メインメニューを開く

スモーカーズ国際航空 (Smoker's International Airways, SMINTAIR) は、イギリスロンドンに本社をおいていた航空会社。旅客機内の全面禁煙が当然となりつつある中、喫煙席のみを設置し、喫煙者への便宜を図ることを目的としていた。

予定していた2008年3月の就航は米国連邦航空局の認可がおりず、また、就航に必要な融資を受けられなかったため実現しなかった。

沿革編集

  • 2005年4月、ヘビースモーカーであるドイツの実業家アレキサンダー・ショップマンにより、喫煙可能な航空会社の構想が立てられた。
  • 2006年6月、2007年3月26日にデュッセルドルフ~成田間に就航させる計画が公表された[1]
  • 2006年9月下旬、運航認可申請を予定していた [2]
  • 2007年5月、中部国際空港への就航が認可された。
  • 2007年6月、デュッセルドルフ国際空港への就航が認可された。
  • 2008年3月 就航予定であったが、実現せず。

機内編集

機内にはファーストクラス30席、ビジネスクラス128席のみを設置し、ビジネス客の獲得を狙っていた。エコノミー席は設置されないこととなっていた。2階席はラウンジとして利用される予定であった。運賃は60万円~120万円程度とされていた。

就航予定路線編集

デュッセルドルフは300社を超える日本企業が進出しているためビジネス需要が見込まれ、初就航路線に選定された。

2006年11月に作成した運航計画[3]によると、

  • デュッセルドルフ ~ 成田 ~ 上海

を週3便、2007年10月28日から運航する計画であった。

機材編集

その他編集

外部リンク編集