スヴャトスラフ・ムスチスラヴィチ (スモレンスク公)

スヴャトスラフ・ムスチスラヴィチロシア語: Святослав Мстиславич、? - 1239年?)はムスチスラフ3世の子である。ノヴゴロド公1218年 - 1219年ポロツク公1222年 - 1232年スモレンスク公:1232年 - 1238年頃[1]聖名はセミョーン。

概要編集

おそらく、スモレンスク公国ポロツク公国を獲得した1222年の後に、スヴャトスラフはポロツク公となった。1230年、前任のスモレンスク公ムスチスラフの死後、スモレンスク公の座はスヴャトスラフに渡るはずだったが、何らかの理由で、スモレンスクの人々は、スヴャトスラフの公への着任を望まなかったようである。1232年、スヴャトスラフはポロツクの人々の援助を得て、スモレンスクの敵対勢力を打ち払い、公位についた。

1238年3月、モンゴルのルーシ侵攻の過程で、モンゴル帝国軍の大部分がスモレンスクの東30kmの地点を通過している。とある文学作品[注 1]では、モンゴル軍の破壊行為について伝えているが、スヴャトスラフ(あるいはその後継者の公)の対応は明らかではない。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ Житие Меркурия Смоленского』(意訳:メルクリー・スモレンスキー聖人伝)。メルクリー・スモレンスキー(ru)は、1239年バトゥがスモレンスクに侵攻した際に殉教した聖職者。後にスモレンスクの守護聖人とされる。

出典編集

参考文献編集

  • 1.Рыжов К. Все монархи мира. Россия. М.,1998