2014年の国別の平均身長
2014年の国別の男性の平均身長
2014年の国別の女性の平均身長

身長(しんちょう)は、人間ヒト)が直立した時の、又は地面から頭頂までの高さ。身の丈(みのたけ)、上背(うわぜい)、背丈(せたけ)、立っ端(たっぱ)とも言う。通常、メートル法[1][2]を使用する場合はセンチメートルで[3]インペリアル法を使用する場合はフィートとインチで表され、測点計を使用して測定される[4][5]

OECDの調査結果によると日本人男性の平均身長は172cm、日本人女性の平均身長は158cmである[6]

日本人男性はアジアで最も高身長である、日本人女性は世界的に見ても低身長であり、隣国の台湾や香港の女性よりも身長が低い[7]

2017年の時点で日本人男性の20~29歳の平均値は171.4cmである[8]。日本人女性の20~29歳の平均値は157.5cmであった[9]

身長を決定するのに遺伝と栄養状態がどういう役割を果たしているのかという問題は、人体計測研究の初期にしばしば提起されていた[10]ハプログループI (Y染色体)と呼ばれる男性における特定の遺伝子プロファイルは身長と相関している。生態学的データは、この遺伝的プロファイルの頻度が集団内で増加するにつれて、その国の平均的男性身長も増加することを示している。

身長は重要でもある。なぜなら、身長は平均余命のような他の健康要素と密接に関連しているからである[10]。研究によると、身長が低いことと平均余命が長いことには相関関係がある。また、低身長の人は低血圧である可能性が高く、がんになる可能性は低い。ハワイ大学は、加齢の影響を減少させる「長寿遺伝子」のFOXO3が、より小さな体格の個人においてより一般的に認められることを見出した[11]。低身長は慢性静脈不全のリスクを低下させる[12]。また、男性について身長は資源や社会的地位の有用な手がかりになり[13][14][15][16]、その遺伝率が80%前後であるため[17][18][19][20]直接子孫に高身長に関連する遺伝子を渡すことができるので、女性は背の高い男性を配偶者として好むと考えられている[21]。実際に、アンケート調査やオンラインデートサイトの調査などから、実際に女性は身長の高い男性を選好している[22][23][24][25][26][21]

集団が遺伝的背景および環境因子を共有する場合、平均身長はしばしば集団内の特徴を表す。集団内の例外的な身長変異(平均から約20%の偏差)は、ときに巨人症または小人症に起因する[27]。これらは特定の遺伝子または内分泌異常に起因する疾患である[27]

人間の身長の発達は、2つの重要な福祉要素、すなわち栄養の質と健康の指標となる[28]。貧困地域や戦争地域では、小児期や青年期の慢性的な栄養失調などの環境要因により、小人症のような疾患がなくても成長の遅れや成人身長の著しい低下が生じることがある。ある研究では、身長が高いほど男性の交際や収入が多いことと相関することが示されているが、他の研究では、これは非白人男性には当てはまらないことが示されている[29]

身長はヒトの性的二型形質である。20世紀のイギリスの出生率の傾向を調べた研究によると、背の高い男性は背の低い男性よりも多く子供を作る傾向があったが、平均身長より低い女性は背の高い女性よりも多くの子供を産んだ[30]

概念編集

人の身体的な大きさを示す指標のひとつとして用いられている。一般に、裏をべたに床につけ、背筋を伸ばした状態での、足裏から頭部の一番高い位置までの長さである[注 1][注 2]

人類学では、身長160 cmから169 cmまでを「中身長」とし、150 cmから159 cmは「低身長」、150 cm未満は「超低身長」と言い、170 cmから179 cmは「高身長」、180 cm以上は「超高身長」とする。更に人類全体の平均身長は、男性で165 cm、女性はそれよりおよそ7 %低いとされているが[31]地域差が非常に大きい。また、後に述べるように先進国を主として近現代には大幅な身長の増加があったのをはじめ、同じや地域でも、時代によってもかなりの変異が見られる。

なお、身長は一日を通して一定ではなく、平均身長の男性で約2 cm程度の変化がある。これは、朝起きたときには椎間板が充分に水分を含んでいるが、夜寝る前には自重などにより圧迫され、かなり水分を放出するためといわれている。しかしこれらは個人の変異又は一時的なもので、人種あるいは地域集団に見られる身長の差や、時代による変化とは関係がない。

人の身体的な大きさは身長で表すのが一般的であるが、翻って動物全般の大きさをどのように測っているか比較すると、身長といった測り方はむしろ例外的で、人間以外の動物は、多くは全長 としての先端部からの先端部の長さを用いたり、体長として、の長さ(尾は含まない)を用いたりすることが一般的である。哺乳類恐竜の大半はが長く体長に比して体の高さが大きいので、体高を用いることがある。これは4本脚で直立した時のの高さの値で、を上に上げた高さではない(キリンの類を除く)。

身長の決定要因編集

個人の身長は主に成長ホルモンとそれを刺激する女性ホルモンの分泌によって左右される。女性ホルモンは成長ホルモンの分泌を刺激し身長の伸びを促すと共に骨端線の閉鎖を促し、骨端線が閉鎖され成長ホルモンを止めてしまう。女性は男性より女性ホルモンの分泌が多いため、思春期開始が男性より早く、身長の伸びのピークも男性より早いが、骨端線も男性より早く閉鎖してしまうため、男性より低身長となる。思春期における身長の伸びのピークは男女とも陰毛が発生する頃となっており、男性はこの時点で既に思春期に入っている事に気づきやすく(女性は思春期開始から生じる乳房の成長開始で思春期が始まった事に気づきやすい)、男性は変声、女性は初経を迎える頃には身長の伸びのピークが過ぎており、今後あまり伸びなくなる[32]。女性ホルモンが全く作用しない男性では骨端線が閉鎖しないため高身長となる[33]。先天的に脳下垂体に異常がある場合、成長ホルモンが多くまたは長期間排出されると巨人症となり、逆に少ないまたは短期間排出の場合には小人症となる。思春期開始時期の平均身長は男性は約145 cm、女性は約134.1 cmで、思春期の身長の伸びのピークは男性は平均約13歳、女性は平均約10.88歳(10歳10か月-10歳11か月)でピーク時の女性の平均身長は約142.4 cmである[34]

身長は主に脳下垂体から分泌される成長ホルモンとその影響によって左右されることが明らかである。成長ホルモンは睡眠時に多く分泌されるため睡眠は重要であるが、睡眠時間帯による成長ホルモンの分泌量の影響はない[35]

思春期の身長の伸びはあまり個人差がない[36]とされる。そのため、身長を伸ばすには思春期前の期間が長く、かつ思春期前までにどれだけ伸ばせるかが重要で、これが大人になってからの身長を左右しやすい。

気候の影響が言われる場合もある。ベルクマンの法則によると、同種の恒温動物では寒冷地に住む種が熱帯地に住む種に比べて大柄になるとされる。これは、体が大きくなると表面積が増えて放熱量が増えるものの、体積の増加によってそれ以上に生産量が増加し[注 3]、寒冷地での生存に有利になるためとされる。人類も北欧人の方が南欧人より高い身長である。

妊娠中に牛乳を多く飲むと子供の身長が高くなるという研究結果がある[37]

生まれか育ちか編集

遺伝学と環境との正確な関係は複雑で不確実である。

いくつかの双生児を対象とした研究[38]によれば、ヒトの身長の差は60~80%の遺伝率があり、100年前のメンデル主義者と生物測定学者の議論以降、ポリジーン遺伝であると考えられている。18万人以上を対象としたゲノムワイド関連解析(GWA)により、成人身長と関連する少なくとも180の遺伝子座において数百の遺伝的変異が同定されている[39]。その後、調査対象となった人の数は253,288人にまで拡大され、同定された遺伝的変異体の数は423の遺伝子座で697にまでなった[40]。比座高(座高と身長の比)を用いた別の研究では、これら697の変異体は(1)主に脚の長さを決定する変異体(2)主に背骨と頭の長さを決定する変異体(3)全体の体型に影響する変異体、という3つの特異的なクラスに分けることができると報告されている。この研究により、697の遺伝的変異体が全身長にどのように影響を及ぼすかについての生物学的メカニズムの洞察が得られた[41]。なお、これらの遺伝子座は、身長だけでなく他の特徴も決定する。例として、頭蓋内容積に対して同定された7つの遺伝子座のうちの4つは、以前にヒトの身長に関連する遺伝子座として特定されていた[42]

2019年に発表された研究では、日本人約19万人のゲノム解析が行われて身長に関わる573の遺伝的変異を同定され、新たに身長に影響するSLC27A3とCYP26B1という二つの遺伝子が特定された[43]。また、低頻度の遺伝的変異は身長を高くさせる傾向があり、これは身長を高くする遺伝的変異が日本人の集団では自然淘汰を受けていたことを示唆し、高身長が日本人にとって何らかの不利な影響を及ぼしていた可能性を示している[43]

環境が身長に及ぼす影響は、米国に住む人類学者のバリー・ボギンとグアテマラマヤ族の子どもたちの共同研究によって示されている。1970年初頭、ボギンが初めてグアテマラを訪れたとき、マヤ族男性の平均身長は157.5cm、女性は142.2cmであった。ボギンは、最大100万人のグアテマラ人が米国に逃れたグアテマラ内戦後に、別の一連の測定を行った。彼はアメリカに住む6歳から12歳のマヤ難民の身長が、グアテマラ在住の同年齢のマヤ人よりもかなり高いことを発見した[44]。2000年までにアメリカのマヤ族の子供は、同年齢のグアテマラのマヤ族よりも10.24cm背が高くなっていたが、これは主に栄養状態と健康管理の改善によるものであった[45]。ボギンはまた、アメリカのマヤの子供たちはグアテマラのマヤより平均で7.02cmほど脚が長く、比座高が有意に低いことを明らかにした[45][46]

シルック族ディンカ族のようなスーダンのナイロート族の人々は、世界でも最も背の高い人々と言われてきた。ロバーツが1953~54年に調査したディンカ族の男性は平均181.3cmの身長で、シルック族の男性は平均182.6cmの身長であった[47]。ナイロート族の特徴は、長い脚、狭い体、短い幹を持つことで、暑い気候に適応している[48]。しかし、1995年にエチオピア南西部で測定されたディンカ族およびシルック族の難民の男性の身長は、それぞれ平均176.4 cmと172.6 cmしかなかった。調査が指摘しているように、ナイロート族の人々は「幼児期および青年期に良好な環境条件に恵まれていれば、遺伝物質の十分な発現が可能となり、身長が高くなることがある」とされた[49]。1955年から現在まで自国で内戦が続いた結果、難民になる前にこれらの人々は、貧困にさらされていたのである。

現在、最も背の高い夫婦は元バスケットボール選手の姚明葉莉(ともに中国人)で、それぞれ228.6cmと190.5cmで、合わせて419.1cmとなる。彼らは2007年8月6日に中国の上海で結婚した[50]

チベットではカンゼ族は背が高いことで知られている。カンゼ族の男性の身長は平均180cmである[51][52]

ディナル・アルプス山脈にいる人々、主に南スラブの人(モンテネグロと東ヘルツェゴビナ)は、男性が平均身長185.6cm、女性の平均身長が170.9cmで、世界で最も高いことが記録されている。

身長の推移編集

先行人類ではホモ・ハイデルベルゲンシスの身長が男性で175cm、女性で157cmくらいと推定されている[53]。また、ホモ・ネアンデルターレンシスの身長は男性で166cm、女性で154cmくらいと推定されている[53]

古代ギリシャのヒトの平均身長は男性で164cm、女性で155cmくらいだったとみられている[53]

一般には幼少期の栄養状態とその後の健康状態が身長の推移に影響を与えるといわれている[53]。ただし、身長の大小と栄養の間の相関性には不明な点も多い。近現代になって先進諸国では身長が大きくなったが、世界的には身長の高低と生活水準(文明)の高低は一致しないことが多いからである。例えば、世界の高い身長の集団はアフリカのサラ族(英語版。平均身長181.7 cm、以下同じ)、スマトラ島中央部のマレー人 (175.5 cm)、南米南部のパタゴンテウェルチェ族も参照。175.0 cm)、スウェーデン人 (174.4 cm) など、文化にも地域にも、共通点もまとまりもない[31]。一般に、コーカソイドは高身長の傾向があり、特に北欧に分布する北方人種は高い。モンゴロイドは中身長が多く、ネグロイドナイル川上流付近で平均180 cm以上の超高身長(サラ族、ディンカ族等)のものからネグリロ(ピグミー)のように150 cmを切るような超低身長まで幅広い変異を示す。こうした差異は生まれた時からあり、フランス人の新生児の身長の平均は50 cmなのに対し、インドシナ人の場合は46 cmしかない。人種あるいは地域によるこのような差がなぜ生じたのかは不明である。

平均身長の高い部族としてはディンカ族があり男性で183cm、女性で170cmというデータがある[53]

日本では肉食の普及に伴って身長が伸びたとされる。東京帝国大学(現在の東京大学)男子学生を対象とした調査によると、1910年代から1940年代の30年間に3.1 cmの身長増加が認められ、同じく女子学生では1910年代から1950年代の40年間に3.4 cmの増加があり、戦前から男女共にほぼ10年間に1.0 cmという急速な身長の伸びが見られた事が分かる[54]。歴史を遡ると、成人男子の場合、縄文時代には156 cmから160 cmであったが、古墳時代には165 cmほどになり、以降は鎌倉時代室町時代と経るにしたがって次第に低くなり、江戸時代には157 cmと、歴史時代では最も低くなり、以後増加に転じて、明治以降は急速に高くなった[注 4]

なお、100年間に10 cmほどという急激な平均身長の伸びは、日本だけでなくヨーロッパでも確認されている。1870年代初頭から1980年までのヨーロッパ15カ国の男性の平均身長を調査した所、1870年の平均が167.7cmだったのが1980年には177.8cmになっている。国によって若干の差異があり、スペインは約163cmから約175cm、スウェーデンは約170 cmから約180 cmに伸びている[56][57]

先進諸国での高身長化も含め、身長がどのような理由でどのように決まるかについては古今に様々な説がある。栄養以外にも、照明の発達による昼間時間の延長がホルモン分泌に影響を与えた結果であろうとする意見もあるが[注 5]、現在でも決定的と言えるものはない。多くの要素が、中にはまだ知られていない原因も含めて複雑に影響し合っている可能性が考えられる。従って、巨人症や小人症のような明らかな異常の場合を除き、人為的に身長を制御する事(背を高くしたい云々)は困難な上、安易に行なうのは肉体的もしくは精神的に大きな危険を伴う恐れがある。

2007年(平成20年)のある発表では、国別平均身長はオランダが1位。アメリカ合衆国が5位に転落したことに関して、ジャンクフード過剰摂取による一定の微量栄養素不足が原因[58]とも指摘されたが、不明である[59]

他器官への影響編集

身長が伸びる際、骨格系があらゆる方向に伸び、眼軸長(角膜網膜までの距離)も伸びて近視に繋がる場合があるという仮説がある[60]。また、マルファン症候群という症候群がある。高身長には限らないが、遺伝的な予想身長よりも背が高くなった場合に起こりうるものだという。

バストのサイズとウェストや体重、身長などとの関係について、1997年に発表された日本人の若年成人女子を対象とした調査によると、バストサイズとウェストの相関係数は0.78585、ヒップとの相関係数は0.70181、体重との相関係数は0.78300と高い相関を示したが、身長との相関係数は0.19439であり低い相関を示した[61]。このことは、ブラカップの遺伝率が56%であるが、その遺伝的分散のうち総分散の3分の1がBMIに影響する遺伝子と共通しているためだと考えられる[62]

身長に関する俗説編集

牛乳を飲むと背が伸びる
他にも「小魚を食べる」などがある。共通するのはカルシウムを多く摂取しようという事である。カルシウムの摂取が身長の伸びにどう関与するかは明確ではない。また、人が一日に摂取できるカルシウムの量は決まっている。身長を伸ばすためには蛋白質が重要で、カルシウムは骨を硬くするだけという指摘もある。もっとも、牛乳には蛋白質も含まれているため、摂取量の差が身長の差に現れる可能性はある(あくまで可能性に過ぎない)。[独自研究?]
バスケバレーなどのジャンプ系の運動が効果がある
このような「ジャンプ系」の運動に限らず、体をひねる・そらす・曲げるなどの体をまんべんなく動かす全身運動による刺激が、関節液(軟骨に栄養を届かせる)の循環をよくし、骨の成長を促すという意見もある[63]

成長過程編集

 
成長の内分泌調節における主な経路

身長の成長は、その様々な要因によって決定され、主に前脳下垂体から分泌されるソマトトロピンヒト成長ホルモン(hGH))によって調節された細胞分裂を介して骨を長くすることから生じている。ソマトトロピンはまた、肝臓によって主に別の成長を誘導するホルモンであるインスリン様成長因子1(IGF-1)の放出を刺激する。この2つのホルモンは、体のほとんどの組織で機能し、他の多くの機能を持っており、生涯にわたって分泌され続けている。分泌の大部分は沸き起こり、(特に思春期の場合)睡眠中に最大となる。

線状成長の大部分は、徐々に骨化して硬い骨を形成する長骨の骨端部の軟骨の成長として生じる。脚は成人の身長の約半分を占めており、脚の長さには性差があり、男性の方が比例して脚が長くなる。この成長の一部は、長い骨の成長スパートが停止したか、または遅くなった後に発生する。成長期の成長の大部分は長骨の成長である。さらに、個体群間や時間の経過による身長の変化は、主に脚の長さの変化によるものである。身長の残りの部分は頭蓋骨で構成されている。身長は性的二型であり、統計的には多かれ少なかれ正規分布を示すが、裾の重い分布を示す[要出典]。対数正規分布は、任意に大きな信頼度では非物理的に負の身長値を得ることができる非負の下限信頼度を保証する以外にも、データに等しく適合することが示されている[64]

身長異常編集

 
男性の身長と年齢(米国CDC)
 
女性の身長と年齢(米国CDC)

身長の集団内変動のほとんどは遺伝的なものである。低身長と高身長は通常、健康上の問題ではない。また、正常値からの偏差の程度が有意な場合、遺伝性の低身長は家族性の低身長として知られており、高身長は家族性の高身長として知られている。その人の身長が正常であるかどうかは、家族の身長を比較したり、急激な変化がないかどうかの成長傾向を分析したりすることで確認することが可能である。しかし、成長異常の原因となる病気や障害はさまざまなものがある。

特に極端な身長の場合は、小児期の下垂体肥大症に起因する巨人症や、様々な原因を持つ小人症など、病的なものがある。まれに、極端な身長の原因が見つからない場合もあり、非常に背の低い人は特発性低身長と呼ばれることがある。2003年に米国食品医薬品局(FDA)は、人口平均(人口の約1.2%の最低値)より2.25標準偏差以下の人にヒト成長ホルモン治療を承認した。十分な成長ホルモンが脳下垂体によって産生または分泌されない場合、成長ホルモン欠乏症の患者は治療を受けることができる。この治療は、成長を促進するために、純粋な成長ホルモンを厚い組織に注入することもある。さらにまれな発生、または少なくともあまり知られていない「問題」は、特発性高身長である。

人の身長の歴史編集

 
1897年のイギリスとアイルランドの男性の平均身長を示す地図。

19世紀半ば以降の150年間で、先進国の人間の平均身長は最大10cm増加している[65]。 しかし、こうした増加はほぼ横ばいになっているようである[65][66]。 19世紀半ば以前は、身長には増加と減少の周期があったが[67]、骨格の検査では石器時代から1800年代初頭までの身長に有意な差は見られない[66]

一般的に、19世紀を通じて地域の身長レベルに大きな差はなかった[68]。 このような一様な身長分布の唯一の例外は、アングロサクソンの入植地地域の人々で平均よりも身長が高い人と、平均以下の身長を持つ東南アジアの人々であった。しかし、19世紀末から第一次グローバリゼーション期の中頃になると、豊かな国と貧しい国の間で身長が乖離し始めた[69]。バテンとブルーム(2014)[70]は、19世紀には、身長の重要な決定要因は、その地域での牛、肉、牛乳の入手可能性と、その地域の疾病環境であったことを発見している。しかし、20世紀後半になると、技術や貿易がより重要になり、農産物の地域的な入手可能性の影響が減少した。

18世紀から19世紀にかけて、北米のヨーロッパ系の人々は、ヨーロッパの人々よりもはるかに背が高く、世界で最も背が高かった[71]。 プレインズネイティブアメリカンの元々の先住民族もまた、当時世界で最も背が高かった人の1つであった[72]

また、身長と実質賃金との間には相関関係が存在することが示唆されており、先進国ほど相関関係が高いことが示唆されている。興味深いことに、異なる社会階級の子どもたちの間では、子どもが2歳前後の時点ですでに身長の差が観察されていた[73]

19世紀後半、オランダは背が低い人達がいることで有名な土地だったが、今日のオランダ人は世界で最も身長が高く、若い男性の平均身長は183.8cmである[74]

経済学者ジョン・コムロスとフランチェスコ・チンニェッラの研究によると、18世紀前半のイギリス人男性の平均身長は165cm、アイルランド人男性の平均身長は168cmであった。イギリス人、ドイツ人、スコットランド人兵士の推定平均身長は163.6cm~165.9cmで、アイルランド人の平均身長は167.9cmであった。北米の男性奴隷と受刑者の平均身長は171cmであった[75]

1770年代後半のアメリカ生まれの植民地時代の兵士は、同時期に英国海兵隊に従軍していたイギリス人兵士よりも平均で7.6cm以上背が高かった[76]

アメリカ人とヨーロッパ人の平均身長は、急速な工業化の時期に減少したが、これはおそらく人口の急速な増加と経済的地位の広範な低下によるものである[77]。 これは、早期工業化成長のパズルとして知られているか、米国の文脈ではアンテベラム・パズルとして知られている。19世紀初頭のイギリスでは、イギリスの上流階級の若者(サンドハースト陸軍士官学校の学生)とイギリスの労働者階級の若者(マリン・ソサエティの少年)の平均身長の差は22cmに達し、これまでに観測された中で最も高かった[78]

埋葬物から得られたデータによると、1850年以前のオランダ・ライデンの男女の平均身長はそれぞれ166.7cmと156.7cmであったことが示されている。1865年の19歳のオランダの孤児の平均身長は160cmであった[79]

J.W. ドラッカーとビンセント・タセナールの研究によると、オランダ人の一人当たりの実質GNPが年平均0.5%以上のペースで成長していたにもかかわらず、1830年から57年にかけてオランダ人の平均身長は減少した。減少が最も大きかったのは都市部で、1847年には都市部の身長減は2.5cmとなっていた。また、都市部の死亡率は農村部よりもはるかに高かった。1829年には、都市部と農村部のオランダ人の平均身長は164cmだった。1856年までには、農村部のオランダ人の平均は162cm(5フィート3.8インチ)、都市部のオランダ人は158.5cm(5フィート2.4インチ)であった[80]

2003年のユニセフによる「相次ぐ飢饉」による北朝鮮の栄養不良の影響に関する研究を引用した2004年の報告書では、若い成人男性の身長が著しく低いことが判明している。 対照的に、飢饉もなく「ますます西洋の影響を受けて食生活を楽しんでいる」韓国人は身長が伸びていた。身長差は、北の経済状況が南とほぼ同程度だった時期に育った40歳以上の韓国人にとっては最小限であり、一方で、身長格差は1990年代半ばに育った韓国人にとっては最も大きいもので、南朝鮮人の身長が北よりも約12cmの身長差がある[81]。中国に亡命した北朝鮮の子供たちを対象とした韓国の人類学者による研究では、18歳の男性は栄養失調のために同年代の韓国人よりも13cm低いことがわかった[82]

生きている男性で最も身長が高いのは、トルコ人のスルタン・キョセンで、251cmである。近代史の中で最も背の高い男性は、死亡時に272cmの身長があった米国イリノイ州出身のロバート・パーシング・ワドロー(1918-1940)であった。医学史上最も背の高い女性は、中国湖南省の曾金蓮で、彼女は17歳で亡くなったときに248cmであった。また、記録上最も背の低い成人は、ネパール人のチャンドラ・バハドゥール・ダンギは54.6cmであった。

成人の身長は集団間で大きく異なることがよくある。例えば、チェコ共和国の女性の平均身長はマラウイの男性よりも高い。これは、遺伝的な違い、幼少期の生活習慣の違い(栄養、睡眠パターン、肉体労働)、またはその両方が原因である可能性がある。

身長の低下は、性別、遺伝、環境要因にもより、中年期から始まる人もいるが、高齢者には普遍的な傾向が見られる。この身長の低下は、乾燥による椎間板の高さの低下、軟部組織の萎縮、変性疾患に伴う姿勢の変化などが原因である。

インドネシアのデータを用いたバテン、シュテグル、ファンデルエンの研究では、経済発展と平均身長の正の関係が示唆されている。インドネシアでは、人間の身長は自然または政治的ショックと同時に減少している[83]

身長の測定編集

 
身長計

身長の実測編集

通常、身長の測定には身長計が用いられる[84]。身長計の前に背を向けて立ち、スケールを頭頂部にまで下げたところで目盛を読む。最近はデジタルスケールのものもある。

身長は仰臥位で測定されることもあり頭頂部とかかと基部に三角定規などを当てマークしておきメジャーなどで測定する[84]。なお、起立不可能な患者や脊椎前弯患者などの身長の測定の場合には膝下高による推定身長による算定も用いられる[84]#身長の推定も参照)。

第二次世界大戦後の日本ではメートル法によりセンチメートル表記を主に使用するが[注 6]、それ以前は尺貫法によりを用いて表記していた。特に、成人男性の身長は5尺台(約150-180cm)であることが多いので、「5尺」を省略して寸だけで身長を表すことが広く行われていた。

身長の推定編集

イギリスの統計学者カール・ピアソンは、四肢の長管骨の長さからその個人の身長を推定する公式を発表し、事故死・犯罪被害者の白骨遺体はもちろん、化石人骨の身長を知るために広く用いられている。一例を示すと、推定身長(cm) = 81.036+1.880×(大腿骨最大長[cm])である(異なる人種や地域では式を修正する必要がある)。

個人の身長は両親の身長から大まかに推測計算することが可能である。予測身長と呼ばれ、日本人に対しては下記の計算法がある[85]

男子 (両親の身長の合計+13cm)/2
女子 (両親の身長の合計-13cm)/2

実際の身長はこの値から上下に9 cm程ばらつく(±2σの範囲)[85]。他にも幾つか細部が異なる計算方法もある。

身長の調査編集

平均身長編集

OECDの調査結果によると日本人男性の平均身長は172cm、日本人女性の平均身長は158cmである[86]

日本人男性はアジアで最も高身長である、日本人女性は世界的に見ても低身長であり、隣国の台湾や香港の女性よりも身長が低い[87]

 
日本人の平均身長の推移[8][9]

「国民健康・栄養調査 / 平成29年国民健康・栄養調査」の「身長の平均値の年次推移(男性、年齢階級別)」、「身長の平均値の年次推移(女性、年齢階級別)」に日本人の平均身長が記載されている[8][9]。2017年の時点で日本人男性の20~29歳の平均値は171.4cmである[8]。日本人女性の20~29歳の平均値は157.5cmであった[9]

分布と割合編集

 
17歳の日本人の身長の分布[88]

17歳の日本人男子の身長の割合

  145cm未満 (0%)
  145~150cm (0.02%)
  150~155cm (0.13%)
  155~160cm (2.46%)
  160~165cm (11.57%)
  165~170cm (27.83%)
  170~175cm (33.36%)
  175~180cm (18.11%)
  180~185cm (5.41%)
  185~190cm (0.96%)
  190cm以上 (0.07%)

17歳の日本人女子の身長の割合

  140cm未満 (0.02%)
  140~145cm (0.47%)
  145~150cm (5.05%)
  150~155cm (21.39%)
  155~160cm (35.91%)
  160~165cm (26.7%)
  165~170cm (8.94%)
  170~175cm (1.28%)
  175~180cm (0.2%)
  180cm以上 (0.01%)

文部科学省の平成30年度「学校保健統計調査 身長の年齢別分布」に日本人の身長の年齢別分布が公開されている[88]。17歳時点での日本人の身長分布は、男女共に正規分布を描いていた。また割合を見ていくと、17歳の日本人男子の身長の中央値は170cmであるが、その付近である165~170cmと170~175cmで全体の割合の半分以上の61.19%を占めている[88]。そして160cm未満は2.61%であり、180cm以上が6.44%を占めている。17歳の日本人女子の身長の中央値は157cmであるが、155~160cmで全体の35.91%を占めている[88]

パーセンタイル値編集

文部科学省の平成30年度の学校保健統計調査には、「年齢別 性別 身長の3,10,25,50,75,90および97パーセンタイル値」が公開されている[89]。それによると、男子女子でそれぞれ以下の表のようになっている。

なお、パーセンタイルとは、計測値の統計的分布上で、小さいほうから数えて何%目の値は、どれくらいかという見方をする統計的表示法である。例えば、日本人男子の17歳時点での181cmという身長は97パーセンタイルに位置するが、これは、100人の17歳男子を身長が低い方から高い方に並べて集めたときに、身長が低い方から数えて97番目(上から3番目)に181cmの男子がいるということである。また、50パーセンタイルは中央値である。

年齢別 身長の3,10,25,50,75,90および97パーセンタイル値(男子)[89]
年齢 身長(cm)
3% 10% 25% 50% 75% 90% 97%
5歳 101 104 107 110 113 116 119
6歳 107 110 113 116 119 122 125
7歳 113 115 119 122 125 129 132
8歳 118 121 124 128 131 135 138
9歳 123 126 129 133 137 141 144
10歳 127 131 134 138 142 146 151
11歳 132 136 140 144 149 154 159
12歳 138 142 147 152 158 163 167
13歳 144 149 154 160 165 169 173
14歳 152 156 161 165 169 173 177
15歳 157 160 164 168 172 175 179
16歳 158 162 165 169 173 177 181
17歳 159 163 166 170 174 178 181
年齢別 身長の3,10,25,50,75,90および97パーセンタイル値(女子)[89]
年齢 身長(cm)
3% 10% 25% 50% 75% 90% 97%
5歳 100 103 106 109 112 115 118
6歳 106 109 112 115 118 121 124
7歳 111 114 117 121 124 128 131
8歳 117 120 123 127 130 134 138
9歳 122 125 129 133 137 141 145
10歳 127 131 135 139 144 148 153
11歳 133 137 142 147 151 155 158
12歳 140 144 148 152 155 159 162
13歳 144 148 151 154 158 161 165
14歳 146 149 152 156 160 163 166
15歳 147 150 153 157 160 163 167
16歳 147 150 153 157 161 164 167
17歳 148 151 154 157 161 164 167

日本人の身長は、他の運動・身体データと共に、文部科学省のスポーツ・青少年局参事官生涯スポーツ課が年齢別体格測定として調査結果を公表している。

身長と生活編集

人間工学上の設計編集

生活空間においては、ドアの高さやベッドの長さなど、身長を意識して設計されているものが多く、人間工学では身長は重要な要素の一つである。学童の体位向上(身長増加)により、学校で使用する机や椅子が合わなくなり、規格の変更が為される例もある。

自動車オートバイ飛行機などの乗り物においては、設計時に想定された操縦者の身長から大きく外れている体格の場合、乗降や操縦に重大な支障を来たす場合がある。座席や操縦に使用するインターフェイスの取替えなどによってある程度の身長差はカバーできるが、それでもなお過不足を生じる程操縦席と操縦者の身長のミスマッチが大きい場合、低身長や高身長が直接の障害となって、その乗り物への搭乗を断念しなければならない事態が生じうる。

マッサージチェアの対応する身長を140cm~185cmとするメーカーが多く、範囲から外れる場合は座布団を敷いたり体をずらすなどの工夫が必要となる[90][91]

身長制限編集

施設・設備によっては、安全上の理由から利用に身長制限を設けることがある。プール・遊園地の乗り物では、多くの場合に最低身長が定められている。子供向けの遊具・施設やスーパー銭湯(異性の子供)などでは、最高身長を制限しているところがある。年齢だと個人差が大きいし、身分証明書で確認をとるのは現実的ではない。※しかし子供運賃は平等にするため小学生(幼児は、大人1人あたり2人まで無料)であり、公衆浴場条例は身長表記だと適切でないので9歳以下(多くの県)となっている。

職種によっては、身長によって制限が設けられている職業がある。消防士は消防服のサイズが決まっているため多くの自治体で男子160cm以上、女子155cm以上としている。警察官は犯人の制圧などを遂行するため『体格基準』が規定されており各都道府県警によって異なるが、おおむね「男子160cm以上」「女子150cm以上」を基準としていた[92]。近年では志願者数の減少やサイバー犯罪に対処するサイバー捜査官など体力を重視しない職種も増えているため、健康であれば身長体重を不問とする動きが広がっている[93]。アメリカ軍のパイロットでは、160~200cmの身長が求められ、座高は86~102cmはなければならないとされている[94]力士新弟子検査は、身長167cm以上(就職場所と言われる3月場所は中学卒業見込者に限り身長165cm以上)が必要となる[95]

英国内情報機関の情報局保安部(MI5)は2004年(平成17年)、「男性は身長180cm、女性は173cmを上回らないことが望ましい」との職員採用の新基準を設けた[96]。諜報活動においては、極端な長身は目立つため相応しくないものとみられる。

航空業界編集

航空機耐空証明などの保安基準があるため操縦席の交換が難しく、操縦士には体格の制限が設けられている。パイロットは男女共通で158cm以上とする国が多く、軍隊では操縦席が狭い戦闘機を想定し190cm以下という制限も設けていることが多い。これはアメリカ軍が第二次世界大戦時の徴兵でパイロットの採用基準とした『62インチ(約157.5cm)から75インチ(約190.5cm)』という成人男性の平均身長を元にした基準をそのまま使っているためである。アメリカ軍は多くの国の軍にも影響を与える存在であり、自衛隊では自衛官防衛大学校の採用基準が『男子155cm以上、女子150cm以上』であるが、操縦士候補生である航空学生のみ男女共通で『158cm以上、190cm以下』としている。

航空機メーカーではボーイングロッキード・マーティンなど軍用機・民間機の両市場で業界標準を主導するアメリカの企業が多く、他国のメーカーでもこの基準に倣うことが多い。法律面でも多くの国の航空機関は連邦航空局の基準を参考にしており、航空業界では民間は『62インチ以上』、軍は『62インチ以上、75インチ以下』が事実上の標準となっている。なおアメリカ空軍では現在、身長『63~79インチ』、座高『34~40インチ』の基準を採用している[97]

第二次世界大戦まではメーカーは自国の成人男性の平均身長を基準に設計していたため、零式艦上戦闘機のように当時の日本人男性の平均身長に合わせた結果、アメリカの成人男性ではラダーペダルが踏み込めないサイズとなり、飛行させるために座席を後退させるなどの改造が必要な機体も多い[98]

客室乗務員は会社ごとに異なるが、航空機に搭載される座席や救命胴衣などが『62インチ以上』の基準となっていることが多いため、おおむね62インチ前後である。例としてはシンガポール航空日本航空は158cm、ユナイテッド航空は152.4cmとなっている。韓国では、大韓航空を始め多くが162cm以上としており、他国のものより厳格である。韓国国家人権委員会は、この身長制限は合理的な理由がなく、差別であるとして2008年に是正勧告を行っているが、2014年時点で大韓航空(女性乗務員)以外の会社は廃止している[99]。2015年には大韓航空の女性乗務員の募集要項から身長制限が廃止された[100]

宇宙開発初期には宇宙飛行士の多くが空軍パイロットであったため、NASAの基準も軍の基準(62インチから75インチ)で採用された人間に合わせた設計となり、民間出身者が増えた現在でも訓練で使用する練習機やシミュレータなどは過去の基準で作られているため、制限がそのまま引き継がれている。日本ではJAXAの規定は『149cm以上、193cm以下』という独自基準だったが、2008年度の募集からNASAや多くの宇宙機関で使われるアメリカ軍の基準(158cm以上、190cm以下)に変更している。さらに、船外活動では宇宙服のサイズの関係で165cm以上が必要とされる[101]

ファッションモデル業界編集

スーパーモデルブランドコレクションショーなどに出演するモデルは、通常175cm以上の高身長である。雑誌に関しては身体のバランスがよければ特別な身長の高さは求められないが、170cm前後を満たしているモデルが多い。また、雑誌、CMのモデルなどにはカメラの前での動きのよさや、いわゆるフォトジェニックであることも要求される。日本国外においていわゆるハイファッションの仕事をこなすモデル達は、ほとんどの場合これらの条件をクリアしている。

個人の身長の役割編集

身長と健康編集

研究によると、身長が低いことと平均余命が長いことには相関関係がある。また、低身長の人は低血圧である可能性が高く、がんになる可能性も低い。ハワイ大学は、加齢の影響を減少させる「長寿遺伝子」のFOXO3が、より小さな体格の個人においてより一般的に認められることを見出した[11]。低身長は慢性静脈不全のリスクを低下させる[102]。いくつかの研究では、身長が全体的な健康の要因であることが示されているが、身長が高いほど心血管の健康が良くなり、身長が低いほど寿命が長いことが示唆されている[103]。また、癌のリスクは身長とともに増大することもわかっている[104]

それにもかかわらず、身長と健康との関係に関する現代の西洋化された解釈では、世界的に観察された身長の変動を説明できない[105]カヴァッリ=スフォルツァは、世界的な身長の変動は、環境の違いによる進化的圧力に一部起因する可能性があると指摘している。これらの進化的圧力は身長に関連した健康影響をもたらす。ヨーロッパのような寒冷気候では背の高さが適応上の利点であるが、温暖気候地域では短さが体温の放散で役に立つ[105]。その結果、背が高いことと低いことの両方が異なる環境条件で健康利益を提供できるので、健康と身長の間の関係を容易に一般化することはできない。

極端な場合には、極端に背が高いと、心臓に血液を供給するための負荷が増大し、また、脳が四肢と通信するのに要する時間が増大することから生じる問題のために、心臓血管系の問題を含む様々な医学的問題を引き起こし得る。例えば、検証可能な歴史上最も背の高いロバート・ワドローは、生涯を通じて身長が高くなるにつれ、歩くのが困難になった。その後の人生の多くの写真で、ワドローは何かをつかんで支えているようにしていた。彼が22歳で死去した時には、装具を着用していた。

身長と寿命の間の全体的な関係については、情報源の間で意見が一致していない。サマラスとエルリックは、「Western Journal of Medicine」誌で、ヒトを含むいくつかの哺乳類における身長と寿命の間に逆相関があることを示している[106]

身長が150cm(4フィート11インチ)未満の女性では骨盤が小さく、出産時に肩甲難産などの合併症を起こすことがある[107]

2005年にスウェーデンで行われた研究は、スウェーデン人男性の身長と自殺の間には強い逆相関があることを示した[108]

ヒトや動物で得られた多くの研究によれば、体が短く小さいほど加齢が遅くなり、慢性疾患が少なく寿命が長い。例えば、ある研究では、「長寿命化」という主張を支持する領域が八つ見つかった。これらの領域には、長寿、平均寿命、100歳代、男性と女性の寿命の違い、より背の低い人における死亡率の利点、生存の知見、カロリー制限によるより小さな体の大きさ、および種内の体の大きさの違いに関する研究が含まれる。それらはみな、背の低い人は健康な環境と栄養状態で長生きするという結論を支持している。しかし、その寿命の差は小さい。ヒトを対象としたいくつかの研究では、0.5年/cmの身長低下(1.2年/インチ)が認められている。しかし、すべての背の高い人が若くして死ぬわけではない。多くは高齢まで生き、中には100歳以上になる人もいる[109]

身長とスポーツ編集

多くのスポーツでは身長が高いことが有利に働く。特に、バレーボールバスケットボールなど高さを要求するスポーツでその傾向が顕著である。サッカーなど他の競技でもリーチや打点の高さなどの面で、長身[注 7]がキーパー・守備などで有利となるが目立たないポジションでもある。逆に少年サッカーなどでは小柄な選手がフォワードに選ばれ、シュートを決めて注目を浴びることもある。大相撲では新弟子検査の項目に身長があり、基準に満たない者は入門することができない[注 8]

柔道ボクシングなどの格闘技では体重別に階級があるため、無差別級を除き、身長もある程度近い選手同士が対戦する事になる。一方、長身を動かすには時間がかかるために俊敏性や器用さの面で劣ることがあり、小柄な選手の方が有利とされるケースもある。[要出典]階級制の格闘技では減量する選手が多いが、パワーや身長、リーチ(ウイングスパン)の点で有利になる為である。

身長の低い選手の活躍を場を増やすためバレーボールでは全日本バレーボール小学生大会第1回大会(1981年)から後衛専門の選手を配置する特別ルール「バックセンター固定制」が取り入れられ[110]、後に国際ルールとしてリベロが制定された。このほか活躍しやすいポジションとして、バスケットボールポイントガード野球二塁手などが挙げられる。[要出典]サッカーではFWMFに時折見られる[111]

フェンシングでは、身長やリーチの差を瞬発力が補う場合があるという[112]。同じく武具を使用して一撃で勝敗に繋がる競技剣道は不明。

一方で、身長が高いことが不利に働く競技も少なからず存在する。競馬競艇モータースポーツなど動物や乗り物に乗る競技ではこの傾向が顕著である。可能な限り体重を落とす必要があるため、身長が低い競技者が有利となり、長身は圧倒的に不利になる。また、乗り物によっては余りにも長身であると、操縦席に身体が収まらない事態を生じる場合があり、結果としてその乗り物を使用する競技への志望を断念しなければならなくなる場合もある[注 9]

身長と異性への選好編集

女性から男性への選好編集

女性が高身長の男性を好むことは基本的に一貫して報告されている[22][23][24][25][26][21]

1996年に発表された身長と選好についてのメタ分析によれば、異性愛者の女性は背が高いパートナーを好む傾向があることが裏付けられている[22]。2013年に発表された研究によると、平均して男性パートナーの身長に対する女性の満足度は、女性自身よりも21cm高いときに最大であった[23]。逆に男性の満足度は、女性が男性よりも8cm低い時に最大であるので、女性は背が高いことに加えて、男性よりも大きな身長差を好んでいる[23]行動経済学者のダン・アリエリーの研究によれば、アメリカ人女性は高身長男性とデートすることに対して並々ならぬ選好をみせ、低身長の男性が魅力的と判断されるには、高身長男性よりもかなりの額を稼がなければならないという[114]

オンライン・デーティングを研究する社会科学者によれば、男性も身長の低い女性を好むとされ、実際に低身長の女性と高身長の男性はより多くメッセージを受け取る傾向にあった[24]異性愛者の女性の出会い系サイトでの行動に関する定量的研究では、高身長男性に対する著しい選好が示され、女性の大部分は平均よりもかなり身長が低い男性を受け入れないことが示された[25]

進化心理学によると、女性は、暴力的な男たちから身を守るという課題を、自分を保護してくれるだけの体絡・体力・運動能力をそなえた男性を配偶者に選ぶことによって、少なくとも部分的には解決したとされており、身長は配偶者防衛の点で有利になると考えられている[115]。また、男性の身長が資源や社会的地位の有用な手がかりになり[13][14][15][16]、さらに身長は遺伝率が80%前後と推定され[17][18][19][20]直接子孫に高身長に関連する遺伝子を渡すことができるので、女性は背の高い男性を配偶者として好むと考えられている[21]

実際に高身長の男性は低身長の男性よりも、長期的なパートナーを得ることが多く複数の長期的パートナーと交際していた可能性が高いことがわかっている[26]。アメリカで60,000人の身長と性生活の関連について調べた研究によると、背の高い男性ほど性的なパートナーが増える傾向があることがわかった[21]。172cmから177cmの男性は平均の身長よりも低いとされ、そうした人は他の人よりもパートナーが1~3人少ない傾向があった[21]。また、別の研究では、低身長の男性のパートナーは健康状態が悪く、収入と教育程度が低く、BMIが高くなることがわかっている[116]

なお、女性から男性への高身長の選好は、必ずしも文化的に普遍的なものではない。ナミビア北部のヒンバでは52%の女性が背の高いパートナーを選好し、34%の女性が同じ身長のパートナーを選好し、14%が背の低いパートナーを選好した[117]タンザニアのダトガの人々のうち、背の高いパートナーを選んだ女性は半分(52%)だけであった[118]。この様な違いが生じるのは、女性の選好が必ずしも背の高い男性ではなく、比較的背の高い男性を好む傾向があることが考えられる[119][120][121][122]。異なる文化における身長と繁殖成功度との関係は曲線的であることが多く、最も背の低い男性は子供が最も少なく、分布の中央にいる男性は子供が最も多い[123]。極端に背の高い男性は、背の低い女性のグループから除外される可能性が高く、平均よりわずかに背の高い男性と比べてデートの選択肢が少ない可能性がある。

男性から女性への選好編集

男性から女性に対する身長の選好は、それほど明確ではない。

男性は通常は低身長の女性を好むため、背の低い女性はデートの可能性が大きくなる[124]。2013年に発表された研究によると、身長に関して男性は、男性よりも8cm低い女性を好んだ[23]

一方で、背の高い女性は、その身長が資源へのアクセス、健康な発達、優位性、そして高い地位の手がかりとなる側面があるので、背の高い女性は価値があるとされている。実際にメディアに登場するモデル、プレイガールのモデル、美人コンテストの勝者は平均的な女性よりも背が高い傾向がある[125]。背の高い女性は、背の低い女性よりも優位的であると認識され[126]、社会的尊敬と収入が高く[127]、自身の身長により満足している[128]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 身長と並んで、身体の大きさを示すためにしばしば用いられる指標が体重である。
  2. ^ 健康診断などで行う身体測定などでは、一般に、足裏をべたにつけた状態で測定したものを「身長」と呼ぶように規定されている。forefoot(つま先)だけをつけた状態で立つと頭頂の位置が上がる。女性はハイヒールを履いて活動している状態では、実際にはつま先だけを地面につけた状態(つま先立ちの状態)になっているのと同等で、かなり頭頂の位置は高くなっている。犯罪現場付近での容疑者の便宜的な特定、監視カメラ映像の人物同定などでは、(便宜的に)健康診断での身長とは異なって(足裏をべたにつけるとする規定とは異なった)数値が用いられている場合もある。
  3. ^ 体表面積は体の大きさ、例えば身長もしくは全長の2乗に比例して増減するが、体積は3乗に比例するので、体が大きくなると表面積より体積の増加量が増え、体温の保持に都合が良い。
  4. ^ 近現代以前には身長の測定は行なわれていなかったから、これらの数字は発掘された古人骨からの推定値である[55]
  5. ^ 近現代になって照明器具が発達し、夜間も昼間と同じように明るい環境となった事により、昼間の時間が長くなったと同じ作用が人体に働き、それに伴って内分泌が変化して身長の伸びを促進したとする考え。成長ホルモンは睡眠中に活発に分泌されるという説と矛盾するが、身長を決定する因子が非常に複雑に入り組んでいる可能性を考えれば、あり得ない説ではない。
  6. ^ 1966年(昭和42年)に尺貫法は全面的に禁止された。
  7. ^ しかし、国民の平均身長が世界一とされるオランダの代表チームの平均身長は、国民の平均よりも低いくらいでW杯出場国の中では低い部類に入っており、またリオネル・メッシディエゴ・マラドーナなど身長160cm台でありながらスター選手となった選手も少なからず存在しているなど、サッカーでは長身であるほど有利というわけではない事が窺える。
  8. ^ 第一検査は173cm以上、第二検査は167cm以上。
  9. ^ モータースポーツではラリードライバーのケン・ブロックが、高身長(183cm)が原因でF1マシンの運転席に収まらず走行を断念した事例がある[113]

出典編集

  1. ^ Using the BMI-for-Age Growth Charts”. cdc.gov. Center for Disease Control. 2014年1月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月5日閲覧。
  2. ^ Price, Beth (2009). MathsWorld Year 8 VELS Edition. Australia: MacMillan. p. 626. ISBN 9780732992514. https://books.google.com/books?id=t2veDRPjMggC&printsec=frontcover 
  3. ^ Stadiometers and Height Measurement Devices”. stadiometer.com. stadiometer.com. 2019年11月17日閲覧。
  4. ^ Lapham, Robert; Agar, Heather (2009). Drug Calculations for Nurses. USA: Taylor & Francis. p. 223. ISBN 9780340987339. https://books.google.com/books?id=J1_vAgAAQBAJ&printsec=frontcover 
  5. ^ Carter, Pamela J. (2008). Lippincott's Textbook for Nursing Assistants: A Humanistic Approach to Caregiving. USA: Lippincott, Williams & Wilkins. p. 306. ISBN 9780781766852. https://books.google.com/books?id=biM2u4JfxZYC&printsec=frontcover 
  6. ^ https://malta-english.com/average-human-height-worldwide/
  7. ^ https://toukei-labo.info/10_taikei/10_shincho2.html
  8. ^ a b c d 国民健康・栄養調査 平成29年国民健康・栄養調査 92-1 身長の平均値の年次推移(男性、年齢階級別) 年次 | ファイル | 統計データを探す” (日本語). 政府統計の総合窓口. 2019年11月16日閲覧。
  9. ^ a b c d 国民健康・栄養調査 平成29年国民健康・栄養調査 92-2 身長の平均値の年次推移(女性、年齢階級別) 年次 | ファイル | 統計データを探す” (日本語). 政府統計の総合窓口. 2019年11月16日閲覧。
  10. ^ a b Baten, Joerg; Matthias, Blum (2012). “Growing Tall: Anthropometric Welfare of World Regions and its Determinants, 1810-1989”. Economic History of Developing Regions 27. doi:10.1080/20780389.2012.657489. 
  11. ^ a b Shorter men live longer, study shows” (英語). ScienceDaily. 2019年11月17日閲覧。
  12. ^ Tall height”. 2019年11月17日閲覧。
  13. ^ a b Cassidy, Claire M. (1991-09). “The good body: When big is better”. Medical Anthropology 13 (3): 181-213. doi:10.1080/01459740.1991.9966048. ISSN 0145-9740. https://doi.org/10.1080/01459740.1991.9966048. 
  14. ^ a b Judge, Timothy A.; Cable, Daniel M. (2004). “The Effect of Physical Height on Workplace Success and Income: Preliminary Test of a Theoretical Model.”. Journal of Applied Psychology 89 (3): 428-441. doi:10.1037/0021-9010.89.3.428. ISSN 1939-1854. https://doi.org/10.1037/0021-9010.89.3.428. 
  15. ^ a b Murasko, Jason E. (2013-03). “Associations between household income, height, and BMI in contemporary US schoolchildren”. Economics & Human Biology 11 (2): 185-196. doi:10.1016/j.ehb.2011.09.001. ISSN 1570-677X. https://doi.org/10.1016/j.ehb.2011.09.001. 
  16. ^ a b Ranasinghe, Priyanga; Jayawardana, M.A. Naveen A.A.D.; Constantine, Godwin R.; Sheriff, M.H. Rezvi; Matthews, David R.; Katulanda, Prasad (2011-01). “Patterns and correlates of adult height in Sri Lanka”. Economics & Human Biology 9 (1): 23-29. doi:10.1016/j.ehb.2010.09.005. ISSN 1570-677X. https://doi.org/10.1016/j.ehb.2010.09.005. 
  17. ^ a b Macgregor, Stuart; Cornes, Belinda K.; Martin, Nicholas G.; Visscher, Peter M. (2006-08-25). “Bias, precision and heritability of self-reported and clinically measured height in Australian twins”. Human Genetics 120 (4): 571-580. doi:10.1007/s00439-006-0240-z. ISSN 0340-6717. https://doi.org/10.1007/s00439-006-0240-z. 
  18. ^ a b McEvoy, Brian P.; Visscher, Peter M. (2009-12). “Genetics of human height”. Economics & Human Biology 7 (3): 294-306. doi:10.1016/j.ehb.2009.09.005. ISSN 1570-677X. https://doi.org/10.1016/j.ehb.2009.09.005. 
  19. ^ a b Silventoinen, Karri; Kaprio, Jaakko; Lahelma, Eero; Viken, Richard J.; Rose, Richard J. (2001-02-01). “Sex Differences in Genetic and Environmental Factors Contributing to Body-Height”. Twin Research 4 (1): 25-29. doi:10.1375/twin.4.1.25. ISSN 1369-0523. https://doi.org/10.1375/twin.4.1.25. 
  20. ^ a b Silventoinen, Karri; Krueger, Robert F.; Bouchard, Thomas J.; Kaprio, Jaakko; McGue, Matt (2004). “Heritability of body height and educational attainment in an international context: Comparison of adult twins in Minnesota and Finland”. American Journal of Human Biology 16 (5): 544-555. doi:10.1002/ajhb.20060. ISSN 1042-0533. https://doi.org/10.1002/ajhb.20060. 
  21. ^ a b c d e f Frederick, David A.; Jenkins, Brooke N. (2015-09-01). “Height and Body Mass on the Mating Market: Associations With Number of Sex Partners and Extra-Pair Sex Among Heterosexual Men and Women Aged 18-65” (英語). Evolutionary Psychology 13 (3): 1474704915604563. doi:10.1177/1474704915604563. ISSN 1474-7049. https://doi.org/10.1177/1474704915604563. 
  22. ^ a b c Pierce, Charles A. (1996-01-01). “BODY HEIGHT AND ROMANTIC ATTRACTION: A META-ANALYTIC TEST OF THE MALE-TALLER NORM” (英語). Social Behavior and Personality: an international journal 24 (2): 143-149. doi:10.2224/sbp.1996.24.2.143. http://openurl.ingenta.com/content/xref?genre=article&issn=0301-2212&volume=24&issue=2&spage=143. 
  23. ^ a b c d e Stulp, Gert; Buunk, Abraham P.; Pollet, Thomas V. (2013-06-01). “Women want taller men more than men want shorter women”. Personality and Individual Differences 54 (8): 877-883. doi:10.1016/j.paid.2012.12.019. ISSN 0191-8869. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0191886913000020. 
  24. ^ a b c HILARY BRUECK (2018年4月16日). “Women often say they prefer taller men - but the reality is more complicated”. 2018年8月31日閲覧。
  25. ^ a b c Short Persons Support: “Personals Analyzer”.
  26. ^ a b c Nettle, Daniel (2002-12). “Height and reproductive success in a cohort of british men”. Human Nature 13 (4): 473-491. doi:10.1007/s12110-002-1004-7. ISSN 1045-6767. https://doi.org/10.1007/s12110-002-1004-7. 
  27. ^ a b Ganong, William F. (2001) Review of Medical Physiology, Lange Medical, pp. 392-397, 0071605673.
  28. ^ Baten, Jörg (2016). A History of the Global Economy. From 1500 to the Present.. Cambridge University Press. ISBN 9781107507180 
  29. ^ The Problem with Being Tall, Male, and Black”. 2019年11月17日閲覧。
  30. ^ https://www.livescience.com/22179-evolutionary-battle-sexes-height.html
  31. ^ a b 寺田和夫『人種とは何か』 岩波新書 1967年(昭和42年)
  32. ^ 「思春期早発症」とは(武田薬品工業)
  33. ^ 思春期の発現・大山建司
  34. ^ たなか成長クリニック・思春期
  35. ^ Gabrielle Brandenberger,Laurence Weibel (September 2004). “The 24-h growth hormone rhythm in men: sleep and circadian influences questioned”. Journal of Sleep Research (European Sleep Research Society) 13 (3). doi:10.1111/j.1365-2869.2004.00415.x. ISSN 1365-2869. https://doi.org/10.1111/j.1365-2869.2004.00415.x 2013年3月8日閲覧。. 
  36. ^ 額田成. “大切なのは思春期までにいくら伸びるか”. 早熟を防ぎ、成長線閉鎖を遅らせる. ぬかたクリニック. 2009年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月27日閲覧。
  37. ^ 妊娠中に牛乳をたくさん飲むと子どもの背が高くなる―デンマーク研究(2013年(平成26年)9月7日 マイナビウーマン)
  38. ^ Lai, Chao-Qiang (11 December 2006). “How much of human height is genetic and how much is due to nutrition?”. Scientific American. https://www.scientificamerican.com/article/how-much-of-human-height/. 
  39. ^ “Hundreds of variants clustered in genomic loci and biological pathways affect human height”. Nature 467 (7317): 832-838. (2010). doi:10.1038/nature09410. PMC: 2955183. PMID 20881960. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2955183/. 
  40. ^ “Defining the role of common variation in the genomic and biological architecture of adult human height”. Nature Genetics 46 (11): 1173-1186. (2014). doi:10.1038/ng.3097. PMC: 4250049. PMID 25282103. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4250049/. 
  41. ^ “Genome-wide Analysis of Body Proportion Classifies Height-Associated Variants by Mechanism of Action and Implicates Genes Important for Skeletal Development”. American Journal of Human Genetics 96 (5): 695-708. (2015). doi:10.1016/j.ajhg.2015.02.018. PMC: 4570286. PMID 25865494. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4570286/. 
  42. ^ Adams, Hieab H H; Hibar, Derrek P; Chouraki, Vincent; Stein, Jason L; Nyquist, Paul A; Rentería, Miguel E; Trompet, Stella; Arias-Vasquez, Alejandro et al. (2016). “Novel genetic loci underlying human intracranial volume identified through genome-wide association”. Nature Neuroscience 19 (12): 1569-1582. doi:10.1038/nn.4398. PMC: 5227112. PMID 27694991. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5227112/. 
  43. ^ a b Akiyama, Masato; Ishigaki, Kazuyoshi; Sakaue, Saori; Momozawa, Yukihide; Horikoshi, Momoko; Hirata, Makoto; Matsuda, Koichi; Ikegawa, Shiro et al. (2019-09-27). “Characterizing rare and low-frequency height-associated variants in the Japanese population”. Nature Communications 10 (1). doi:10.1038/s41467-019-12276-5. ISSN 2041-1723. https://doi.org/10.1038/s41467-019-12276-5. 
  44. ^ Bogin, Barry (1998). “The tall and the short of it”. Discover 19 (2): 40-44. http://courses.washington.edu/bioa101/articles/article38.pdf 2013年4月26日閲覧。. 
  45. ^ a b Bogin, B.; Rios, L. (2003). “Rapid morphological change in living humans: Implications for modern human origins”. Comparative Biochemistry and Physiology A 136 (1): 71-84. doi:10.1016/S1095-6433(02)00294-5. PMID 14527631. 
  46. ^ Krawitz, Jan (2006年6月28日). “P.O.V. - Big Enough”. PBS. 2011年1月22日閲覧。
  47. ^ Roberts, D. F.; Bainbridge, D. R. (1963). “Nilotic physique”. American Journal of Physical Anthropology 21 (3): 341-370. doi:10.1002/ajpa.1330210309. 
  48. ^ Stock, Jay (Summer 2006). “Skeleton key”. Planet Earth: 26. オリジナルの10 August 2007時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070810003347/http://www.nerc.ac.uk/publications/planetearth/2006/summer/sum06-skeleton.pdf. 
  49. ^ Chali D (1995). “Anthropometric measurements of the Nilotic tribes in a refugee camp”. Ethiopian Medical Journal 33 (4): 211-7. PMID 8674486. 
  50. ^ Guinness World Records 2014. The Jim Pattison Group. (2013). pp. 49 
  51. ^ Peissel, Michel (1967). Mustang: A Lost Tibetan Kingdom. Book Faith India. ISBN 978-81-7303-002-4. https://books.google.com/books?id=JLE2AAAACAAJ 
  52. ^ Subba, Tanka Bahadur (1999). Politics of Culture: A Study of Three Kirata Communities in the Eastern Himalayas. Orient Blackswan. ISBN 978-81-250-1693-9. https://books.google.com/books?id=8wPq9ay0CF8C 
  53. ^ a b c d e スティーブ・パーカー『BODY 世にも美しい人体図鑑』ディスカヴァー・トゥエンティワン、2018年、14頁。
  54. ^ 鈴木尚 『日本人の骨』 岩波新書 1963年(昭和38年)初版
  55. ^ 鈴木尚 『骨』 学生社 1960年(昭和35年)
  56. ^ “ヨーロッパ男性は100年で進化?”. ニューズウィーク. (2013年9月3日). http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2013/09/post-3032.php 2014年2月1日閲覧。 
  57. ^ “欧州男性の平均身長、100年で11センチ伸びる=調査”. Reuters. (2013年9月2日). http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPTYE98103N20130902 2014年2月1日閲覧。 
  58. ^ 米国人の身長は縮んでいる、北朝鮮とは正反対の「意外な理由」 AFPBB News
  59. ^ The Dutch get ahead for heights - World - Times Online
  60. ^ 石垣尚男, 高梨泰彦、「中学生長身バレーボール選手の視力と視力矯正率」 『愛知工業大学研究報告』 2013年 第48号, 愛知工業大学
  61. ^ 若年成人女子の人体計測データから見た体格・体型特性”. web.archive.org (2019年11月15日). 2019年11月15日閲覧。
  62. ^ Wade, Tracey D.; Zhu, Gu; Martin, Nicholas G. (2010-10). “Body mass index and breast size in women: same or different genes?”. Twin Research and Human Genetics: The Official Journal of the International Society for Twin Studies 13 (5): 450-454. doi:10.1375/twin.13.5.450. ISSN 1832-4274. PMID 20874466. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20874466. 
  63. ^ どうすればもっと身長を伸ばすことができるのか? 特命リサーチ200X-II Research Report No.087 2003/01/19
  64. ^ Limpert, E; Stahel, W; Abbt, M (2001). “Lognormal distributions across the sciences: keys and clues”. BioScience 51 (5): 341-352. doi:10.1641/0006-3568(2001)051[0341:LNDATS]2.0.CO;2. 
  65. ^ a b Adam Hadhazy (2015年5月14日). “Will humans keep getting taller?”. BBC. http://www.bbc.com/future/story/20150513-will-humans-keep-getting-taller 2017年3月28日閲覧。 
  66. ^ a b Michael J. Dougherty. “Why are we getting taller as a species?”. Scientific American. https://www.scientificamerican.com/article/why-are-we-getting-taller/ 2017年3月28日閲覧。 
  67. ^ Laura Blue (2008年7月8日). “Why Are People Taller Today Than Yesterday?”. Time. http://content.time.com/time/health/article/0,8599,1820836,00.html#ixzz2tJdu48CZ 2017年3月28日閲覧。 
  68. ^ Baten, Joerg; Blum, Matthias (2012). “Growing tall but unequal: new findings and new background evidence on anthropometric welfare in 156 countries, 1810-1989.”. Economic History of Developing Regions 27: S66-S85. doi:10.1080/20780389.2012.657489. 
  69. ^ Baten, Joerg (2006). “Global Height Trends in Industrial and Developing Countries, 1810-1984: An Overview”. Recuperado el 20. 
  70. ^ Baten, Joerg; Blum, Matthias (2014). “Why are you tall while others are short? Agricultural production and other proximate determinants of global heights.”. European Review of Economic History 18 (2): 144-165. doi:10.1093/ereh/heu003. https://pure.qub.ac.uk/portal/en/publications/why-are-you-tall-while-others-are-short-agricultural-production-and-other-proximate-determinants-of-global-heights(01600055-feb3-4596-9c69-4e66853c2033).html. 
  71. ^ Komlos, J.; Baur, M. (2004). “From the tallest to (one of) the fattest: The enigmatic fate of the American population in the 20th century”. Economics & Human Biology 2 (1): 57-74. doi:10.1016/j.ehb.2003.12.006. PMID 15463993. 
  72. ^ Prince, Joseph M.; Steckel, Richard H. (December 1998). “The Tallest in the World: Native Americans of the Great Plains in the Nineteenth Century”. NBER Historical Working Paper No. 112. doi:10.3386/h0112. 
  73. ^ Baten, Jörg (Jun 2000). “Heights and Real Wages in the 18th and 19th Centuries: An International Overview”. Economic History Yearbook 41 (1). doi:10.1524/jbwg.2000.41.1.61. 
  74. ^ Schönbeck, Yvonne; Talma, Henk; Van Dommelen, Paula; Bakker, Boudewijn; Buitendijk, Simone E.; Hirasing, Remy A.; Van Buuren, Stef (2012). “The world's tallest nation has stopped growing taller: The height of Dutch children from 1955 to 2009”. Pediatric Research 73 (3): 371-7. doi:10.1038/pr.2012.189. PMID 23222908. 
  75. ^ Komlos, John; Francesco Cinnirella (2007). “European heights in the early 18th century”. Vierteljahrschrift für Sozial-und Wirtschaftsgeschichte 94 (3): 271-284. http://www.ingentaconnect.com/content/fsv/vswg/2007/00000094/00000003/art00001 2013年4月26日閲覧。. 
  76. ^ Engerman, Stanley L.; Gallman, Robert E. (2000). The Cambridge Economic History of the United States. Cambridge University Press. ISBN 978-0-521-55308-7. https://books.google.com/books?id=EasEioJQHk4C 
  77. ^ Komlos, John (1998). “Shrinking in a growing economy? The mystery of physical stature during the industrial revolution”. Journal of Economic History 58 (3): 779-802. doi:10.1017/S0022050700021161. 
  78. ^ Komlos, J. (2007). On English Pygmies and giants: The physical stature of English youth in the late 18th and early 19th centuries. Research in Economic History. 25. pp. 149-168. doi:10.1016/S0363-3268(07)25003-7. ISBN 978-0-7623-1370-9 
  79. ^ Fredriks, Anke Maria (2004). Growth diagrams: fourth Dutch nation-wide survey. Houten: Bohn Stafleu van Loghum. ISBN 9789031343478. https://books.google.com/books?id=8FTtyZmWKZUC&pg=PA19 
  80. ^ Drukker, J. W.; Vincent Tassenaar (2000). “Shrinking Dutchmen in a growing economy: the early industrial growth paradox in the Netherlands”. Jahrbuch für Wirtschaftsgeschichte 2000: 77-94. ISSN 0075-2800. http://www.digitalis.uni-koeln.de/JWG/jwg_149_77-85.pdf 2013年4月26日閲覧。. 
  81. ^ Demick, Barbara (2004年2月14日). “Effects of famine: Short stature evident in North Korean generation”. Seattle Times (Seattle, Wash.). http://community.seattletimes.nwsource.com/archive/?date=20040214&slug=korea14 2013年4月26日閲覧。 
  82. ^ Demick, Barbara (2011年10月8日). “The unpalatable appetites of Kim Jong-il”. https://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/northkorea/8809102/The-unpalatable-appetites-of-Kim-Jong-il.html 2011年10月8日閲覧。 
  83. ^ Baten, Jörg; Stegl, Mojgan; van der Eng, Pierre: “Long-Term Economic Growth and the Standard of Living in Indonesia
  84. ^ a b c キーワードで分かる臨床栄養(身長)”. ニュートリー. 2014年5月28日閲覧。
  85. ^ a b Ogata, Tsutomu, Toshiaki Tanaka, and Masayo Kagami. "Target height and target range for Japanese children: revisited." Clinical Pediatric Endocrinology., 2007年 16巻 4号 p.85-87, doi:10.1297/cpe.16.85
  86. ^ https://malta-english.com/average-human-height-worldwide/
  87. ^ https://toukei-labo.info/10_taikei/10_shincho2.html
  88. ^ a b c d 学校保健統計調査 2 身長の年齢別分布 | ファイル | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口”. web.archive.org (2019年11月16日). 2019年11月16日閲覧。
  89. ^ a b c 学校保健統計調査ー平成30年度(確定値)の結果の概要 2.調査結果の概要 (PDF:466KB)「学校保健統計調査による身体発育値及び発育曲線(分布図による)」”. web.archive.org (2019年11月16日). 2019年11月16日閲覧。
  90. ^ 身長が約150cm未満の人や、約185cm以上の人は使えないのですか? - フジ医療器
  91. ^ 身長が140センチメートル未満や185センチメートル以上です。使えますか? - パナソニック
  92. ^ “兵庫県警 身長など女性の採用基準を緩和”. 神戸新聞. (2014年2月10日). http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201402/0006699313.shtml 2014年3月1日閲覧。 
  93. ^ 警察官採用試験:広がる「身長・体重不問」 27道府県に - 毎日新聞
  94. ^ U.S. Air Force ROTC despite statistical and physical evidence to support the proposition that short people consistently have reduced reaction times.: Admissions requirements”. afrotc.com. 2006年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月22日閲覧。
  95. ^ 日本相撲協会公式サイト” (日本語). 日本相撲協会公式サイト. 2020年1月12日閲覧。
  96. ^ 週刊エキサイト Excite エキサイトニュース(03月07日 共同通信)
  97. ^ U.S. Air Force ROTC despite statistical and physical evidence to support the proposition that short people consistently have reduced reaction times.: Admissions requirements”. afrotc.com. 2006年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月22日閲覧。
  98. ^ 歴史に残る空中戦:零戦とF4F ディスカバリーチャンネル
  99. ^ “客室乗務員の身長制限を維持 大韓航空”. 韓国放送公社. (2014年11月10日). http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Dm_detail.htm?lang=j&id=Dm&No=52536 2014年12月6日閲覧。 
  100. ^ “대한항공, 객실 여승무원 키 작아도 뽑는다…남은 제한 조건은?”. 東亜日報. (2015年1月30日). http://news.donga.com/3/01/20150130/69375181/1 2015年2月4日閲覧。 
  101. ^ “未来の“宇宙兄弟”はキミだ!? 宇宙飛行士になるためのギモン”. リクナビ進学ジャーナル. (2013年3月5日). http://journal.shingakunet.com/career/2822/ 2014年1月6日閲覧。 
  102. ^ Tall height”. 2019年11月17日閲覧。
  103. ^ “Height, body size, and longevity: is smaller better for the humanbody?”. The Western Journal of Medicine 176 (3): 206-8. (2002). doi:10.1136/ewjm.176.3.206. PMC: 1071721. PMID 12016250. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1071721/. 
  104. ^ “Cancer risk may grow with height”. CBC News. (2011年7月21日). http://www.cbc.ca/news/health/story/2011/07/21/height-cancer-risk.html 
  105. ^ a b Cavalli-Sforza, L.L., & Cavalli-Sforza, F., 1995, The Great Human Diasporas,
  106. ^ “Height, body size, and longevity: is smaller better for the humanbody?”. The Western Journal of Medicine 176 (3): 206-8. (2002). doi:10.1136/ewjm.176.3.206. PMC: 1071721. PMID 12016250. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1071721/. 
  107. ^ Risk Factors Present Before Pregnancy: Pregnancy at High-Risk: Merck Manual Home Edition”. web.archive.org (2010年11月4日). 2019年11月17日閲覧。
  108. ^ “Strong inverse association between height and suicide in a large cohort of Swedish men: evidence of early life origins of suicidal behavior?”. The American Journal of Psychiatry 162 (7): 1373-5. (2005). doi:10.1176/appi.ajp.162.7.1373. PMID 15994722. 
  109. ^ Samaras TT 2014, Evidence from eight different types of studies showing smaller body size is related to greater longevity JSRR 3(16):2150-2160. 2014: article no. JSRR.2014.16.003
  110. ^ 小学生バレーボール・ルールの変遷 - 日本小学生バレーボール連盟《2017年10月1日閲覧;現在はインターネットアーカイブ内に残存》
  111. ^ メッシはマラドーナの「神域」にどこまで迫ったか:日本経済新聞
  112. ^ 金メダル候補にインタビュー: エロワン・ル=ペシュー - フランス生活情報 フランスニュースダイジェスト
  113. ^ ピレリ、ケン・ブロックのF1テストを中止 - F1-Gate.com 2011年(平成24年)8月5日
  114. ^ "アリエリーによれば、5'4"フィート(約163cm)の男性が6"フィート(約183cm)の男性と同等の魅力があると判断されるためには、$229,000多く稼ぐ必要があるという。5'6"フィート(168cm)の男性の場合は、6"フィートの男性よりも$183,000多く稼ぐ必要がある。5'10"フィート(178cm)の男性は$32,000多く稼ぐ必要がある。" Lori Gottlieb (2010). Marry Him: The Case for Settling for Mr. Good Enough. Penguin, 9781101185209 p. 239
  115. ^ Buss, David M.,. The evolution of desire : strategies of human mating (Revised and Updated edition ed.). New York. p. 54. ISBN 978-0-465-09776-0. OCLC 959200491. https://www.worldcat.org/oclc/959200491 
  116. ^ Stulp, Gert; Mills, Melinda; Pollet, Thomas V.; Barrett, Louise (2014-05-12). “Non-linear associations between stature and mate choice characteristics for American men and their spouses”. American Journal of Human Biology 26 (4): 530-537. doi:10.1002/ajhb.22559. ISSN 1042-0533. https://doi.org/10.1002/ajhb.22559. 
  117. ^ Sorokowski, Piotr; Sorokowska, Agnieszka; Fink, Bernhard; Mberira, Mara (2011-05-05). “Variable Preferences for Sexual Dimorphism in Stature (SDS) Might Not Be Universal”. Journal of Cross-Cultural Psychology 43 (1): 32-37. doi:10.1177/0022022110395140. ISSN 0022-0221. https://doi.org/10.1177/0022022110395140. 
  118. ^ Sorokowski, P.; Butovskaya, M.L. (2012-09). “Height preferences in humans may not be universal: Evidence from the Datoga people of Tanzania”. Body Image 9 (4): 510-516. doi:10.1016/j.bodyim.2012.07.002. ISSN 1740-1445. https://doi.org/10.1016/j.bodyim.2012.07.002. 
  119. ^ Courtiol, Alexandre; Raymond, Michel; Godelle, Bernard; Ferdy, Jean-Baptiste (2010-04). “MATE CHOICE AND HUMAN STATURE: HOMOGAMY AS A UNIFIED FRAMEWORK FOR UNDERSTANDING MATING PREFERENCES”. Evolution. doi:10.1111/j.1558-5646.2010.00985.x. ISSN 0014-3820. https://doi.org/10.1111/j.1558-5646.2010.00985.x. 
  120. ^ Pawlowski, Boguslaw (2003-04-07). “Variable preferences for sexual dimorphism in height as a strategy for increasing the pool of potential partners in humans”. Proceedings of the Royal Society of London. Series B: Biological Sciences 270 (1516): 709-712. doi:10.1098/rspb.2002.2294. ISSN 0962-8452. https://doi.org/10.1098/rspb.2002.2294. 
  121. ^ Salska, Irmina; Frederick, David A.; Pawlowski, Boguslaw; Reilly, Andrew H.; Laird, Kelsey T.; Rudd, Nancy A. (2008-01). “Conditional mate preferences: Factors influencing preferences for height”. Personality and Individual Differences 44 (1): 203-215. doi:10.1016/j.paid.2007.08.008. ISSN 0191-8869. https://doi.org/10.1016/j.paid.2007.08.008. 
  122. ^ Stulp, Gert; Buunk, Abraham P.; Pollet, Thomas V. (2013-06). “Women want taller men more than men want shorter women”. Personality and Individual Differences 54 (8): 877-883. doi:10.1016/j.paid.2012.12.019. ISSN 0191-8869. https://doi.org/10.1016/j.paid.2012.12.019. 
  123. ^ Stulp, Gert; Pollet, Thomas V.; Verhulst, Simon; Buunk, Abraham P. (2011-11-15). “A curvilinear effect of height on reproductive success in human males”. Behavioral Ecology and Sociobiology 66 (3): 375-384. doi:10.1007/s00265-011-1283-2. ISSN 0340-5443. https://doi.org/10.1007/s00265-011-1283-2. 
  124. ^ Salska, Irmina; Frederick, David A.; Pawlowski, Boguslaw; Reilly, Andrew H.; Laird, Kelsey T.; Rudd, Nancy A. (2008-01). “Conditional mate preferences: Factors influencing preferences for height”. Personality and Individual Differences 44 (1): 203-215. doi:10.1016/j.paid.2007.08.008. ISSN 0191-8869. https://doi.org/10.1016/j.paid.2007.08.008. 
  125. ^ Bystydzienski, Jill M. (1985-12). “MINORITY WOMEN OF NORTH AMERICA: A COMPARISON OF FRENCH-CANADIAN AND AFRO-AMERICAN WOMEN”. American Review of Canadian Studies 15 (4): 465-480. doi:10.1080/02722018509480833. ISSN 0272-2011. https://doi.org/10.1080/02722018509480833. 
  126. ^ Long, Valerie A. (1997-02). “Women and Power in Native North America”. American Ethnologist 24 (1): 233-234. doi:10.1525/ae.1997.24.1.233. ISSN 0094-0496. https://doi.org/10.1525/ae.1997.24.1.233. 
  127. ^ Judge, Timothy A.; Cable, Daniel M. (2004). “The Effect of Physical Height on Workplace Success and Income: Preliminary Test of a Theoretical Model.”. Journal of Applied Psychology 89 (3): 428-441. doi:10.1037/0021-9010.89.3.428. ISSN 1939-1854. https://doi.org/10.1037/0021-9010.89.3.428. 
  128. ^ Lever, Janet; Frederick, David A.; Laird, Kelsey; Sadeghi-Azar, Leila (2007-02). “Tall Women’s Satisfaction with their Height: General Population Data Challenge Assumptions behind Medical Interventions to Stunt Girls’ Growth”. Journal of Adolescent Health 40 (2): 192-194. doi:10.1016/j.jadohealth.2006.09.004. ISSN 1054-139X. https://doi.org/10.1016/j.jadohealth.2006.09.004. 

関連項目編集