スロベニアの国章

スロベニア国章(スロベニアのこくしょう)はの縁取りをもつ青いの中に、白いが描かれている。[1] この山はスロベニアの象徴であるトリグラウ山で、その下には海と川を示す2本の波線がデザインされている。[1] 山の上に輝く3つの金色六芒星は、かつてこの地を統治していたツェリェ伯爵家の紋章から採られている[2]。1991年に公募で採用されたこの国章は、スロベニアの現代アーティスト、マルコ・ポガチュニク(Marko Pogačnik)によって制作された[3][4]

スロベニアの国章
Coat of Arms of Slovenia.svg
詳細
使用者 スロベニア
採用 1991年

以前の国章編集

海、川とトリグラウはユーゴスラビアの構成国であったスロベニア社会主義共和国時代の国章にもモチーフとして使用されていた。[5]

以前の国章には小麦とリンデン(セイヨウボダイジュ)の葉が丸くあしらわれ、社会主義を示す赤い星が上部に現れている。[5]

脚注編集

参考文献編集

  • 柴宜弘、アンドレイ・ベケシュ、山崎信一編著 『スロヴェニアを知るための60章』明石書店、2017年9月10日。ISBN 978-4-7503-4560-4 

関連項目編集