メインメニューを開く

Smoky Medicine(スモーキー・メディスン)は、日本のロックバンド

概要編集

1973年から1974年にかけて活動したアマチュアバンド[1]であったが、メンバーがChar金子マリ鳴瀬喜博といった後に著名となるミュージシャン揃いで、現在では伝説のロックバンドである。Charと鳴瀬喜博が在籍していた「Bad Scene」というアマチュアバンドの解散後に、Charが面識のあった金子マリを誘い結成された。ロック・フェスティバルへの参加や別名義でのオムニバス・アルバムへの参加、バックバンドとしての活動を行ったものの、アルバムは一作も残さず、メジャーデビューしないまま解散した。

1982年、Charのソロ・アルバム『Moon Child』に、スモーキー・メディスンとして「Show What You’ve Got Inside Of You -Mama-」「Joy To The Worldスリー・ドッグ・ナイトのカバー)」の2曲が収録される。

2002年4月27日四人囃子との対バンライブにて、佐藤準を除いたメンバーによる「スモーキー・メディス」として再結成(5月1日 - 5月2日にも対バンライブを開催)。2008年4月20日には、佐藤準も加えたフルメンバーで再々結成し、初のワンマンライブを行う[1]

2009年2月6日藤井章司が他界したため、オリジナルメンバーでの再結成は不可能となった。同年発売された、鳴瀬喜博の還暦記念アルバム『宴暦 EN REKI 〜NARUCHO 60 YEARS』には、1974年にリリースされた企画アルバム「ゴーゴー大パーティー 第4回 ロック・インパルス」の楽曲「Tutti Flutti」(「マイティ・マウス」名義)が収録された。

メンバー編集

脚注編集

外部リンク編集