好である
路肩が確保されている
沿道状況 沿道出入口が多い
交差点間隔が短い
沿道出入口が少ない
交差点間隔が長い
交通特性 大型車混入率が高い
歩行者・自転車が多い
実勢速度が低い
大型車混入率が低い
歩行者・自転車が少ない
実勢速度が高い
  • これ以外の要因による補正も否定されるものではなく、これ以外の要因[注釈 7]による補正も可。
  • 全ての要因に該当していなければ、補正してはならないものではない。

最高速度規制の見直し編集

旧基準での見直し編集

2009年に現在の速度規制基準へと改定される以前にも、1992年から規制速度決定手法に関する調査研究(平成元年度)に基づく速度規制の見直しが行われており、2003年(平成15年)から2007年(平成19年)に規制速度の見直しが行われた道路を調査したところ、引き上げが7割、引き下げが3割程度であった[9]

現行基準での見直し編集

2008年度末の40 km/hおよび50 km/hの規制総延長のうち、これまでの3回の見直しの対象となった合計(2016年度末)[21]

  見直し完了(引き上げ決定) (6.9%)
  見直し完了(現状維持) (19.4%)
  見直し対象外 (73.7%)

1回目 速度規制基準の改定に伴う見直し編集

速度規制基準が改定された2009年度(平成21年度)から新しい基準での速度の見直しが行われた[22]

  • 一般道

一般道は新しい基準でも引き続き60 km/hを上限とすることが決定されたため、40 km/hまたは50 km/hの規制が行われている道路を見直し対象とした。

2009年度(平成21年度)から2011年度(平成23年度)までの点検・見直しにより一般道の12,017 km(4,999区間)が検討対象となり、うち4,828 km(2,060区間)が引き上げられ、引き上げ率は40.2 %であった[21]

  • 生活道路

生活道路では30 km/hの区間規制や区域規制が広く行われた[23]

  • 自動車の通行機能を重視した構造の道路

設計速度60 km/h以上や立体交差化などの条件を満たす道路で、法定速度を超える70 km/hまたは80 km/hの指定が可能になったことに伴い、20区間 (169 km) が検討対象となり、2013年(平成25年)3月末時点で9区間 (79 km) で引き上げが行われ、引き上げ率は45.0 %であった[23]

2回目 片側2車線以上の道路での見直し編集

2012年度(平成24年度)から2013年度(平成25年度)は片側2車線以上(4車線以上)の道路における50 km/h以下の最高速度規制を重点に規制速度の見直しが行われ[24]、9,085 km(4,209区間)が検討対象となった。40 km/h以下の区間の中には、法定速度へは引き上げないものの50 km/hへ引き上げた区間もあり[23]、合わせて800 km(386区間)が引き上げられ、引上げ率は8.8 %であった[21]

3回目 交通事故抑止に資する取締り・速度規制等の在り方に関する提言を踏まえた見直し編集

2014年度(平成26年度)から2016年度(平成28年度)に、2013年(平成25年)12月の「交通事故抑止に資する取締り・速度規制等の在り方に関する提言」を踏まえ出された通達を基に速度の見直しが行われた[25]。現行規制速度と現在の基準である「交通規制基準」の基準速度との整合性を確認し、下方補正を行っている場合には、その合理性について判断した上で見直し対象路線とすることを検討するよう要請した他、提言を踏まえ実勢速度と乖離している道路での検討も要請した。

交通事故抑止に資する取締り・速度規制等の在り方に関する提言

一般道路については、40 km/h規制、50 km/h規制を中心に交通事故の発生状況等を勘案しつつ、実勢速度との乖離が大きい路線を優先的に見直しを行っていくべき。

また、運転者が視覚から得られる情報のみでは判断できない理由に基づき規制速度を下方補正している場合には、国民に周知する必要がある。

実勢速度との乖離による見直しは、規制速度40 km/hまたは50 km/hの路線のうち、次のいずれかの条件に当たるものから、交通事故発生状況等も勘案して、各都道府県警察が抽出。

  1. 規制速度と実勢速度(85パーセンタイル速度)がおおむね20 km/hを超えて乖離
  2. 車道・歩道が分離された道路で、規制速度と実勢速度がおおむね10 km/hを超えて乖離
  3. その他、現行の速度規制の見直しを検討する必要があるもの

また、この通達を基に生活道路での速度規制の引き下げも進められた。

この見直しでは19,337 km(8,006区間)が見直し対象になり、2017年(平成29年)3月末までに5,000 km(2,610区間)で引き上げが決定され、引き上げ率は25.9 %であり、現在の基準での見直しでは最多・最長となった。一方で、実勢速度との乖離が見られる路線を見直し対象としたにもかかわらず、「通学路である」、「道路線形が悪い」、「人家等が多い」等の理由から74.1 %が現状維持とされた。

また、この間に見直し対象路線以外の路線で、438区間 (758 km) の規制速度が引き上げられた[21]

これまでの3回の見直しの結果編集

現在の基準での3回の点検・見直しを合計すると、平成20年度末の40 km/h及び50 km/hの規制総延長80,219区間 (153,274 km) のうち、見直し対象となった路線 (40,438 km) は延べ約26 %、引上げ決定路線 (10,627 km) は延べ約7 %となった[21]

見直しにより現状維持とされた路線や、引き上げ後も実勢速度と規制速度の乖離が見られる路線については、道路への減速表示や取り締まりの強化等、更に実効性のある速度抑制を図る対策を推進する。

4回目 一般国道及び主要地方道の見直し編集

これまでの3回の見直しにより、条件を満たす道路では70 - 80 km/hの指定が行われ、片側2車線以上の道路では法定速度 (60 km/h) へ引き上げられるなど大きな成果を上げた。一方で、規制速度と実勢速度が乖離していた一般道でも、速度の引き上げにより乖離が縮小したが、各都道府県における点検対象路線の選定状況等を見ると、その取組度合に差異も見られた。そこで、今回は原則として全ての一般国道及び主要地方道を重点的な点検の対象とする。

次のいずれかに該当する区間を点検対象とする[26]

  1. 一般国道または主要地方道の規制速度が40 km/hまたは50 km/hである区間のうち、実勢速度が規制速度を10 km/h以上上回っている区間(これまでの3回の点検・見直しにおいて点検対象区間とされたものを除く)
  2. これまでの3回の最高速度規制の点検の取組において、警察として規制速度の引上げの可能性を積極的に検討していたが、住民等の理解が得られなかった等の理由により規制速度が現状維持とされた区間
  3. これら以外の区間のうち、各都道府県警察において点検の必要性を認めた区間

2017年度(平成29年度)末までに点検対象区間を抽出し、2020年度(令和2年度)末までに見直しが完了される。

規制見直しの事例編集

都道府県によっては速度規制の見直しが特に進んだところもあり[21]

  • 福岡県では2009年度(平成21年度)から2016年度(平成28年度)までに規制総延長(40 km/hおよび50 km/hの最高速度規制の延長の合計)5,973 kmのうち5,246 km (87.8 %) の見直しが完了しており、規制総延長のうち885 km (14.8 %) の道路で規制速度が引き上げられた。
  • 新潟県では同時期に規制総延長5,567 kmのうち2,592 km (46.6 %) で見直しが行われ、規制総延長のうち1153.8 km (20.7 %) の道路で引き上げが行われた。引き上げ率は全国一位である。

最高速度の決め方(高速道路)編集

高速道路高速自動車国道および自動車専用道路。以下同じ)では、実勢速度ではなく道路構造などから規制速度を決定する[13]

 
日本の高速道路の制限速度の決め方
高速道路の制限速度の決定には、以前のように設計速度ではなく、道路構造に適合する速度(構造適合速度)を使用するようになった。中間の道路構造はすぐ下の構造適合速度(60 km/h以上は20 km/h刻み)になる。規制速度は構造適合速度を目安に決定される。

2009年以前はインターチェンジ間単位の設計速度を基準として車線数やトンネル等の道路構造、交通量等の交通環境、安全施設の整備状況、交通事故発生状況などを勘案して決定されていた[11]。設計速度は道路構造令の規定であり、「天候が良好でかつ交通密度が低く、車両の走行条件が道路の構造的な条件のみに支配されている場合に、平均的な運転者が安全にしかも快適性を失わずに走行できる速度である」とされている。これは全ての車に当てはまるため、設計速度120 km/hの区間では、大型車でも120 km/hで安全に快適性を失わずに走行できる[27]。なお道路の幾何構造の要素には余裕を持たせているため、普通の運転者は線形等の条件が良ければ設計速度を超える速度で安全に走行することが可能であるとされている[28]

高速道路の80 km/h規制区間の実勢速度を調査したところ、100 km/h規制区間とほぼ同等の速度となっており、規制速度との大きな乖離が認められた。そこで、実勢速度と規制速度の乖離の要因を把握するために、設計速度80 km/hである中央自動車道の岐阜・長野県境~飯田ICでプローブカーによる追従走行を行い、実勢速度を調査したところ、道路構造条件の良い区間では規制速度を10 km/h~40 km/h程度上回っている実態が認められた他、道路条件が悪い区間では実勢速度が低下する傾向が見られ、運転手は構造条件に対して自律的に速度調整をしながら走行しているという結果が得られた。

走行速度は道路形状によって大きく影響を受けるが、以前の基準では設計速度を基準にインターチェンジ間単位で最高速度を決定していたため、道路構造の良い場所では実勢速度との乖離が見られた。そこで、道路構造条件に対応した規制速度を指定するために、従来の設計速度ではなく、速度規制に必要な道路構造のいくつかの要素について道路構造令の設計速度を逆引きした「構造適合速度」を規制速度を指定する際の目安とする[13]

本線車道編集

  1. 下記の項目の個別構造適合速度を個別に算出し、最小値をその地点の構造適合速度とする[16]。(下記#構造適合速度を参照)必須条件以外については道路構造令の特例値(地形の状況その他の特別の理由によりやむを得ない場合に採用する緩い基準)を採用している。曲線半径以外の必須条件には道路構造令に特例値が存在しないため、構造適合速度は設計速度と同等以上になる。半面、曲線半径は設計速度より最大で1段階(20 km/h)低くなる場合がある。
  2. 規制区間長を適用した「構造適合速度(統合)」の設定
    • 構造適合速度が低い区間が近接している場合に、低い区間に挟まれた高い区間を統合する。(下記#規制区間長の考え方を参照)
  3. 規制速度の決定
    • 「分離4車線以上」で「構造適合速度が100 km/h以上」の区間は原則100 km/hとする[16]
    • それ以外の区間では構造適合速度を最大限尊重しつつ、対象道路における現地状況を考慮して補正を行い、上限100 km/hの範囲内で10 km/h単位で規制速度を決定している[17][13]
      • 事故多発箇所
      • 渋滞多発箇所
      • その他要注意箇所(トンネル部・分合流部等)
      • 安全施設の整備状況(防護柵等)

道路構造令の規定は60 km/h以上では20 km/h刻みとなっており、道路設計の指標である道路構造令で規定されていない速度では構造適合速度を定義しなかったため、いずれかの要素が少しでも基準を下回った場合、構造適合速度は一気に20 km/h引き下げられることになる。ところが、最終的には10 km/h単位で決定するとされているため、20 km/h刻みの基準を用いて10 km/h単位の規制速度を決定するという不可解な決定方法となっている。しかしながら、そもそも高速道路では現場の裁量によるところが大きいため、細かく基準を設定する必要がなかったとも考えられる。ただし、高速道路の場合には構造適合速度が最高速度設定の上限という解釈をしているところもあるようである[29]


構造適合速度編集

規制速度を指定する際の目安とする速度[13]

  • 必須条件(道路構造令の値を採用)
    • 曲線半径・片勾配 (表参照) - 道路構造令第15条(曲線半径)の規定値算出に使用される曲線半径と片勾配の関係式[30]から設定
    • 視距 (表参照)
    • 合成勾配 (表参照)
  • 必要条件(道路構造令の特例値を採用)
    • 縦断勾配 (表参照)
  • 望ましい値(道路構造令の特例値を採用)
    • 車線幅員(3.5 m以上 120 km/h 3.5 m未満 80 km/h)(第1種第4級および第2種第2級の場合(基準を超えて確保された場合を除く)と、第2種第1級でやむを得ず縮小した場合に限り制限される)
    • 路肩幅員(1.75 m以上 120 km/h 1.75 m未満 80 km/h)(第2種の場合(基準を超えて確保された場合を除く)と、第1種第3,4級でやむを得ず縮小した場合に限り制限される)
  • 加減速車線長は、明確な規定は存在せず、「道路構造令の解説と運用」という解説書において標準値として示され、道路設計の際に参考にされている。加減速車線長は運用の幅が想定されるとして構造適合速度の要素に含めなかったが[13]、実際の運用で支障となる場合には最終的な規制速度の決定に影響を与えることもあるだろう。

ただし、構造適合速度や現地の状況にかかわらず警察庁は以下のような上限を設定している。

高速道路の最高速度の上限[17]
高速道路の車線 最高速度の上限
分離4車線以上 100 km/h
分離2車線 80 km/h
非分離2車線 簡易中央分離施設がある区間 70 km/h
上記以外の区間 60 km/h

これらの上限により、高速道路の対面通行暫定2車線)区間では、安全な区間であっても道路標識等によって最高速度70 km/hまたはそれ以下に指定される。暫定2車線でも、ワイヤーロープ式中央分離帯などにより対向車との衝突が防げる区間は最高80 km/hで指定される[31]。なお、非分離2車線区間に挟まれた分離4車線以上の区間長が3 kmに満たない場合は、その区間の前後の非分離2車線区間の規制速度(70 km/hまたはそれ以下の指定)と同じになる。

現実には規制速度が70 km/hの暫定2車線区間の実勢速度(85パーセンタイル速度)は100 km/h - 110 km/hの範囲であり[32]、規制速度との大きな乖離が見られる。しかし、暫定2車線区間は対向車との衝突による重大事故が懸念されるため、現在も70 km/hの上限は維持されている。

分離2車線の高速道路では、対向車との衝突による事故を防げるため安全であるが、最高速度は80 km/hまでに制限される。

規制区間長の考え方編集

 
高速道路の規制区間長の考え方(設計速度80 km/hの例)[13]
規制速度がインターチェンジ単位のような一律な規制とならないよう、速度の引き下げは最小限にする一方、ごく短い区間の引き上げ区間を統合する

速度規制は最小限にするべきであり、また、必要な場所に限って最高速度規制を行うことでドライバーに危険性を認知させることができる[13]。しかし、あまりに頻繁な最高速度の変更は交通に影響を与えるため、一般道では規制区間は最小限にしながらも、規制区間長に留意して最高速度が決定されている[16]

高速道路においては、構造適合速度が前後の区間より低い場合の規制区間長は、最高速度を引き下げる区間は可能な限り短い方が良いので、当該区間を安全に走行可能とするための必要最小限の区間長とする。しかしながら、構造適合速度が前後の区間より低い箇所が近接しており、構造適合速度が高い区間がおおむね3 - 5キロメートル未満の場合は、最高速度を引き上げてもすぐに引き下げになるような「低い区間に挟まれた高い区間」を統合し、挟まれた高い区間でも低い構造適合区間とする[13][16]。その後、現地状況を考慮して最高速度を決定する。

なお、規制区間を統合する場合の区間相互の間隔はおおむね3 - 5 km未満とする[16]が、インターチェンジ間隔等の現地状況に留意して定める[13]


90 km/hおよび110 km/h以上の最高速度の指定時の問題編集

高速自動車国道において90 km/hおよび110 km/h以上(自動車専用道路では100 km/hを含む)の最高速度を指定する場合には、大型貨物やけん引自動車等、高速道路での法定最高速度が80 km/hである車両に対して80 km/hの最高速度の指定を行う必要がある。これは原動機付自転車等のように「最高速度が指定されている区間であっても、その速度が法定最高速度を超える速度である場合には、法定最高速度」という規定がないため、仮に最高速度に90 km/hとだけ指定すると、法定最高速度100 km/hである車両のみならず、法定最高速度が80 km/hの車両も90 km/h制限となってしまうからである。

同様に自動車専用道路においては、80 km/hを超える最高速度を指定する場合は特定の車種に対する80 km/h規制および、必要ならば最低速度(原則50 km/h[33])の規制を行う必要がある。

制度上は現在も補助標識によって大型貨物等を指定から除外すれば、二種類の標識がなくとも90 km/hおよび110 km/h以上の指定は可能である。しかし悪天候時に80 km/hを下回る交通規制を行う必要のある道路では、逆に悪天候時に大型貨物等が規制から除外されてしまい、仮に50 km/hに最高速度を引き下げたとしてもそれらの車両の最高速度が80 km/hになってしまうため、補助標識にも可変標識が必要となってしまい、結局複雑な制御が必要になってしまう。実際のところ最高速度120 km/h試行区間では二種類の標識が設置されている。

余談であるが、1992年以前は原動機付自転車についてもこのような規定がなかったため、一般道においても40 km/h以上の最高速度を指定する場合には「高・中速車」等の補助標識によって「低速車」の区分であった原動機付自転車を指定から除外していた[34]

なお、最高速度90 km/hの指定は2013年現在行われていないが、90 km/hの指定自体は可能である[35]


高規格幹線道路などで一般国道自動車専用道路に指定されている区間(「A'路線」・「B路線」)で、高速自動車国道並の規格で作られている区間では、法定最高速度は60 km/hであるが「100(大型貨物等・三輪・けん引を除く)」「80(大型貨物等・三輪・けん引)」「50(最低速度)」の3つの規制標識が掲示され最高速度の引き上げが行われている(仙台東部道路東水戸道路など)。

なお、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の川島IC - 久喜白岡JCT間は、自動車専用道路(法定最高速度60 km/h)であるが最高速度100 km/hの標識のみ設置されているため、三輪や大型貨物等の最高速度も100 km/hとなっている。また、最低速度は適用されない。

本線車道以外編集

インターチェンジサービスエリア等の出入路については設計速度40 km/h以上となるよう要請した上で、原則として設計速度と同じ速度に設定している。ジャンクションについては、設計速度に加えて接続している各道路の規制速度を勘案して決定している[16]。 低速区間、料金徴収施設及び本線車道終点の手前の区間並びに特に減速させる必要がある区間の手前では、ドライバーに減速を適切に行わせるため、おおむね300メートルの区間ごとに10 km/h又は20 km/h差で段階的に低い最高速度を指定する[16]

高速道路等の最高速度引き上げの検討編集

高速道路の法定100 km/h制限について(2006年)[7]

  制限速度を上げる (24.7%)
  今のままでよい (66.5%)
  制限速度を下げる (3.6%)
  わからない (4.5%)
  無回答 (0.7%)

警察庁は、国土交通省の担当者や学識者らをメンバーに加えた「規制速度決定の在り方に関する調査研究検討委員会」において、高速道路等や一般道路の最高速度引き上げを2006年から3年がかりと長期間かけて検討を行った。高速道路等については道路構造令の「設計速度」や、それを参考にした規制速度の基準である「構造適合速度」では120 km/hが算出可能であり、さらにそれを上回る140 km/hでの運用を想定して建設された新東名高速道路の「最高速度140 km/h化」を静岡県は国などに要望している[36]が、100 km/hを上回る場合や速度差が40 km/hを超える(120 km/h規制の場合、法定最高速度で80 km/hが適応される自動車と40 km/h差になる)場合に事故発生確率が高くなる傾向にある他[13]、2006年(平成18年度)の調査で現状の法定最高速度の100 km/h制限について「今のままでよい」および「制限速度を下げる」との意見が約7割に達していることから、「上限を上げるにはさらなる検証が必要で、直ちに上げる必要はない」との方針が示され[37]、引き上げは見送られた。ただし、有識者として会議に出席した名古屋大学の中村英樹教授は制限速度引き上げに肯定的なコメントを出している。

高速道路の最高速度120 km/hへの引き上げ試行編集

その後、警察庁で行われた「交通事故抑止に資する取締り・速度規制等の在り方に関する懇談会」において、新東名高速道路を念頭に最高速度の120 km/hへの引き上げの検討を行うべきとの提言がなされたことを踏まえ、引き上げ試行区間の選定が行われた。

引き上げ検討区間の抽出として、

  • 自由流時の事故発生が現に少ない(事故の内容等も考慮)
  • 実勢速度が100 km/h以上で、かつ、極端に高くない
  • 自由流状態が一定割合以上
  • 一定距離の連続性の確保

を条件とした[38]

これらをもとに、2016年10月13日に警察庁が新東名高速道路の新静岡IC - 森掛川IC間 (50.5 km) と、東北自動車道花巻南IC - 盛岡南IC間 (30.6 km) のうち約27 kmのそれぞれ上下線において、試行的に最高速度を110 km/hに引き上げる社会実験を実施することを発表した。これらの区間はいずれも事故率が低いほか、設計速度が120 km/hであるため、設計速度が100 km/hや80 km/hの区間よりも構造適合速度が120 km/hの区間を比較的確保しやすい。2017年度にも実施され、1年以上をかけてデータ収集・分析が行われた上で、東名、新東名、東北道、常磐道、関越道、東関東道、九州道などの一部区間で引き上げを検討し、最高速度100 km/hとした交通規制基準の見直しを検討する[39][40]

東北自動車道と新東名高速道路の最高速度を110 km/hに引き上げている区間について、3月1日午前10時から120 km/hに引き上げると発表し、予定通り実施された[41]。1年以上は試行を継続し、他の路線や区間でも引き上げが可能か検討する[42]

最高速度設定の現状編集

中央自動車道(岐阜・長野県境 - 伊北IC)(設計速度80 km/h)において、仮に規制区間長5 kmとし、最高速度の上限を100 km/hとして構造適合速度(統合)を算出した場合

  • 上り線では、現行の規制速度と同一となる区間が全体の約22 %、引き上げ(主に100 km/h)対象となる区間が約78 %
  • 下り線では、現行の規制速度と同一となる区間が全体の約24 %、引き上げ(主に100 km/h)対象となる区間が約76 %

となる[43]

当該区間では全線80 km/hが指定されており、さらに、構造適合速度より低い70 km/hの区間も存在する。構造適合速度が100 km/h以上の区間でも80 km/hが指定されているなど、構造適合速度(統合)と現行の規制速度に乖離が生じている。しかし、構造適合速度(統合)の抽出の段階ではトンネルや分合流部等を考慮しておらず、これらは現場裁量により最終的な規制速度決定を行う領域となる。


阪神高速7号北神戸線は設計速度60 km/hであり、2010年12月2日までは設計速度と同じ全線60 km/hが指定されていたが、仮に規制区間長2 kmで構造適合速度(統合)を算出した場合

  • 上り線では、60 km/hとなる区間が全体の約19 %、80 km/hへの引き上げ対象となる区間が約81 %
  • 下り線では、60 km/hとなる区間が全体の約16 %、80 km/hへの引き上げ対象となる区間が約84 %

となる[43]

現在では最高速度60 km/hの西宮山口南 - 西宮山口JCT間を除き、構造適合速度が60 km/hおよび80 km/hのどちらの区間も設計速度より高い70 km/hが指定されているほか、布施畑西 - 箕谷間については構造適合速度が60 km/hの区間を含め80 km/hが指定されている。


都市高速道路の多くは騒音や振動などの理由[44]で道路標識等によって50 km/hまたは60 km/hに指定されることが多い[45]

一般道において法定最高速度である60 km/hの最高速度の指定は原則として行われない。ただし、次のような一般道路は、高速自動車国道と誤認されるおそれがあるので、最高速度60 km/hの道路標識が設置されることがある[16]

  1. 高速自動車国道等と接続している一般道路
  2. 供用されている区間内の一部に最高速度 60 km/hを超える規制が行われている一般道路

一般道路では、その道路に道路標識などが無くとも、地域を包括して最高速度を指定(「ゾーン30」や、「40 km/h市内全域」指定など)している場合もあり、その場合には、その地域に入る際にその旨を指定(すなわち、当該地域内の最高速度を指定)するような道路標識などが設置されている場合がある。このような道路標識などの設置は判例においても法的有効性が認められている。たとえば、○○において、最高速度「40」で補助標識に「市内全域」とあれば、例えば幹線道路等で最高速度「60」や「50」、または道幅の狭い道路で同「30」や「20」など、特別に最高速度が指定されている区間を除いた○○市内の公道はすべて最高速度が40 km/hとなる。

区域内は標識を設置しない場合には区域指定の最高速度が指定された状態となるため、個別に60 km/hを指定する場合には道路標識が必要である。

区域の入り口には原則として背板を用いた区域規制標識を左側の路端に設置する。なお、ゲート性をもたせるため、ゾーン入口の右側の路端にも併せて設置することができる。区域内標識については、補助標識「区域内(506の2)」を附置し、原則として背板を用いない[16]

原則として指定区域は市街地や住宅街とするが、道路および交通の状況から特に必要があると認められる地域も対象とすることができる。

なお、自転車を含む軽車両については法定速度が規定されていないことから、標識や標示によって最高速度(指定最高速度)が指定されていない区間においては、最高速度が無制限であるとする解釈も可能ではある(これを盾に取ったクイズも存在する)。

また、諸外国では、高速道路は110 km/h - 130 km/h、都市部・住宅地を除く一般道路は80 km/h - 100 km/hぐらいに制定されていることが多いのに対し、日本の最高速度(高速道路100 km/h〈指定された区間で120・80・70・60〉、一般道路60 km/h〈指定された区間でそれ未満〉)はこれに比べると非常に厳しい規制となっている。これは当時の道路事情(特に郊外の一般道路のほとんどが未舗装状態)などが影響しており、舗装道路が多い現在でも諸外国に比べて曲率半径が小さい箇所が多いことや勾配が急である箇所が多いことが原因となっている。その他、日本の道路は交通量が過密なことや道路の密度が高く信号や交差点が多いという事情もある。

速度の取り締まりについて当時の古屋圭司国家公安委員長が「歩行者が出てくる危険性もない道路で20キロ超過での取り締まりは疑問」「取り締まりのための取り締まりになっている」という趣旨の発言をした[46]ことを受けて警察庁生活道路での取り締まりを強化している[47]。また、#最高速度規制の見直し節で示したように、3回目の最高速度見直しにつながった。

特定の状況における最高速度編集

 
アメリカ合衆国の昼間と夜間で違う最高速度を示す標識(単位mph)昼間の速度標識には反射材が使用されていないため、暗くなるとヘッドライトの光で夜間の規制速度だけが浮かび上がる(フロリダキーズ国道1号線
 
オーストラリアの特定の曜日と時間帯に適用される最高速度標識

特定の条件下においては、その道路の最高速度とは異なる最高速度が指定されることがある。

時間帯や特定の期間での速度規制編集

道路交通状況により必要な場合は、昼夜別や時間帯、日曜、休日及び平日等に区分して速度の引き上げまたは引き下げを行うことができる。また、冬期における恒常的な路面の圧雪・凍結のある道路又は観光シーズンにおける交通量の増大等により特に必要がある道路について、期間を定めて規制することができる[16]

なお、異なる最高速度を指定する場合には原則として可変標識により運用することを求めている[16]

この他にも、警察署長は必要と認める場合に1箇月を超えない範囲であらゆる交通規制を行うことができる[48]

悪条件下での速度規制編集

最高速度が80 km/h以上の区間では、原則として可変標識を設置して天候不良時等の臨時交通規制を行うよう求めている[16]。法定速度(100 km/h)の高速自動車国道では通常、異常気象時に80 km/hおよび50 km/hの2種類の速度規制を実施している[49]

ただし、最高速度が80 km/hの区間については、道路線形、高機能舗装の施工状況、交通事故発生状況、気象条件等を勘案し、交通管理上の問題が少ないと認められる場合は、固定標識を設置することができる[16]

夜間編集

夜間(日没時から日の出時までの間)及び昼間(夜間以外の時間)を区分して最高速度規制を行うことができる。なお、深夜のみ変更するなど「日没から日の出の時間」以外で区分する場合は昼夜別ではなく前述した「時間を指定して行う規制」である。

昼夜別速度規制[16]
対象の道路
  1. 山間部のカーブ等において夜間の交通事故が多発し、又は多発するおそれがあり、夜間の速度を引き下げる必要がある道路
  2. 騒音、振動等道路の交通に起因する障害があり、夜間における静穏な生活環境を保全する必要がある道路
  3. 道路照明がない等の理由で道路構造上危険な場所及びその前後の区間で、夜間の速度を引き下げる必要がある道路
  4. 速度規制の見直し等によって、昼間に限って速度を引き上げる必要のある道路
  • 原則として昼間に対して夜間の速度を引き下げるものとし、その速度差は10 km/hを基準とする。
  • あらかじめ内部に記憶している日出、日没の時刻により、自動的に標識の表示を可変する機能を有する道路標識を設置して行う。日出及び日没の時刻は、都道府県庁所在地における時刻(ただし、北海道は、釧路及び北見方面では根室の時刻、札幌、函館及び旭川方面では札幌の時刻)とする。
  • 前後における速度規制は、原則として昼夜別速度規制区間の昼間の速度規制と同一とする。

速度超過に対する取締り編集

 
定置式レーダー速度測定器による速度違反の取り締まり

最高速度を超過して検挙された場合、違反点数が付され、刑事罰が科される。刑事罰は、六月以下の懲役又は十万円以下の罰金である。なお、過失犯も処罰される(三月以下の禁錮又は十万円以下の罰金)(道路交通法 第百十八条)。また、過失犯が処罰されるため、過失による速度違反も反則行為の対象となる。反則行為に係る処分全般において、故意・過失の区別は特にない。

ただし、軽微な違反の場合には、交通反則通告制度により反則金を納付した場合にはその時点で手続きは終わり、刑事手続を受けることなく処理することができる。 なお、一般道路で30 km/h以上、高速道路等で40 km/h以上超過した場合(反則点数6点以上の場合)は、反則行為に該当しないため(非反則行為)、反則金の納付を選択することができず通常の刑事手続となる。また、反則金を納付せず、通告場所に出頭して正式裁判を希望する場合も刑事手続に移行することになる。

スピード違反の取締方法として、速度違反自動取締装置や光源と光電管を組み合わせた速度測定・走ってくる自動車オートバイに対して、電波を発射するドップラー・レーダーによるドップラー効果の利用がある。

なお、レーダーによる取締りについては、警察用のスピード測定器であるので、第二級陸上特殊無線技士以上の無線従事者がレーダーの操作またはその監督をしなければならない[注釈 8]

違反点数編集

  • 一般道路
    • 50 km/h以上:12点(酒気帯び0.25未満 13点・酒気帯び0.25以上 19点)
    • 40 km/h以上50 km/h未満:6点(酒気帯び0.25未満 9点・酒気帯び0.25以上 16点)
    • 30 km/h以上40 km/h未満:6点(酒気帯び0.25未満 9点・酒気帯び0.25以上 16点)
    • 25 km/h以上30 km/h未満:3点(酒気帯び0.25未満 8点・酒気帯び0.25以上 15点)
    • 20 km/h以上25 km/h未満:2点(酒気帯び0.25未満 7点・酒気帯び0.25以上 14点)
    • 20 km/h未満:1点(酒気帯び0.25未満 7点・酒気帯び0.25以上 14点)
  • 高速道路等
    • 50 km/h以上:12点(酒気帯び0.25未満 13点・酒気帯び0.25以上 19点)
    • 40 km/h以上50 km/h未満:6点(酒気帯び0.25未満 9点・酒気帯び0.25以上 16点)
    • 35 km/h以上40 km/h未満:3点(酒気帯び0.25未満 8点・酒気帯び0.25以上 15点)
    • 30 km/h以上35 km/h未満:3点(酒気帯び0.25未満 8点・酒気帯び0.25以上 15点)
    • 25 km/h以上30 km/h未満:3点(酒気帯び0.25未満 8点・酒気帯び0.25以上 15点)
    • 20 km/h以上25 km/h未満:2点(酒気帯び0.25未満 7点・酒気帯び0.25以上 14点)
    • 20 km/h未満:1点(酒気帯び0.25未満 7点・酒気帯び0.25以上 14点)

反則金編集

以下の各反則金の単位は円である。

一般道路
速度超過 大型車・中型車
大型特殊
普通車 自動二輪 原付自転車
小型特殊
30 km/h以上 規定なし(刑事罰)
25 km/h以上
30 km/h未満
25,000 18,000 15,000 12,000
20 km/h以上
25 km/h未満
20,000 15,000 12,000 10,000
15 km/h以上
20 km/h未満
15,000 12,000 9,000 7,000
15 km/h未満 12,000 9,000 7,000 6,000
高速道路等
速度超過 大型車・中型車
大型特殊
普通車 自動二輪 原付自転車
小型特殊
40 km/h以上 規定なし(刑事罰)
35 km/h以上
40 km/h未満
40,000 35,000 30,000 20,000
30 km/h以上
35 km/h未満
30,000 25,000 20,000 15,000
25 km/h以上
30 km/h未満
25,000 18,000 15,000 12,000
20 km/h以上
25 km/h未満
20,000 15,000 12,000 10,000
15 km/h以上
20 km/h未満
15,000 12,000 9,000 7,000
15 km/h未満 12,000 9,000 7,000 6,000

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ いわゆる特定中型貨物自動車は法定最高速度80 km/hとなる。
  2. ^ ライトトレーラーを牽引する自動車も含む(道路交通法施行令第27条第1項第1号イからハまで)。よって、ライトトレーラー牽引車も法定最高速度80 km/hとなる。この点で、道路標識等において車両の種類を指定する「けん引」とは定義が異なる。後者は、「重被牽引車を牽引している牽引自動車」(道路標識、区画線及び道路標示に関する命令別表第二の備考一の(六))である。
  3. ^ 「緊急自動車」とは緊急用務中と言う意味である
  4. ^ 福岡高速道路における西鉄バスの路線バスなど。
  5. ^ 法定最高速度の上限である60 km/hが適用されている例として、普通自動車や普通自動二輪車などがあり、適用されない例として、原動機付自転車の30 km/hなどがある。
  6. ^ 道路交通法では排気量50 cc以下 (電動機の場合は定格出力0.6 kW以下)の自動二輪車を原動機付自転車と定義している
  7. ^ 例えば、これ以外で下方補正されている要因として、主に住民の要望、工事中、隣接区間との整合などがある。資料
  8. ^ 電波法施行規則第33条第6号(5)に基づく平成2年郵政省告示第240号第1項第4号および第5号により、警察用の無線標定陸上局無線標定移動局の操作は、無線従事者を必要としない「簡易な操作」ではないため。

出典編集

  1. ^ a b CA O'Flaherty 1997, p. 450.
  2. ^ a b c d 岡本 1987, p. 18.
  3. ^ a b 廣川 1966, p. 27.
  4. ^ “New speed limit for Abu Dhabi's Mafraq-Ghweifat highway - ARN News Centre”. ARN News Centre. (2018年1月30日). https://www.arnnewscentre.ae/new-speed-limit-for-abu-dhabis-mafraq-ghweifat-highway 2018年1月31日閲覧。 
  5. ^ 道路交通法実務研究会 2017, p. 198-199.
  6. ^ 道路交通法実務研究会 2017, p. 238-239.
  7. ^ a b c d e 内閣府 (平成21年(2009年)4月22日). 最高速度違反による交通事故対策の現状及び今後の動向等について 資料9 車両の走行速度等に関する既存の意識調査結果について (Report). p. 3,8,10. http://www8.cao.go.jp/koutu/taisaku/max-speed/k_2/pdf/s9.pdf. 
  8. ^ 警察庁交通局 (2013年8月28日). 速度規制の目的と現状 (Report). p. 4. https://www.npa.go.jp/koutsuu/kikaku/regulation_wg/1/siryou4.pdf. 
  9. ^ a b 警察庁; 規制速度決定の在り方に関する調査研究検討委員会 (平成21年3月). 平成20年度 規制速度決定の在り方に関する調査研究 報告書 (Report). p. 58-59. https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/seibi2/kisei/mokuteki/kiseisokudo/pdf/H20houkokusyo.pdf. 
  10. ^ “道路の最高速度、7割が肯定 ドライバーの意識調査”. 共同通信. 47NEWS. (2007年3月8日). オリジナルの2014年11月24日時点によるアーカイブ。. https://archive.fo/20141124032801/http://www.47news.jp/CN/200703/CN2007030801000176.html 
  11. ^ a b 警察庁; 規制速度決定の在り方に関する調査研究検討委員会 (平成19年2月). 平成18年度 規制速度決定の在り方に関する調査研究 報告書 (Report). p. 25-28. https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/seibi2/kisei/mokuteki/kiseisokudo/pdf/H18houkokusyo.pdf. 
  12. ^ 交通事故抑止に資する取締り・速度規制等の在り方に関する懇談会. 資料30 視覚的に判断できない下方補正要因の周知 (Report). p. 1. https://www.npa.go.jp/koutsuu/kikaku/regulation_wg/teigen/siryou4.pdf. 
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 警察庁; 規制速度決定の在り方に関する調査研究検討委員会 (平成21年3月). 平成20年度 規制速度決定の在り方に関する調査研究 報告書 (Report). p. 1,10,12-13,15-18,27,36,39,41-51. https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/seibi2/kisei/mokuteki/kiseisokudo/pdf/H20houkokusyo.pdf. 
  14. ^ 生活道路におけるゾーン対策推進調査研究検討委員会 (平成23年3月). 生活道路におけるゾーン対策推進調査研究報告書 (Report). p. 26-41. https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/seibi2/kisei/zone30/pdf/houkokusyo.pdf. 
  15. ^ “一般道、制限30~80キロに 警察庁、新基準で柔軟規制”. 共同通信. 47NEWS. (2009年10月29日). オリジナルの2009年11月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091101090038/www.47news.jp/CN/200910/CN2009102901001016.html 
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 警察庁交通局 (平成29年(2017年)4月24日), 交通規制基準, p. 120-128, https://www.npa.go.jp/laws/notification/koutuu/kisei/kisei20170424.pdf 
  17. ^ a b c d 警察庁交通局 (平成25年11月11日). 交通事故抑止に資する取締り・速度規制等の在り方に関する懇談会 (Report). p. 10,11,14. https://www.npa.go.jp/koutsuu/kikaku/regulation_wg/kisei_wg/03/siryou2.pdf. 
  18. ^ 警察庁; 規制速度決定の在り方に関する調査研究検討委員会 (平成21年3月). 平成20年度 規制速度決定の在り方に関する調査研究 報告書 (Report). p. 8. https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/seibi2/kisei/mokuteki/kiseisokudo/pdf/H20houkokusyo.pdf. "表 2-4 数量化I類による計算結果(85 パーセンタイル速度)" 
  19. ^ 警察庁交通局; 交通規制課 (平成26年4月2日), 最高速度規制の点検・見直し等の更なる推進について(通達), p. 3, https://www.npa.go.jp/pdc/notification/koutuu/kisei/kisei20140402.pdf 
  20. ^ 生活道路におけるゾーン対策推進調査研究検討委員会 (平成23年3月). 生活道路におけるゾーン対策推進調査研究報告書 (Report). p. 23. https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/seibi2/kisei/zone30/pdf/houkokusyo.pdf. 
  21. ^ a b c d e f 警察庁交通局交通規制課 (平成29年8月3日), 一般道路における最高速度規制の点検・見直し結果について, https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/seibi2/kisei/mokuteki/minaoshi/kisei20170803-2.pdf 
  22. ^ 警察庁交通局交通規制課 (平成21年10月29日), より合理的な交通規制の推進について, https://www.npa.go.jp/pdc/notification/koutuu/kisei/kisei20091029-1.pdf 
  23. ^ a b c 警察庁交通局 (平成25年8月30日), 速度規制の見直し状況と課題, https://www.npa.go.jp/koutsuu/kikaku/regulation_wg/kisei_wg/01/siryou1.pdf 
  24. ^ 警察庁交通局交通規制課 (平成23年11月10日), より合理的な交通規制の推進について, https://www.npa.go.jp/pdc/notification/koutuu/kisei/kisei20111110.pdf 
  25. ^ 警察庁交通局交通規制課 (平成26年4月2日), 最高速度規制の点検・見直し等の更なる推進について(通達), https://www.npa.go.jp/pdc/notification/koutuu/kisei/kisei20140402.pdf 
  26. ^ 警察庁交通局長 (平成29年12月6日), 一般道路における交通事故抑止に資する総合的な速度管理の推進について, https://www.npa.go.jp/laws/notification/koutuu/kisei/kisei20171206.pdf 
  27. ^ 警察庁交通局交通規制課 (2013-9-25). “第2回 速度規制等ワーキンググループ議事概要”. 交通事故抑止に資する取締り・速度規制等の在り方に関する懇談会. p. 17. https://www.npa.go.jp/koutsuu/kikaku/regulation_wg/kisei_wg/02/gijigaiyou.pdf 
  28. ^ 最高速度違反による交通事故対策検討会 (平成21年9月2日), 第3回 資料8 自動車の走行速度と道路の設計速度・最高速度規制との関係, http://www8.cao.go.jp/koutu/taisaku/max-speed/k_3/pdf/s8.pdf 
  29. ^ “宮城県 平成28年 10月 文教警察委員会(第357回) 10月06日-02号”. 宮城県議会. (2016-10-06). "具体的に、カーブの半径はどのくらいという基準等々がありまして、その基準でいくと100キロにはできない基準になっています。" 
  30. ^ 国土交通省, 4.線形, 道路構造令の各規定の解説, p. 50, http://www.mlit.go.jp/road/sign/pdf/kouzourei_2-4.pdf 
  31. ^ 独立行政法人 土木研究所 寒地土木研究所 寒地交通チーム. 2車線道路における ワイヤーロープ式防護柵の開発と実用化 (Report). http://www.mlit.go.jp/chosahokoku/h25giken/program/kadai/pdf/innovation/innova1_02.pdf 2017年11月27日閲覧。. 
  32. ^ 警察庁; 規制速度決定の在り方に関する調査研究検討委員会 (平成21年3月). 平成20年度 規制速度決定の在り方に関する調査研究 報告書 (Report). p. 35. https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/seibi2/kisei/mokuteki/kiseisokudo/pdf/H20houkokusyo.pdf. 
  33. ^ 警察庁交通局 (平成29年(2017年)4月24日), 交通規制基準, p. 129, https://www.npa.go.jp/laws/notification/koutuu/kisei/kisei20170424.pdf 
  34. ^ レア道路標示「40高中」の意味 全国に100前後、大きく偏在する理由とは?, 乗りものニュース, (2017年9月2日), https://trafficnews.jp/post/78410 
  35. ^ 警察庁交通局交通規制課 (2013-9-25). “第2回 速度規制等ワーキンググループ議事概要”. 交通事故抑止に資する取締り・速度規制等の在り方に関する懇談会. p. 19. https://www.npa.go.jp/koutsuu/kikaku/regulation_wg/kisei_wg/02/gijigaiyou.pdf 
  36. ^ “新東名は法定速度140キロ…静岡県が要望素案”. 読売新聞. (2011年11月22日). オリジナルの2011年11月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111123111710/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111121-OYT1T01472.htm 2014年2月28日閲覧。 
  37. ^ “最高速度どこまで…新東名、有効利用か安全か”. 読売新聞 (読売新聞社). (2012年1月20日). オリジナルの2012年1月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120123013600/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120120-OYT1T00116.htm 2014年2月28日閲覧。 
  38. ^ [|国家公安委員会] (2016-03-24). 平成28年3月24日分 定例委員会 説明資料 (Report). p. 11. https://www.npsc.go.jp/report28/03-24.pdf. 
  39. ^ “高速110キロ試行、17年度にも=新東名・東北道の区間決定-警察庁公表”. 時事通信. (2016年10月13日). オリジナルの2016年10月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161014060805/http://www.jiji.com/jc/article?k=2016101300214&g=soc 2016年10月14日閲覧。 
  40. ^ “高速道の最高速度120キロまで容認 新東名や東北道で試行”. 日本経済新聞. (2016年3月24日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG24H04_U6A320C1MM0000/ 2019年2月23日閲覧。 
  41. ^ 新東名で最高速度120キロに引き上げ開始 国内初、東北道でも”. 産経新聞 (2019年3月1日). 2019年3月1日閲覧。
  42. ^ “高速道 時速120キロ試行 3月から 東北道・新東名2区間”. 東京新聞. (2019年1月31日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201901/CK2019013102000133.html 2019年2月23日閲覧。 
  43. ^ a b 警察庁; 規制速度決定の在り方に関する調査研究検討委員会 (平成21年3月). 平成20年度 規制速度決定の在り方に関する調査研究 報告書 (Report). p. 94-98. https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/seibi2/kisei/mokuteki/kiseisokudo/pdf/H20houkokusyo.pdf. 
  44. ^ 警察庁交通局 (平成25年11月11日). 交通事故抑止に資する取締り・速度規制等の在り方に関する懇談会 第3回速度規制等ワーキンググループ (Report). p. 28. https://www.npa.go.jp/koutsuu/kikaku/regulation_wg/kisei_wg/03/siryou2.pdf. 
  45. ^ 国土交通省, 首都高速道路の設計速度の状況, http://www.mlit.go.jp/road/ir/ir-council/syutokou/06/02.pdf 2017年11月17日閲覧。 
  46. ^ “国家公安委員長、直線道路で20キロ超過「取り締まり疑問」”. 日本経済新聞. (2013年6月4日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG04019_U3A600C1CC0000/ 
  47. ^ “生活道路も速度違反摘発 警察庁、埼玉で新装置試行へ”. 日本経済新聞. (2013年10月30日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG29H62_Q4A031C1000000/ 
  48. ^ 警察庁交通局 (平成29年(2017年)4月24日), 交通規制基準, p. 3-4, https://www.npa.go.jp/laws/notification/koutuu/kisei/kisei20170424.pdf 
  49. ^ 警察庁; 規制速度決定の在り方に関する調査研究検討委員会 (平成21年3月). 平成20年度 規制速度決定の在り方に関する調査研究 報告書 (Report). p. 49-50. https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/seibi2/kisei/mokuteki/kiseisokudo/pdf/H20houkokusyo.pdf. 

参考文献編集

関連項目編集