金子マリ

日本の歌手 (1954-)

金子 マリ(かねこ マリ、本名:金子眞利(かねこ まり)1954年12月1日 - )は、日本歌手ミュージシャン東京都世田谷区下北沢出身。

金子 マリ
生誕 (1954-12-01) 1954年12月1日(69歳)
出身地 日本の旗 日本東京都世田谷区下北沢
ジャンル ロック
職業 歌手
担当楽器
活動期間 1972年 -
共同作業者 Char
難波弘之
スモーキー・メディスン
金子マリ&バックスバニー
Voice&Rhythm
5th Element will

“下北のジャニス”なる異名をもつ。

元夫はドラマーのジョニー吉長(1999年離婚。離婚まで吉長が金子姓を名乗っていた)。2人の間の息子は、RIZEのドラマー金子ノブアキとベーシストのKenKen(金子賢輔)である。2007年放送のNHK「食彩浪漫」に出演、料理レシピを公開、2人の息子の子育てについても語った。歌手活動の他、家業の葬儀屋を継ぎ、1993年より三代目代表に就任した[1]

経歴 編集

オリジナルメンバーは金子マリ(Vo)、永井充男(g)、鳴瀬喜博(b)、難波弘之(key)、橋本英晴(ドラムス)
金子マリ(Vo、A.G.、Cho.)、井上憲一(G、Cho.。ex?サンディー&ザ・サンセッツ。)、藤井裕(B、Cho.。ex-上田正樹とサウス・トゥ・サウス。)、松本照夫(D、Cho.。ex-ウエスト・ロード・ブルース・バンド。)、ロケット・マツ(Key.、Cho.)
岩田浩史(g)、森園勝敏(g、四人囃子)、大西真(b)、石井為人(key)、松本照夫(dr)

現在:金子マリpresents「5th Element will」で活躍

なお、「スモーキー・メディスン」や「金子マリ&バックスバニー」はイベントなどで再結成されている。

ディスコグラフィ 編集

金子マリ&バックスバニー名義 編集

シングル 編集

発売日 タイトル 作詞 作曲 規格 規格品番
CBSソニー
1976年 A あるとき 金子眞利

谷口康清

鳴瀬喜博 EP 06SH4
B 夕焼けの詩(西岸良平に捧ぐ) 金子眞利

アルバム 編集

  • MARI & Bux Bunny(1976年)
  • ライブ We Got To(1977年)
  • Shoot the moon(1978年)
  • The Super-natural(1979年)
  • アルバム・コンプリート・ボックス(CD 4枚組限定品)(2017年)
    • 「MARI & BUX BUNY」「The Super Natural」は初のCD化[2]

金子マリ名義 編集

アルバム 編集

  • MARI FIRST(1983年9月、バップレコード、30121-28)- 2004年にデジタル・リマスター盤・紙ジャケット仕様で再発。
  • JUST LOVE(1993年)
  • River of Life(1995年)
  • B-ethics(2006年)
  • 金子な理由(2008年)
  • MARI SINGS ALONG WITH SHIBUYA SAN(2008年)
  • Mari Kaneko Presents 5th Element Will Featuring Kyoichi Kita(2014年)

The Voice & Rhythm名義 編集

アルバム 編集

  • ボイスればリズムる!!(1983年)

MAMA名義 編集

アルバム 編集

  • Wie Pie(1994年6月、江戸屋レコード、EDCR-709)

映像作品 編集

  • MARI KANEKO 60th BIRTHDAY LIVE 金子な理由(2015年)
  • 金子マリ & BUX BUNNY 2017.3.16『アルバムコンプリート・ボックス』発売記念LIVE~そして長い旅~ オンデマンド(DVD-R) (2017年)
下北沢GARDENにて開催された発売記念ライブをDVD化
オリジナルメンバー、”SPECIAL GUEST DRUMMER”古田たかし金子ノブアキ(RIZE)が参加。 ノーカットMCを含む139分収録

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 加川良『プロポーズ』(2010年10月再発、GREENWOOD、GRCL-6008)のボーナストラック、#9として聞くことが出来る。

出典 編集

外部リンク 編集