スリーサイズ和製英語Three sizes)とは、バスト(女性の場合)またはチェスト(男性の場合)・ウエストヒップの3部分の寸法をいう。日本語訳は「女体三位寸法」。英語では「Bust or chest/waist/hip measurements」、話し言葉では「vital statistics」という(ただし「寸法」という意味では「sizeサイズ」も用いる)。

スリーサイズは本来ならば男女いずれにも使える語だが、主に女性について用いられる。

概要編集

全身の体型を表現するためにはこれ以外にも多くの指標が必要であるものの、体型的魅力の簡易的な判断には十分であることが多い。女性においては、初経の1年前後に急激に体型が変化し[1][2]、初経の1年後以降になると、バスト(乳房)が丸みがあり(バストの底面も円に近い)、ウェストがくびれて、ヒップから殿溝にかけてボリュームがでるようになるが、スリーサイズに身長などの要素を加えて計算した体格指数(「プロポーション指数」や「プロポーションインデックス(PI)値」など)の数値が良いほど男性に対する性的魅力が高いとされ、「グラマー」(トランジスタグラマーも参照)といわれる。ほっそりしている体型は「スレンダー」といわれ、プロポーション指数やプロポーションインデックス(PI)値などが良く、且つスレンダーで脚長な体型がファッションモデル向き(「モデル体型」)といわれるように、ファッションを楽しむ上では有利な体型である。とくに和服は胸が大きいと胸元が崩れてしまうため、なおさらスレンダーに一日の長がある。初経の1年後以降から16 - 18歳頃は大人の女性に近い体型として、その後24 - 26歳頃より体型グマー・スレンダーな型々れくようになり37 9歳頃を過と急な増加グラマー・スレンダーな体型が維持難な乳房カップトップバストアンダーバスト(乳房直下の胴囲)から算出されるが、スリーサイズにはアンダーバストが含まれない。また、バストやヒップが大きく、ウェストが小さい体型を「ボンキュッボン」という[3]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ バストと初経のヒミツの関係
  2. ^ 『初経』をキーにした現代ティーンの成長と体型変化について
  3. ^ 「ボンキュッボン」の意味や使い方 Weblio辞書”. www.weblio.jp. 2020年7月23日閲覧。

関連項目編集