メインメニューを開く

スリーマイル島原子力発電所

スリーマイル島から転送)
スリーマイル島原子力発電所

座標: 北緯40度09分14秒 西経76度43分30秒 / 北緯40.153971度 西経76.724990度 / 40.153971; -76.724990 スリーマイル島原子力発電所(スリーマイルとうげんしりょくはつでんしょ、英:Three Mile Island Nuclear Generating Station、略称はTMI、スリーマイル原発)は、アメリカ原子力発電所である。ペンシルベニア州ハリスバーグ近くにあるサスケハナ川中州であるスリーマイル島に建設された。

1979年に、2号機原子炉炉心溶融事故を起こし、世界的に名前が知られるようになった。残った1号機も2019年9月に運転を停止し、廃炉作業を行っている(後述)。

概要編集

スリーマイル島原子力発電所は、ゼネラルパブリックユーティリティ社(後にGPUと改名)によって建設された。建設開始は1968年であり、発電開始は1974年9月2日である。実際の運転はGPU社の子会社であるメトロポリタンエジソン社によって行われた。

2号機で事故が発生した1979年3月28日の段階では、運営会社がメトロポリタンエジソン社からGPUの新しい子会社、GPUニュークリア社(GPUN)に変更されていた。

GPUN社は1998年まで1号機を運転したが、その後、フィラデルフィア電力エネルギー社(Philadelphia Electric Company Energy:PECO Energy)とブリティッシュエネルギーグループのジョイントベンチャーであるアメジェンエネルギー社(AmerGen Energy Company)に売却した。

その後、PECOはユニコム社(Unicom Corporation)と合併、2000年エクセロン社(Exelon Corporation)がPECOの出資分を取得した。エクセロン社は2003年にブリティッシュエネルギーグループの出資分も取得し、2017年の段階では、エクセロン社の原子力部門が所有している。

2017年5月30日(現地時間)、エクセロン社が、2019年9月に閉鎖を予定していると発表[1]。主な閉鎖の原因はシェールガスによるエネルギー価格の低下と福島第一原子力発電所事故後の運営コスト上昇による採算性の悪化としている。のちに予定は2019年9月30日に変更となり[2]、同年9月20日、1号機を停止した。今後、核燃料を取り出し約60年かけて廃炉を行う計画である[3]

設備編集

1号機編集

  • 炉形式 加圧水型(PWR)
  • 電気出力 837MW
  • 運転開始 1974年6月19日
  • 運転終了 2019年9月20日

2号機編集

  • 炉形式 加圧水型(PWR)
  • 電気出力 959 MW
  • 運転開始 1978年12月30日
  • 事故発生 1979年3月28日

関連項目編集

出典編集

外部リンク編集